【この席見やすい】TOHOシネマズ日比谷「ラグジュアリーシート」を体験してきた

この座席はこんな人に合わない
  • 料金高い
  • スクリーン近くで見たい
こんな人にはピッタリ
  • 何列目が見やすい?
  • 料金いくら?
  • スクリーンの見え方は?

料金を今すぐ知りたい人」はこちら

超没入できるプレミア・ラグジュアリーシート

とはいえ、まだTOHOシネマズ日比谷のラグジュアリーシートに座ったことない人も多いのではないでしょうか。

だから今回はさきに、12枚の写真でわかりやすく感想書きました。

12枚の写真で見え方まで残しました

TOHOシネマズ日比谷に到着しました!

「スクリーン1」は、東京ミッドタウン日比谷4Fになります。

2018年にオープンしたので、館内はきれいですね。

お手洗いもあり、ロビーは他の映画館と比べて広めです。

窓からは、皇居周辺の景色が見えます。

この景色はTOHOシネマズ日比谷でしか見れないので、機会があればぜひ。

スクリーン1に到着しました!

「PREMIUM THEATER」なので、他のスクリーンより巨大スクリーンで映画を鑑賞できますよ。

PREMIUM THEATERとは

コンサートホールのようなプレミアムサウンドで映画を楽しめます。(商業映画館では日本初)

好みもあるかと思いますが、アクション、ミュージカル作品はより迫力を感じるでしょう。

それでは入ってみます。

ラグジュアリーシートはH列になります!

専用スペースで鑑賞できるため、足元はかなり広めです。

目の前に座席もありません。

よく見るとパーテーション付き!

「個室感覚」で鑑賞できるのではないでしょうか。

正面から見てみましょう。

うしろにも座席はありません。

しかも、リクライニングができます。

実際に座ってみると・・↓

おぉ~!となりが見えません(笑)

足元はどうでしょう?

やっぱり広い!

177センチの僕も十分の広さでした(´▽`)

専用テーブルも完備。

余裕でポップコーンLサイズを置ける大きさです。

テーブルとは別に、ドリンク入れもあります。

贅沢に別々に置くのもありですね。

とはいえ、荷物がひざの上では物足りませんよね・・。

ん!これなんだ?!

座席の下に荷物置きスペースがありました!

大きなバッグは微妙ですが、寝かせれば置けるでしょう。

めっちゃ便利~(笑)

最後にスクリーンの「見え方」をチェックしました↓

見え方は、目線の高さピッタリと言えるでしょう。

しかし、スクリーン近くで見たい人にとっては物足りないかもしれません。

なので、丁度いい高さで見たい人なら、「H列」付近が見やすいのではないでしょうか。

【意外とあり】ラグジュアリーシートの特別料金

とはいっても、プレミア・ラグジュアリーシートは料金が安くありません。

なぜなら、スクリーン1限定の特別席だからです

しかし、日比谷のラグジュアリーシートは、「特別割引」できるんですよね。

こちらが当日のチケットです↓

特別割引は一般席でも使えます!

方法は簡単です。

TOHOシネマズが唯一認めた無料公式アプリから割引コードを取得するだけ。

その方法ををわりやすく、こちらに載せました↓

ご自由にみてください。

「特別割引」の方法はこちら

見やすい席に確実に座る唯一の方法

しかし、見やす席はいつでも座れるわけではありません。

なぜなら、早いもの順だからです。

座席表でいうと、黄色い部分がラグジュアリーシートになります↓

しかし、確実に座れる方法が1つだけあります。

それは、TOHOシネマズの座席指定が「いつから」できるのか知っておくだけ。

座席指定はいつから?
  • 会員:3日前21時~
  • 非会員:2日前0時~

つまり、希望鑑賞日2~3日前から座席予約しておけば、スムーズに見やすい席に座ることができますよ。

とはいえ、ほかの特別席と比較したい人もいるのではないでしょうか。

なのでこちらに、「VIP席」を3つだけ載せてました↓

「超高級VIP席3選」はこちら

【これ注意】TOHOシネマズ日比谷の行き方

しかし、まだ日比谷のTOHOシネマズに行ったことない人もいるかと思います。 

だから今回はこちらに、わかりやすい地図を用意しました↓

アクセス

・住所:東京都千代田区有楽町1丁目1-2 東京ミッドタウン日比谷4F

・電話番号:050-6868-5068

・アクセス:東京メトロ日比谷線(日比谷駅)直結

JR山手線(有楽町駅)徒歩5分、銀座線(銀座駅直結)徒歩5分


東京ミッドタウン日比谷を目印に向かえば、スムーズに到着するでしょう。

しかし、1つ問題点があります。

それは、スクリーン1が4階にあるということ。

どういう事かというと、「スクリーン1~11」は4階、「スクリーン12・13」は、地下にあります。

つまり、鑑賞するスクリーンによって、場所が微妙に違うんですよね。

こちらが、さらに詳しい地図になります↓

なので、スクリーン1で鑑賞する人は、東京ミッドタウン4階と覚えておきましょう。

まとめ:見やすい環境が整った特別席

と、言ってもいいのではないでしょうか。

なぜなら、「目線の高さピッタリ」「前後左右が気にならない」環境が整っているからです。

料金は高いですが、人生一度は体験したくなる特別席ではないでしょうか。

気になった人はぜひ、この機会にチェックしてみてくださいね。

「TOHOシネマズ日比谷」公式サイトはこちら

それでは他の記事でまた会いましょう。

では。

この座席と比較されています

とはいえ、ほかの特別席と比較したい人もいるのではないでしょうか。

なのでこちらに、「VIP席」を3つ載せておきました。

「超高級VIP席3選」はこちら

【快適さレべチ】東京の映画館「高級VIP席」3つ厳選してみた

2022年12月29日

この記事を書いた人

初めまして、サカイです。

このブログは、東京の映画館「特別シート」にじっさいに座ってみた、わかりやすい写真と感想を載せています。

だから、特別シートに座ろうか悩んだ人にとって、役立ってくれたら嬉しいです。

今現在、本当にありがたいことに月間35,000PVまで成長しました。

そもそもなぜ、僕が映画館ブログを始めたのか?

その理由を、わかりやすくコチラにまとめてあります↓

「始めた理由」はこちら