【超ゆったり席】人混みを避けられるTOHOシネマズ新宿のラグジュアリーシート

映画館がほぼ満席で、ストレスを感じたことありませんか?

 

じっさいに僕も、公開を楽しみにしていた映画で「前の人の頭がスクリーンにかぶる」「おしゃべりしている人がいる」など、ストレスを感じた経験があります。

たとえば、映画「カメラを止めるな」「鬼滅の刃 無限列車編」など、すぐ満席になりましたよね。

この記事はこんな人にピッタリ
  • もっと快適に映画鑑賞したい
  • 前の人の頭がスクリーンにかぶらない席はないか
  • なるべく人がいない位置でみたい

とくに人気作品の公開初日は、お客さんでいっぱいなことが多くあります。

しかし、スクリーン9には、こういった悩みを解決してくれる「プレミア ラグジュアリーシート」があるんですよね。

なので、実際に体験してきた僕がラグジュアリーシートについて、詳しく解説します。

料金は上がりますが、「特別割引」があるので、割高にならずに済みました!

表でわかるTOHOシネマズ新宿スクリーン9の「ラグジュアリーシート」詳細

TOHOシネマズ新宿
総合レビュー
座席の種類 プレミア
ラグジュアリーシート
座席数
(スクリーン9)
501席
住所 東京都新宿区歌舞伎町1丁目19-1
新宿東宝ビル3階
電話番号 050-6868-5063
アクセス JR新宿駅、東口徒歩5分、
西武新宿駅 徒歩3分
駐車場 ・新宿東宝ビル内 地下駐車場
(8~23時 年中無休 約159台)

・新宿サブナード駐車場
(24時間営業 年中無休 約400台)

※当日の映画チケット提示で30分割引
《2時間以上が対象》

一般席との違い ・電動リクライニング
・サイドテーブル
・荷物置きスペース
一般席より快適な5つのワケ
  1. 特別な空間で鑑賞できる
  2. 長時間でも「腰」「おしり」が痛くならない
  3. マナー違反客から離れられる
  4. 各1席ずつ専用テーブルがある
  5. うしろに遠慮せず座席をたおせる

これらを詳しく解説していきます。

ところが、ラグジュアリーシートには、一般席より快適な理由がコレら以外にもあったんです。

座席が9割埋まっても
超ゆったりできるラグジュアリーシートを体験してみた

TOHOシネマズ新宿に到着!

駅から徒歩5分ぐらいの場所でした。

相変わらず人が多いです(笑)

新宿のTOHOシネマズは、上映方式が充実していますね。

ちなみに、ラグジュアリーシートが設置されているスクリーン9には、「TCX」「DOLBY ATMOS」に対応しています。

TCXとは

左右の壁から壁イッパイに拡大された巨大スクリーンのこと。巨大クジラ1頭がスクリーンに入るほどの大きさ。

DOLBY ATMOSとは

従来のサラウンドと違い、より自然でリアルなインパクトを伝える音響。

チケットを発券し、ラグジュアリーシートのあるスクリーン9に到着!

スクリーン9はTOHOシネマズ新宿のなかで、ほかのシアターより臨場感が味わえるので超楽しみでした(≧▽≦)

ちなみに、TOHOシネマズ新宿のなかで、座席数が1番多いシアター(501席)になります。

スクリーン9に入ってみると、ラグジュアリーシートが最後列に見えます!

うしろの方とはいえ、高級感があるためか、だいぶ目立ちますね(笑)

これなら、舞台挨拶でも登壇キャストの視界に入りそうですね。

さっそく階段をのぼってみると…。

おぉ!足元が広い(゚д゚)!

シートの空間がかなり贅沢です。

足元が一般席の2倍近く広く感じたので、これなら十分に足を伸ばせそうですね。

さらにうしろに進むと、2人組にピッタリのラグジュアリーシートがありました。

「カップル」「友達」など、一番うしろのU列が快適そうですね。

よく見ると、サイドテーブルの下には、荷物置きスペースも完備されていました!

革張りのラグジュアリーシートは、座面クッションがボリュームたっぷりなので、長時間でもおしりが痛くなる心配はなさそうです。

高級感ありますね!

各1席ずつ用紙されたサイドテーブルは、Lサイズのポップコーンを置いても、十分な大きさと言えるのではないでしょうか。

ひじ掛けも、となりの席の人に気をつかう心配がなくてホッとしました!

座ってみてわかったのですが、どうやらワンタッチでリクライニングとフットレストの調節ができるようです。

さっそく試してみました。

ポチっと押してみると・・。

おぉ~、びっくり!

ワンタッチで寝っ転がるような体勢になりました(´▽`*)

これなら長時間の映画でも、自宅のようにリラックスして鑑賞できますね。

社長室のいす並みに高級感ありました!

【座席表でも解説】スクリーンはこんな見え方でした

座席表で確認してみると↓

ラグジュアリーシートは、スクリーン9の最後列にあります。

「最後列じゃ見にくいんじゃない?」と思うかもしれませんが、顔を見上げる必要がないので、首が痛くならないんですよね。

たとえば、映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のような上映3時間の映画だと、途中で首や肩が痛くなるかと思います。

しかし、最後列とはいえ、スクリーン9はTCXという巨大スクリーンなので、目線の高さピッタリになるため、納得の位置かなと思いました。

最前列、中央でみたい方にはオススメしませんが、スクリーン9のベストポジションで豪華に鑑賞したい人なら選んで正解です。

しかも限定席だから、普通席の人が座れない専用スペースなので、落ちついた雰囲気で鑑賞できます。

とくにその中でも見やすい席は、「S列12・13番」でしょう。

なぜなら、さらに後ろのU列だと中央席がないからです。

上記の画像は、「U列8番」からの見え方です。

実際に座ってみて思ったのですが、意外と見にくい印象はありませんでした!

とはいえ、前の座席が好みの方は合わないかなと思います。

しかし、ラグジュアリーシートの位置は、スクリーンと目線の高さがピッタリなので、長時間、顔を見上げて鑑賞するのがイヤな人なら納得の席といえるでしょう。

気になる料金について解説しますが、そのまえにラグジュアリーシートの座席指定についてお話します。

座席指定するなら2日前!限定○○席のラグジュアリーシート

TOHOシネマズ新宿のラグジュアリーシートは、限定14席です!

そのため、座席指定は早い者勝ちとなります。

  • インターベット(会員):3日前21時~
  • インターベット(非会員):2日前0時~

鑑賞予定日が決まった時点で、希望日の2日前からネットで座席指定しておくと確実でしょう。

 

予約をしたら、あとは当日にチケットを発券機から出すだけとなります。

コレを目印にすれば迷わない!アクセス便利なTOHOシネマズ新宿の行き方

TOHOシネマズ新宿

住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目19-1 新宿東宝ビル3階

電話番号:050-6868-5063

アクセス:JR新宿駅、東口徒歩5分、
西武新宿駅 徒歩3分

駐車場:新宿東宝ビル内 地下駐車場(8~23時 年中無休 約159台)

新宿サブナード駐車場(24時間営業 年中無休 約400台)

※当日の映画チケット提示で30分割引《2時間以上が対象》


 

駅から歌舞伎町方面に向かい、ドン・キホーテの入り口から正面を見ると、ビルの上にゴジラが見えます。

しかし、新宿はアクセスが便利なため、TOHOシネマズ新宿も混むことが多いんですよね。

だからまずは、限定席のラグジュアリーシートを座席指定してから、劇場に向かうようにしましょう。

次は料金について解説しますが、通常どおり座席指定してしまうと、割引する機会を逃してしまうので気をつけてください。

今ならこの料金でワンランク上の特別席が座れる秘密

まず最初に、TOHOシネマズ新宿の料金表から見てみましょう↓

料金表
一般 1900円
大学生 1500円
・高校生
・中学生
・小学生
(3歳以上)
1000円
プレミアラグジュアリーシート
(例:1900円+3000円=4900円
+3000円
プレミアボックスシート
(例:1900円+1000円=2900円
+1000円
DOLBY ATMOS
(例:1900円+200円=2100円
+200円
IMAX
(例:1900円+500円=2400円
+500円
MX4D
(例:1900円+1200円=3100円
+1200円

ラグジュアリーシートは、シートや空間が豪華になるため、追加料金が発生します。

しかし、サービスデーを利用すれば、割引ができます。

サービスデイ
ファーストデイ
(毎月1日)
1200円
シニア割引
(60歳以上の方)
1200円
障害者割引
※付き添い1名まで同料金
1000円
TOHOウェンズデイ
(毎週水曜)
1200円
シネマイレージデイ
(毎週火曜日【会員限定】)
1400円

とはいえ、サービスデーは条件があるので、誰でも手軽に安くなるわけではありません。

ところが、初めて利用する人が安心できる「特別割引」というものがあります!

実際に僕も特別割引を利用しました♪

普段から手軽に利用できる料金ではありませんが、特別な日や年1回のご褒美なら、十分コスパはいいかなと思います。

最近では、映画の「鑑賞料金が高い!」とよく言われていますが、その影響でか、割引チケットを使う人が増えています!

サカイ
僕も特別割引を知らなかったので、定価で払わなくてすみました!

「特別割引」の詳しい方法は、下記の記事で解説しています。

「ラグジュアリーシート」の割引方法はコチラ

こんなちょっとした方法で
一般席もたった1100円になりました

TOHOシネマズは割引の幅が充実しているので、手軽に割引できました!

こういった理由から、TOHOシネマズを利用するお客さんも増えている傾向がみられます。

 

じつは、2019年に行われたインターネットでのアンケート調査によると、全国の男女1211人に回答いただいた結果、シネコンの利用者数は「TOHOシネマズ」が一番多いということがわかりました。

サカイ
もちろん出費は抑えたいですからね。

映画館の「鑑賞料金は高い!」と、よく話題になりますが、それは大きな間違いなんです!

なぜなら、劇場によって「サービスデー」「ムビチケ」では、料金が最安値にならないからです。

そのうえ、当日になって「体調不良」「寝坊」など、キャンセルの払い戻しはできないので、無駄な出費につながる可能性もありえます。

しかし、当日でもスムーズに割引できると、劇場にいく直前でも割引可能なので、無駄な出費につながる心配はありません。

要するに、割引手段が充実している劇場だと節約もできるので、そのぶんポップコーンが無料同然で買えたりしますよ。

「一般席」の詳しい割引方法はこちら

こういった結果になりました
ラグジュアリーシートを体験したユーザーの評価

実際に利用した方の口コミをまとめました。


サカイ
コスパが合わない方もいますが、座り心地がかなり高評価なのは伝わってきますよね。

【感想】ほぼ満席でも超ゆったりな特別シート

  • 快適さ:
  • 見やすさ:
  • 足元の広さ:

TOHOシネマズ新宿のスクリーン9は、人気作の上映が多いため、座席がすべて埋まることがよくあります。

たとえば、過去に映画「カメラを止めるな」「鬼滅の刃」など、すぐ満席になりました!

さらに、TCXという巨大スクリーンなので、新宿というアクセスがめっちゃ便利なぶん、501席あるとはいえ、お客さんが集まりやすく、人混みが苦手な方なら窮屈に感じるかもしれません。

しかし、ラグジュアリーシートは料金は上がりますが、「特別割引」があるので通常より割高になることはありません。

本音をいえば、ドリンクやブランケットもあったら最高なのですが、そこまで贅沢は言えません(笑)

そのうえ限定席なので、足を伸ばせる贅沢な空間は、人混みを避けたい人に超やさしいシートでした。

「前の人の頭がスクリーンにかぶる」「近くにおしゃべりしている人がいる」など、こういった不安を解消してくれるワンランク上のシートなので、安心して映画に集中できるんですよね。

つまり、限定14席の落ちついた空間なので、どんなに人気作品で混雑が予想されても、長時間リラックスした状態で鑑賞できるから、映画に没入できますよ。

ところが、舞台あいさつのときは、ラグジュアリーシートに注意点があります!

登壇キャストから超目立つラグジュアリーシート

TOHOシネマズ新宿のラグジュアリーシートは最後列に設置されているため、上記の距離だと、登壇キャストの顔をはっきり見ることは難しいでしょう。

しかし、舞台からラグジュアリーシートはかなり目立つので、登壇キャストの視界に入るのではないでしょうか。

すぐ目の前で登壇キャストをみたい方にはオススメできませんが、登壇キャストからはかなり目立ちます!

前席だと人気で抽選確率も低くなるかと思いますが、うしろを選ぶことで確率も高くなるのではないでしょうか。

もちろん、絶対の保証はありません。

しかし、チケット争奪戦に巻き込まれるのはイヤですよね?

そういった方は、登壇キャストの顔がはっきり見れる「TOHOシネマズ六本木」のラグジュアリーシートがピッタリかと思います。

登壇キャストも目の前でみれるベストポジションだからです。

【超没入席】TOHOシネマズ六本木のラグジュアリーシートが映画に超集中できるワケ

2021年9月21日

「ラグジュアリーシート」「ボックスシート」どっちが快適?コスパなら断然○○です

スクリーン9にはラグジュアリーシート以外に、ボックスシートという、もう一つ特別席があります。

座席位置はちょうど真ん中あたりで、となりの席との間に「パーテーション」「ひじ掛け」があるため、ラグジュアリーシートと同じワンランク上の座席です!

しかし、リクライニング機能はないので、ゆったり感はありません。

ラグジュアリーシートに比べ、料金は手頃ですが、座席位置は中央になるため、普通席に囲まれています。

もうお分かりかと思いますが、混雑した場合、普通席とさほど変わらない窮屈感を感じるかもしれません。

つまり、少しでも料金を安くしたい人なら納得ですが、快適に鑑賞したい方なら物足りなさを感じるのではないでしょうか。

ところが、「ボックスシート」も特別割引ができるので、手軽にワンランク上のシートを利用したい人なら、詳しい方法は下記で解説しています。

「ボックスシート」の割引方法はこちら

プレミア ラグジュアリーシートの総合レビューまとめ

話題作の公開で、劇場が人混みであふれていてもラグジュアリーシートのような解放感があるスペースでは、ゆったり座れますよね。

TOHOシネマズ新宿のラグジュアリーシートは最後列ですが、主に3つのメリットが決め手かなと思いました。

  1. ほぼ満席でもゆったり座れる
  2. 長時間座っていても疲れない
  3. 楽な体勢でリラックスできる

イベントで前の方に座りたい方なら微妙かとおもいますが、豪華なスペースで自宅のように好きな体勢でみたい人なら超快適ですね。

料金は上がりますが、普通席で嫌な思いをした経験がある人ならコスパは悪くないでしょう。

なにより長時間、顔を見上げる心配がないですし、「腰」の痛みの軽減にもつながるので、普通席でストレスを感じてた人なら利用して正解。

ある程度の追加料金がありますが、初めての方なら「特別割引」もあるので、安心して贅沢な時間を過ごせました。

「特別割引」の詳しい方法はこちら

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています

TOHOシネマズは、幅広い種類の座席で使える「特別割引」があるため、そのぶんポップコーンを無料で買うことができます。

通常料金のままポップコーンを買うと出費が痛いですが、割引するだけでドリンクやカフェ代など、使い道が広がり、お出かけも楽しくなるでしょう。

しかし、サービスデーだと特別割引にはならないので、詳しいやり方を下記の記事にまとめました。

「TOHOシネマズ」の詳しい割引方法はこちら

【超コスパ術】無料で映画館の「ポップコーン」を買う方法TOP3

2021年10月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください