【スクリーン1】TOHOシネマズ日比谷【ラグジュアリーシートが超見やすい】

「スクリーン1の見やすい席ってどこ?」、「座席表だとわからない」という人も多いはず。

 

スクリーン1は中央の左右に出入口があり、真ん中が通路になっているため、人が目の前を遮ることがあります。

 

当記事では、都内の映画館の特別シートを15か所以上みてきた僕が、TOHOシネマズ日比谷のラグジュアリーシートについて解説します。一般料金でみたい人にはオススメしません。

サカイ
日比谷のラグジュアリーシートは、かなり見やすかったです!

ラグジュアリーシートを利用すれば、まわりに気が散らず、快適な環境で鑑賞できます。

【関連記事】:【最新版】映画館で安く見るおすすめ方法3選【無料で割引したい人向け】

【スクリーン1】TOHOシネマズ日比谷【普通席より快適な3つの理由】

  • 疲れが残らない
  • 蹴られる不安がない
  • 映画に集中できる環境

それぞれ理由を解説します。

ビジネスクラスに匹敵するほど、環境が整っていました。

理由①:疲れが残らない

ラグジュアリーシートは、ソファーと同じ「腰」や「首」の疲れを残さない座席です。

 

リクライニング付きなので、背もたれの角度調整をしながら、ゆったり集中してみることができます。

 

足元も普通席では考えられない広さっ!窮屈さがありません。

頭と腰がずっしり支えられ、長時間でも座っていられる安心感がありました。

 

快適に座るなら、ラグジュアリーシートは疲れが残りませんよ。

理由②:蹴られる不安がない

ラグジュアリーシートは、鑑賞中のストレスを軽減できます。

 

なぜなら、すぐうしろには壁があるため、座席を蹴られる不安がないからです。リクライニングする際「うしろの人に声をかける」必要もありません。

 

座席の下には荷物スペースも完備!ラグジュアリーシートに座ってから、うしろから座席を蹴られるストレスがなくなりました。

 

座席を蹴られるストレスを感じている人なら、いつも以上に映画を楽しく鑑賞できますよ。

理由③:映画に集中できる環境

アクリル板より厚いパーテーション付きのため、まわりの人の動きも気になりません。

 

というのは、上映中にお手洗いにいく人、またはスマホをいじる人は一定数います。

サカイ
パーテーション付きだと、となりの席が見えません。

僕は、ほかの映画館で鑑賞するときより、安心して映画に集中できるようになりました。

 

パーテーション付きだと、まわりに気が散らず、より快適に観ることができます。

【決め手は料金】SNSの口コミをご紹介

利用者の口コミをまとめたので、見て参考にしてください。


表で分かる!TOHOシネマズ日比谷の料金

料金表にしてまとめました▽

【料金】
一般 1900円
大学生
(学生証を提示する場合あり)
1500円
高校生
・中学生
・小学生
1000円
幼児
(3才~)
1000円
プレミアラグジュアリーシート
(例:1900円+3000円=4900円
+3000円
プレミアボックスシート
(例:1900円+1000円=2900円
+1000円
DOLBY ATMOS
(例:1900円+200円=2100円
+200円
IMAX
(例:1900円+500円=2400円
+500円

サービスデイの料金表はコチラ▽

【料金】
TOHOシネマズデイ
(毎月14日)
1200円
シネマイレージデイ
(毎週火曜日・会員限定)
1400円
ファーストデイ
(毎月1日)
1200円
レディースデイ
(毎週水曜日)
1200円
シニア割引
(60歳以上の方)
1200円
夫婦50割引 2人で2400円
障害者割引
※付き添い1名まで同料金
1000円
auマンデイ
※毎週月曜日・auスマートパスプレミアム
一般・大学生1200円
高校生以下900円

「出入りする人が気になる」、「目の前を遮る」など、ストレスを感じるなら、ラグジュアリーシートを使わない理由がないんですよね。

 

とはいえ「座席に4900円は高い」と思いますが、アプリで簡単に割引できます

実際、僕はこの割引方法で700円オフできました。下記画像がその割引チケットです。

詳しく下記記事で解説していますので、自由にご活用ください。

【関連記事】:映画館で安く見る方法おすすめ3選【プレミアシートで使えます】

【限定10席】ラグジュアリーシートはこんな人におすすめ

まわりを気にせず、ペストポジションで鑑賞したい人

です!

だから、観客との一体感を求める人にはオススメしません。

サカイ
映画の時間をひとり占めしたい人ならピッタリですね。

ラグジュアリーシート専用の一定スペースなので、普通席の人が入ってくることはありません。

デートや記念日など、特別な日に利用すると思い出に残りますよ。

早い者勝ち!予約はいつからできるの?

座席指定は、鑑賞希望日の2日前からネットで購入できます。

  • インターベット(会員):3日前21時~
  • インターベット(非会員):2日前0時~

シネマイレージ会員なら、非会員より1日早く予約ができます。

 

予約したら、当日にチケットを発券機で出せます。

【関連記事】:映画館で安く見る方法おすすめ3選【プレミアシートで使えます】

【アクセス】TOHOシネマズ日比谷の行き方

TOHOシネマズ日比谷

・住所:東京都千代田区有楽町1丁目1-2 東京ミッドタウン日比谷4F

・電話番号:050-6868-5068

・アクセス:東京メトロ日比谷線(日比谷駅)直結、JR山手線(有楽町駅)徒歩5分、銀座線(銀座駅直結)徒歩5分


TOHOシネマズ日比谷は「ミッドタウン4階」、「宝塚ビル 地下1階」にわかれています。

 

スクリーン1は東京ミッドタウン日比谷4階にあります。

 

4階に上がると、ホテルのロビーみたいな上質な空間になっています。

子供のころに行った壁にポスターが貼れている映画館に慣れてる人なら、寂しい気持ちがあるかもしれません。

 

外の景色が印象にのこる映画館です。映画デートにおすすめですね。

【まとめ】:ラグジュアリーシートは、まわりが気にならない

以上、TOHOシネマズ日比谷のプレミア・ラグジュアリーシートの体験レポートでした。

  • まわりの人の動きが目に入らない
  • 映画に集中できる安心感
  • ベストポジションで鑑賞できる

普通席では体験できない快適さでした!

 

限定10席なので、利用するなら鑑賞希望日2日前から予約したほうが良いですね。安心して鑑賞できます。

 

「1度は座ってみたいけど、気楽に座れる料金じゃない」という人なら、ラグジュアリーシートを割引して、座席指定をしてください。

割引方法は、下記記事にまとめました。自由にご活用ください。

【関連記事】:映画館で安く見る方法おすすめ3選【プレミアシートで使えます】

【最新版】映画館で安く見るおすすめ方法3選【無料で割引したい人向け】

2021年5月14日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください