映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』は名言が主人公を立派にさせた?!

映画のお兄さん
僕が映画を観るきっかけとなった作品です!

どうも、映画大好きのサカイです!

今回は、人として学ぶことも多くある魅力たっぷりの映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』についてお話していきます。

「フォレスト・ガンプから何を学べたの?!

最も印象に残っている名言も教えて!」

なんてことありませんか?

今作品は子供の時から何度も観ている作品で、僕自身が主人公フォレストから学んだことが詰まった映画です!

僕の好きな名言もご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

※ランキング形式に人生に大切なことを学んだ作品を詳しくまとめた記事はこちらです▽

洋画で学んだ人生に大切なことおすすめ映画ランキング!ベスト10にまとめてみた!!

2019.08.09

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』のあらすじ

引用:https://eiga.com/movie/48663/photo/

注目ポイントは?!
・主人公フォレストの疑わない行動力?!
評価:
1994年/アメリカ
上映時間:144分
監督:ロバート・ゼメキス
主演:トム・ハンクス

知的指数は低いが脚力と純粋な心を持った主人公フォレスト・ガンプの半生を描いた、感動ヒューマン・ドラマ。

小学校の時に周りからいじめられていた彼だったが、優しく美しい少女ジェニーと出会い、フォレストの人生に大きく影響していく。

映画のお兄さん
ジェニーと出会えたことでフォレストの人生が大きく変化しましたよね♪

その後は、大学でアメフトを始め、卒業後は軍隊に入り、除隊後はエビ漁を始めて、奇跡のような人生が訪れる。

しかし、初恋のジェニーとは再会と別れの繰り返しで、フォレストの思いを受け止めてもらえないでいたのだが・・。

フォレスト・ガンプから学んだ3つのこと

引用:https://eiga.com/movie/48663/gallery/2/

色々な経験で変化を遂げていった主人公フォレスト・ガンプ。

その他の登場するキャラクターもフォレストにとって、成長する過程で必要な人物ばかりでした。

ここからは、僕が主人公フォレストから学んだことを一つずつお話していきますね♪

フォレスト・ガンプからの学び
  1. 好きなことをとことんやる!
  2. 周りを大切にする
  3. 自分を過大評価をしない

※ネタバレ含みます。

学び①:好きなことをとことんやる

引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/19931/photo/?page=4

主人公フォレストは、自分が好きなことをとことんやり尽くす性格です。

好きなことを真っすぐ取り組むフォレストに憧れた人もいたのではないでしょうか。

フォレストの好きなこと
  1. 走ること
  2. 卓球
  3. 芝刈り

上記の3つは、フォレストが無我夢中に取り組んでいたことです。

フォレストの好きなことって誰もが経験してそうなことで「たったそれだけ?!」、「いつでも出来るじゃん・・。」と思った人もいることでしょう!

しかし、僕がフォレストから学んだのは好きなことの内容や数ではありません。

大人になっても自分の好きを貫き通し、好きなことに取り組める幸せです!

 

僕の場合だと好きなことは「映画鑑賞!」って即答しますが、大人になってからは仕事や飲み会などで「観る時間がない・・。」と自分に言い訳して、好きなことに対するワクワクする気持ちを見失っていたのです・・。

 

しかし、フォレストの様に好きなことにとことん取り組む姿を見ていたら突然「後悔したくない!」って気持ちにどんどんなっていき、やりたいことがどんどん思い浮かんで、子供の時のようなワクワクする気持ちにさせられました(笑)

 

大人になっても、好きなことに熱中できることって幸せなことですよね♪

僕はフォレストから最も人生で幸せなことを改めて学びましたよ!

それでは、今作品の見どころでもあるフォレストの好きことを一つずつ振り返っていきましょう。

走ること

子供時代は、足に矯正器具を取り付けて歩いていたフォレストでした。

しかし、ある日に矯正器具なしで元気に走れる体になったのです!

この時は、フォレストが初めて走れる喜びを知った瞬間だったと僕は思いました。

その後も本編では、走ってアメリカ横断を4回成し遂げたり、とにかく走ることが大好きなフォレストでしたよね♪

映画のお兄さん
僕自身がフォレストから日々の当たり前の大切さに気付かされた瞬間でもあります。

卓球

2つ目は卓球です。

ベトナム戦争でケガをし、病院で仲間からやり方を教わったことがきっかけで始めました。

しかも、教わったこととは「絶対に球から目を離さない事」だけです(笑)

 

フォレストは生まれて初めて卓球をやってみると、ピンポンと性が合い、相手がいなくても1人で球を打ち続けるほどハマっていましたよね。

その後は、全米代表卓球チームへ入るまでの実力者となったのです。

フォレストが卓球に熱中しているシーンを見て、僕は「好きに理由などいらないんだ」と改めて気づかされました!

映画のお兄さん
今まで経験したことのないことでも、まずは「やってみる!」って大事なことですよね!

芝刈り

3つ目に好きなことは、芝を刈ることです。

仕事として始めた芝刈りでしたが、好きという理由で無給で働いていましたよね!

理由は「芝を刈ることが好きだから」です(笑)

 

このシーンはあっさり終わってしまいますが、僕にとっては好きことを仕事にできる喜びを羨ましく見ていたシーンでもあります。

僕は大学を卒業してからは、やりたいことを見つけられずにそのまま就職しました。

その結果、3回も転職しています・・。

 

だからこそ、僕もフォレストの様に《好き》をおもいっきり出来る日々を素直に送りたい、自分らしい生き方ってなんだろうと考えさせてくれました。

今後は、もっと素直に自分の生き方で生きていこうと改めて気づくことができ、今では自分のやってみたいことを考えるだけで、ワクワクするようなポジティブな気持ちになれましたよ♪

映画のお兄さん
フォレストにとって芝を刈ることは仕事ではなく、ただ好きなことなのでしょう(笑)

学び②:周りを大切にする

引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/19931/photo/?page=2

今作品では、主人公フォレストの子供~大人になるまでの半生が描かれています。

その中で、僕が最も印象的なのはフォレストが誰に対しても平等な接し方をすることです。

もちろん、フォレストは友達を大事にするタイプなので、幼馴染のジェニーに暴力を振った男には本気で殴り掛かっていましたが・・(笑)

 

素直すぎて、考えないで行動してしまう一面もあるフォレストですが、まっすぐで自分の大切な人を大事にする姿は僕にとってカッコよく見えました!

ここからは、フォレストにとって大事な人をご紹介していきますね。

親友:バッバ

軍に入隊して出会った、唯一の親友バッバ。

とてもエビ料理のことが詳しくて、フォレストにずっとエビについて語っていました(笑)

将来は、フォレストとエビで生計を立てる約束をしていたのですが、ベトナム戦争で亡くなります・・。

 

本編では、フォレストが「親友は滅多に見つかるもんじゃない」と語っていましたよね。

このシーンは、《自分の周りにいる人が当たり前に居てくれるわけじゃない》ことを改めて僕に教えてくれた場面でした。

 

僕自身も子供の時から今でも頻繁に会っている友達は1人しかいません・・。

大人になるにつれて環境が変わり、仲の良い友達とも連絡を取っていない状態が当たり前になり、会うこともなくなりました。

だからこそ、親友に対するフォレストの言葉は僕は忘れられません。

 

親友はベトナム戦争で亡くなってしまったけど、フォレストにとってはその後もずっと親友でいたい気持があったからこそ、死ぬ前に約束したエビで一緒に生計を立てることを忘れずに行動に移したんだと思います。

2人の会話で「俺たちはお互いを兄弟の様に支えあっている」と語るシーンは、今でもはっきり覚えています・・。

映画のお兄さん
ベトナムでお互い背中をくっつけて将来を語るシーンが僕は大好きです!

上官:ダン中尉

軍人の家系で育ち、ベトナム戦争でフォレストの上官だったダン中尉は父親のような存在です。

ベトナム戦争で死ぬことを決めていましたが、フォレストに命を救われ、両脚を失いながらも無事生き残ることができました!

 

「運命は最初から決められている」という考えのダン中尉でしたが、《運命は自分で決める》ことをフォレストから学んだのではないかと僕は感じています。

最初は、フォレストを少し馬鹿にしているような態度をとっていましたが、命を救われて一緒に行動することで少しずつ接し方が変わっていき、ダン中尉が人間らしさを取り戻す様子が印象的でしたよね。

 

女性がフォレストをバカ呼ばわりした時に、ダン中尉が怒って言い返すシーンも僕にとっては忘れられない場面です。

「命の恩人なんだから当然じゃん!」と思うシーンかもしれませんが、ダン中尉は両脚を失ってから、人からバカにされて傷つく人の気持ちが分かったんじゃないかと僕は思いました。

映画のお兄さん
ダン中尉とフォレストは正反対な性格ですが、お互い足りない部分を支えあっている関係の様にも見えましたよね。

生涯愛した女性:ジェニー

フォレストが生涯愛し続け、母親以外で初めてフォレストに話しかけてくれた女性です。

高校まではずっと仲良しでしたが、歌手になることの夢を追いかけ、どんどん遠い存在になってしまいましたよね・・。

 

そして、ジェニーは薬物に手を染めたりして、追いかけていた夢を失っていました。

大人になって今作品を振り返ると、フォレストが持っていて、ジェニーに持っていなかったのは信念だと僕は思います。

 

僕も少し前までは周りに流されていたタイプの人間だったので・・(笑)

若い時はフォレストに対して冷たい態度をとっていましたが、フォレストに《人を愛する》ことを教えた大事な存在でしたよね。

映画のお兄さん
フォレストとジェニーの出会いは決まっていた運命だったのかもしれませんね・・。

学び③:自分を過大評価しない

引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/19931/photo/?page=7

フォレストは、何らかの結果を残したとしても絶対に自分を過大評価しません。

フォレストはベトナム戦争から帰国後、名誉勲章を大統領から直接授与されるシーンがありましたよね。

 

しかし、フォレストは自分の力だけで手に入れたとは思っていなかったのです!

フォレストは「名誉勲章がもらえたのは君の言ったことを守ったから」とジェニーに言う場面が非常に印象的でした。

物事に対して、自分だけの力じゃないことをしっかり理解しているフォレストだからこそ、人を惹きつける力を持っていることがよく分かりますよね。

映画のお兄さん
フォレストは自分のことをしっかり理解しているからこそ、周りにも優しくできるのでしょう。

好きな名言3選

引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/19931/photo/?page=5

ここからは、今作品の僕の好きな名言をご紹介していきます。

登場人物の一人である、フォレストの母親がたくさんの名言を残しています!

フォレストが大人になるまで立派に育ったのは、母親の影響と言っても過言ではありませんよ。

母親の心に残る名言3選
  1. 奇跡は毎日起こる
  2. 自分の運命は自分で決めるもの
  3. 過去を捨ててから前へ進みなさい

名言①:奇跡は毎日起こる

フォレストは、子供の時に矯正器具を取り付けて歩くのがやっとの体でしたが、ある日に矯正器具なしで走れるようになった時に語られる名言です。

「奇跡は毎日起こる」は、フォレストが過去に母親から言われた言葉でした。

未来は、自分が予想していないことばかり起こりますよね。

だからこそ、奇跡を信じてみると今までの当たり前が奇跡だったのかと改めて考えさせられる言葉です。

 

僕の場合だと、子供の時からずっと大好きだった映画の続編が約20年ぶりに公開したことです!

子供の時に衝撃を受け、ずっと続編を望んでいた1996年の映画『ジュマンジ』が、まさか20年後にシリーズ続編として登場するとは誰も予想できなかったことでしょう(笑)

 

未来は何が起きるかなんて誰にも分かりませんよね。

もしかしたら、自分が気づいていないだけで、意外と奇跡と思うようなことが毎日起こっているかもしれません。

映画のお兄さん
将来をワクワクさせる名言ですよね♪

名言②:自分の運命は自分で決めるもの

この言葉は、フォレストと母親との会話で最も僕が印象に残っている名言です!

フォレストが母親に「僕の運命って?」って尋ねた時に母親が答える言葉ですよね。

 

フォレストは周りから言われてきた言葉を素直に受け止め、そのまま行動に移してきました。

だからこそ、自分の運命の答えをまだ見つけられないでいたのかもしれません。

 

しかし、自分の運命だなんて誰もが分からないことですよね・・。

周りに聞いても分からないことは、自分でしっかり決めるのものだと改めて考えさせられました。

フォレストの様に真っすぐ生きることで、これから少しずつ答えが見つかるのかなぁと・・。

映画のお兄さん
自分の歩んできた人生こそが運命の答えかもしれませんね。

名言③:過去を捨ててから前へ進みなさい

この名言は、人が前へ進むときに絶対に必要な言葉ですよね。

フォレストがポジティブで明るく真っすぐ人生を駆け上がっていけたのは、この言葉を常に忘れなかったからだと思います。

 

前へ進むことは当たり前のようで難しいことですが、なぜ前へ進めないかを明確にしてくれている名言ですよね!

この名言は、まさに今の僕に最も必要な言葉です。

 

やりたいことを見つけずに、周りに流されて就職し、転職を3回も繰り返してきました。

今までのことは後悔ばかりと思っていましたが、これからの残された人生のために、この名言のおかげで前へ進むことに抵抗がなくなりました。

 

むしろ、過去よりも自分の未来のことをより深く考えるようになったのです!

フォレストの様にこの言葉を忘れずに、これからも僕は一歩一歩前へ進もうと思えるようになりましたよ。

映画のお兄さん
過去は誰もが変えられないけど、未来はフォレストの様に誰もが変えられますよね♪

今すぐ無料で映画『フォレスト・ガンプ』を観るなら

U-NEXTの注目ポイント!

  1. 最新作の映画はポイントを使って、追加料金なしで楽しめる
  2. ブルーレイディスクに相当する高画質(1080p)
  3. ポイントは映画館の引き換えチケットにも交換できる
  4. 初回31日間の無料体験ができる
  5. 無料体験からでも600ptもらえて、31日内に解約すれば料金は一切発生しない

U-NEXTは、配信数140,000本を誇る日本最大級の動画配信サービスです。

毎月1200ptもらえるため、最新作の映画は追加料金なしで2本まで視聴することが出来ます。

洋画本数は全4797本見放題本数は3815本もありますよ【2019年3月時点】

U-NEXT(洋画の配信数)

月額料金は他社と比較して高めの設定ですが、洋画本数やU-NEXTポイントを映画の引換券に交換出来たりもするので、サービスの充実差は圧倒的です!

最新作~見放題作品までを追加料金なしで、幅広く観たい人ならおすすめですよ。

こんな人におすすめ
  1. 最新作を追加料金なしで観たい人
  2. 洋画を幅広く、たっぷり観たい人
  3. 動画だけじゃなく、映画館もお得に行きたい人

・初回31日間の無料体験で600pt(1pt=1円)もらえます。

\無料期間内の解約なら料金発生しません!/

※2020年9月19日まで、映画『フォレスト・ガンプ』は配信されています。

他社のおすすめ動画配信サイト

U-NEXTは、他社では配信されていない洋画もたくさん見れる動画配信サイトです。

しかし、2か月目からもっとお手頃な料金で利用したい人ならおすすめの動画配信サイトもあります。

今すぐ無料体験も出来る動画配信サイトです▽

動画配信サイト月額料金(税抜き)初回無料期間
Hulu933円14日間
dTV500円31日間
mieru-TV900円初月無料
Amazonプライムビデオ500円30日間

月額料金をとにかく安く洋画を観たい人なら、動画配信サイトのAmazonプライムビデオがおすすめです。

他社の動画配信サイトを徹底比較した記事も書きましたので、ぜひ参考にしてみてください

\今すぐ無料体験でたっぷり視聴できますよ/

洋画おすすめの動画配信サービスランキング!徹底比較ベスト10でご紹介!

2018.02.01

洋画おすすめ動画配信サイトのランキング

洋画おすすめの動画配信サービス 僕も洋画を観るのに使う、初回無料の洋画おすすめ動画配信サイトを徹底比較しました。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください