【ラグジュアリーシート】TOHOシネマズ日比谷のビジネスクラスを体験【スクリーン1限定】

「普通席とどう違うの?」「見やすい席なの?」と思う人も多いはず。

料金は安くないですが、普通席の3倍映画に集中できる座席です。

当記事では、ラグジュアリーシートを体験してきた僕が、どの記事よりも詳しく解説します。

映画館の「ビジネスクラス」と言える快適さですよ。

TOHOシネマズ日比谷の「ラグジュアリーシート」と「普通席」の違いとは?

TOHOシネマズ日比谷
座席 ラグジュアリーシート
料金 4900円
住所 東京都千代田区有楽町1丁目1-2
東京ミッドタウン日比谷4F
電話番号 050-6868-5068
アクセス ・東京メトロ日比谷線(日比谷駅)直結
・JR山手線(有楽町駅)徒歩5分、
・銀座線(銀座駅直結)徒歩5分
一般席との違い ・リクライニング
・荷物置きスペース
・サイドテーブル
総合レビュー

隣が気にならない

日比谷のラグジュアリーシートは、どの座席よりも映画に集中できます。

パーテーション付きなので、まわりのマナーに気が散ることもありません。

つまり、ラグジュアリーシートはまわりに気が散らないので、誰でも快適に映画を楽しめます。

長時間でも疲れない

リクライニングシートだから、長時間でも安心して鑑賞できます。

そのうえ、足元も普通席より十分にゆとりがあるので、窮屈な思いをすることはありません。

わかりやすく言うと、革張りの高級ソファーに座ってる。というイメージ。

なので、ゆったりくつろぎながら映画に集中したい人にピッタリですね。

マナーが気にならない

ラグジュアリーシートは、限定10席の専用スペースで鑑賞できるので、普通席の人は入ってきません。

「人が視界を遮る」「スマホを触る」など、こういった不安がないので、どの席よりも映画に集中できます。

だから、上映中のマナーが気になる人なら、ストレスを軽減できますよ。

【徹底調査】SNSの口コミをご紹介

実際に利用した方の口コミをまとめました。


サカイ
「快適さ」を求める人ならピッタリですね。

実際にラグジュアリーシートに座ってみた・・

2018年にオープンしたばかりの映画館です。

スクリーン1は、東京ミッドタウン日比谷4Fにあります。

ロビーも広くラグジュアリーな雰囲気。

休憩スペースもあります。

窓からは皇居周辺の景色が見えます。

夜景もキレイなので、TOHOシネマズ日比谷でしか見れない景色です。

昔ながらの映画ポスターが貼られているような映画館好きには物足りないでしょう。

しかし、ロビーが広いので混雑してもまったく窮屈ではありません。

スクリーン1は「PREMIUM THEATER」です。

他のスクリーンよりも圧倒的な巨大スクリーンで映画を鑑賞できます。

補足

「PREMIUM THEATER」とは、コンサートホールのようなプレミアムサウンドで映画を楽しめます。(商業映画館では日本初)

限定10席のラグジュアリーシート専用スペースに到着。

足元は一般席より圧倒的に広いです(´▽`)

パーテーション付きなので、隣の人が気にならない!

まるで個室のような感じですね。

座った状態から確認しましたが、しっかり隣が見えないようになっています。

177センチの僕ですが、足元は十分なゆとりがありました!

サイドテーブルも完備。

ポップコーン(L)サイズを置いても十分な大きさです(笑)

ドリンクホルダーが別にあるので、サイドテーブルを贅沢に使うことができます。

荷物置きスペースもあるので、一般席よりゆったり鑑賞できますよ。

スクリーンの見え方(座席表でも解説)

TOHOシネマズ日比谷のラグジュアリーシートは、スクリーンが目線の高さに来るように設計されています。

座席表はコチラです↓↓

黄色い部分がラグジュアリーシートです。

サカイ
スクリーン1のちょうど真ん中の列になります!

実際の見え方はコチラ↓↓

スクリーンと目線の高さがピッタリ♪

そのうえ、リクライニングできるので落ちついた雰囲気で贅沢に観れますね。

ラグジュアリーシートに座ってみた感想

  • 快適さ:
  • 見やすさ:
  • 足元:
  • コスパ:

結論から言うと、映画館の「ビジネスクラス」

個室のような空間でリクライニングできるので、映画に集中できます。

たとえば、一般席だと足が前の座席に当たってしまったり、隣に人が座っている状態など、気を使わずにはいられません。

要するに、ラグジュアリーシートはゆったりと快適に映画に集中できる環境でした。

「限定10席」なのがもったいないぐらい・・(´Д`)

【毎回700円割引】TOHOシネマズ日比谷の料金表

料金表
一般 1900円
大学生 1500円
・高校生
・中学生
・小学生
(3歳以上)
1000円
プレミアラグジュアリーシート
(例:1900円+3000円=4900円
+3000円
プレミアボックスシート
(例:1900円+1000円=2900円
+1000円
DOLBY ATMOS
(例:1900円+200円=2100円
+200円
IMAX
(例:1900円+500円=2400円
+500円

サービスデイの料金表はコチラ↓↓

サービスデイ
ファーストデイ
(毎月1日)
1200円
シニア割引
(60歳以上の方)
1200円
障害者割引
※付き添い1名まで同料金
1000円
TOHOウェンズデイ
(毎週水曜)
1200円
シネマイレージデイ
(毎週火曜日【会員限定】)
1400円
auマンデイ※毎週月曜日
【auスマートパスプレミアム会員】
一般・大学生1200円
高校生以下900円

料金は安くないですが、ラグジュアリーシートはTOHOシネマズ日比谷の中でどの席よりも快適に映画に集中できるため、使わない理由がないんですよね。

 

とはいえ「料金が高いのはイヤだ!」と思いますが、毎回割引できます!

実際に僕も700円割引してチケット購入できました↓↓

詳しく下記記事で解説しています。

▷▷【最新版】映画館で安く見るおすすめ方法3選はコチラ

座席指定するなら2日前

  • インターベット(会員):3日前21時~
  • インターベット(非会員):2日前0時~

座席指定は、鑑賞希望日の2日前からネットで購入できます。

 

予約をしたら、当日にチケットを発券機から出すだけです。

【アクセス】TOHOシネマズ日比谷の行き方

TOHOシネマズ日比谷

・住所:東京都千代田区有楽町1丁目1-2 東京ミッドタウン日比谷4F

・電話番号:050-6868-5068

・アクセス:東京メトロ日比谷線(日比谷駅)直結

JR山手線(有楽町駅)徒歩5分、銀座線(銀座駅直結)徒歩5分


 

TOHOシネマズ日比谷(スクリーン1~11)は、東京ミッドタウン4階にあります。

スクリーン12・13は地下にあるので、間違いないようにしてください。

サカイ
過去に僕が間違えました(笑)

日比谷なら1日過ごせる

TOHOシネマズ日比谷付近は「カフェ」「ショッピング」など、おしゃれなお店が充実しています。

散歩気分で歩くだけでも、リッチな気分を味わえますよ。

 

映画館前には、全長3メートルのゴジラ像が設置されています📷

待ち合わせ場所としてもよく使われており、象徴的な人気スポットです。

なぜゴジラ!?

TOHOシネマズ日比谷の近くに有楽町マリオンがあり、第1作・16作目の映画『ゴジラ』の劇中に破壊されているとのコト。

ラグジュアリーシートの総合レビューまとめ

プレミア・ラグジュアリーシートは、個室にいるような感覚で映画を楽しめます。

料金は安くないですが、ほかの座席では体験できない快適さと落ちついた雰囲気で鑑賞できます。

つまり、限定10席のラグジュアリーシートは、誰にもジャマされない環境で映画に集中できますよ。

▷▷【最新版】映画館で安く見るおすすめ方法3選はコチラ

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています

【カップルペアシート】映画館おすすめの特別席3選【東京編】はコチラ▷▷

【カップルペアシート】映画館おすすめの特別席3選【東京編】

2021年6月22日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください