ドウェイン・ジョンソン映画おすすめランキング:ベスト15をご紹介!

映画のお兄さん
ドウェイン・ジョンソンのおすすめ映画をランキング形式でご紹介していきますよ~!

こんにちは、映画大好きのサカイです!

『ドウェイン・ジョンソン映画を見るなら、どの作品が一番おすすめ?!』

という知りたいあなたのために、僕のおすすめドウェイン・ジョンソン映画をご紹介しちゃいます!!

 

元々はアメリカのプロレスラーであり、2009年頃から俳優として活躍して、今となっては実力派俳優の一人となりました!

2016年には、最も稼いだ男優1位に選ばれ、世界で最も人気のある俳優ですよ!!

 

この記事では、ドウェイン・ジョンソン映画をランキング形式にまとめてみました。

是非、参考にしてみてください。

※随一更新していきます。

合わせて読みたい記事
ドウェイン・ジョンソンも活躍する、僕のおすすめアメリカ映画ジャンル別でランキング形式にまとめました▽
アメリカ映画ベスト50はこちら

目次

ドウェイン・ジョンソン映画ランキング:ベスト15をご紹介!

引用:https://eiga.com/person/33446/gallery/0154371/

ここからは、僕の評価も合わせてランキング:ベスト15にして発表していきますね!

ぜひ、最後までお楽しみください。

第15位:映画『ヘラクレス』 (日本公開:2014年)

引用:https://eiga.com/movie/78507/photo/

2014年/アメリカ
上映時間:99分
監督:ブレット・ラトナー
主演:ドウェイン・ジョンソン

 

・ストーリー:

・キャスト:

・映像:

おすすめ度:60/100点

ギリシャ神話の英雄ヘラクレスを描いた作品です!

主演を務めた《ドウェイン・ジョンソン》は、今までにない外見のヘラクレスを目指したとのことですよ。

 

思っていた以上にアクションもあり、迫力もあったので、ギリシャ神話の映画を見ない人でも楽しめます。

 

ただ、ドウェイン演じるヘラクレス以外のキャラクターの活躍も多いため、ファンとして少し物足りないかもしれません。

今、注目を集めている女優《レベッカ・ファーガソン》も登場するのは僕にとって◎でした(笑)

第14位:映画『スコーピオン・キング』 (日本公開:2002年)

引用:https://eiga.com/movie/51575/photo/

2002年/アメリカ
上映時間:92分
監督:チャック・ラッセル
主演:ドウェイン・ジョンソン

 

・ストーリー:

・アクション:

・映像:

おすすめ度:62/100点

大人気シリーズ、映画『ハムナプトラ2』で敵役として登場するキャラクターを主人公とした物語です!

兄が殺され、仇をとるため戦う主人公《ドウェイン・ジョンソン》の炎に飛び込む体を張ったアクションも見れますよ。

 

映画『ハムナプトラ』シリーズ、ドウェイン・ジョンソンのファンならおすすめできる作品です。

しかし、1度見たら十分な作品で、全体を通してあまり盛り上がりがないまま終わってしまった印象も受けました!

 

映画『ハムナプトラ2』では半分バケモノとして登場する主人公ですが、今作品では英雄的な存在です(笑)

第13位:映画『センター・オブ・ジ・アース2/神秘の島』 (日本公開:2012年)

引用:https://eiga.com/movie/57419/photo/

2012年/アメリカ
上映時間:99分
監督:ブラッド・ペイトン
主演:ドウェイン・ジョンソン

 

・ストーリー:

・コメディ:

・映像:

おすすめ度:63/100点

2008年に公開した、ファンタジー映画『センター・オブ・ジ・アース』の第2弾です!

しかし、前作を見ていなくても楽しめる作品で、キャストも個性派俳優が揃っていますよ。

 

ある謎の島から救難信号をキャッチした青年が義理の父親と確認しに向かうことによって、思いもしない方向にストーリー展開していきます。

 

《ドウェイン・ジョンソン》は義理の父親役で登場しますが、他のキャストでも良いのでは?!と最初は疑問に思って見ていました!

しかし、デカいトカゲなども登場して人間に襲い掛かってくるので、こういった場面を見るとドウェインの出演は間違っていなかったと後々思いました(笑)

第12位:映画『ペイン&ゲイン/史上最低の一攫千金』 (日本未公開)

2013年/アメリカ
上映時間:129分
監督:マイケル・ベイ
主演:ドウェイン・ジョンソン

 

・衝撃:

・キャスト:

・映像:

おすすめ度:65/100点

ジムトレーナーの衝撃の実話をもとに描かれた作品です!

《マーク・ウォールバーグ》&《ドウェイン・ジョンソン》の2大共演で、アメリカン・ドリームを叶えるために、悪事にまで手を染めてしまう内容となっていますよ。

 

ジムトレーナの主人公はセレブな顧客を誘拐して、お金を取り上げていくのですが、作戦が全くスムーズにいかなくて笑えますよ!

信じられない様なミスばかりなのですが、すべて実話とのことで、衝撃を受けました。

 

僕はそれなりに楽しめた作品でしたが、好みがはっきり分かれる映画という印象を受け、筋トレやマッチョ好きならおすすめしますよ!

ラストには、実際の映像やその後の行方なども紹介され、最後まで信じられないような作品でした。

第11位:映画『ファースター/怒りの銃弾』 (日本公開:2011年)

2010年/アメリカ
上映時間:98分
監督:ジョージ・ティルマン・Jr.
主演:ドウェイン・ジョンソン

 

・ストーリー:

・アクション:

・映像:

おすすめ度:67/100点

銀行強盗をして成功したかと思われたが、誰かの裏切りによって兄が殺され、復讐に燃える弟のアクション作品です!

とてもシンプルなストーリーで、出所してすぐに兄の殺しに関わった人物を一人ひとり復讐しに行く内容となっていますよ。

 

アクション映画ではあるものの、ド派手な展開はとくにありません。

しかし、《ドウェイン・ジョンソン》の男くさい演技が◎でした!

 

今作ではドウェインのセリフが少ないようにも見受けられましたが、そのことによって迫力が増していました(笑)

ラストには、まさかの犯人の姿に意外性もあって良かったですよ。

続いて、第10位~ご紹介します!

第10位:映画『ウィッチマウンテン/地図から消された山』 (日本公開:2009年)

引用:https://eiga.com/movie/54444/photo/

2009年/アメリカ
上映時間:98分
監督:アンディ・フィックマン
主演:ドウェイン・ジョンソン

 

・ストーリー:

・アクション:

・映像:

おすすめ度:69/100点

禁断の山に隠された宇宙の謎を追い、2人の宇宙人を帰すまでの道のりが描かれた、SFファンタジー作品です!

気楽に子供~大人まで楽しめる映画ですよ。

 

《ドウェイン・ジョンソン》は、タクシードライバーの役を演じ、突然現れた2人の宇宙人を乗せてしまったことで、大事件に巻き込まれてしまいます!

 

大事件に巻き込まれながらも、いつの間にかドウェインが2人の宇宙人を守る立場になり、次々に追ってくる敵と戦うシーンが見所でした(笑)

少しB級っぽく感じますが、ストーリー自体は面白いので、ファンタジー映画好きならおすすめですよ!

第9位:映画『ベイウォッチ』 (日本未公開)

引用:https://eiga.com/movie/87197/photo/

2017年/アメリカ
上映時間:116分
監督:セス・ゴードン
主演:ドウェイン・ジョンソン

 

・ストーリー:

・キャスト:

・コメディ:

おすすめ度:70/100点

水難救助隊のライフガードたちの活躍が描かれた、人気TVドラマ『ベイウォッチ』をリメイクした作品です!

ドウェイン・ジョンソン以外にも豪華キャストたちが集結し、マッチョと色気がハンパない作品ですよ(笑)

 

最初から《ドウェイン・ジョンソン》が海に飛び込むシーンがあり、それなりのアクションが含まれていて楽しめました!

救助だけでなく、犯罪組織も関わる大事件に巻き込まれていくため、アクション&コメディを中心とした流れですよ。

 

下ネタも多く、笑いの部分もアメリカ映画らしさが感じられましたが、《ドウェイン・ジョンソン》の魅力を感じたいなら楽しめる映画です。

2大共演の《ドウェイン・ジョンソン》&《ザック・エフロン》がピンクの原付を二人乗りしているシーンに笑ってしまいました!

第8位:映画『セントラル・インテリジェンス』 (日本公開:2017年)

引用:http://eiga.com/movie/85145/photo/

2016年/アメリカ
上映時間:107分
監督:ローソン・マーシャル・サーバー
主演:ドウェイン・ジョンソン、ケビン・ハート

 

・ストーリー:

・アクション:

・コメディ:

おすすめ度:72/100点

高校の同級生だったおデブのイジメられっ子、そして高校の時の人気者だった唯一の友達、この二人が20年後コンビを組み、犯罪組織に立ち向かうアクション&コメディ作品です!

20年後の偶然の再会で、二人が成長していく姿も見所ですよ。

 

凸凹コンビのアクション&コメディ映画は他にもたくさんありますが、今作品はマジでウケますよ(笑)

アクションも含まれていますが、B級っぽい感じなので、コメディに期待して見ることをおすすめします!

 

最初からCGを使ったおデブの《ドウェイン・ジョンソン》の登場にも驚かされますよ!

犯罪組織と戦いながらも、まさかの真犯人にちょっぴり衝撃を受けました。

第7位:映画『G.I.ジョー/バック2リベンジ』 (日本公開:2013年)

引用:https://eiga.com/movie/57486/photo/

2013年/アメリカ
上映時間:111分
監督:ジョン・M・チュウ
主演:ドウェイン・ジョンソン

 

・ストーリー:

・アクション:

・映像:

おすすめ度:73/100点

2009年に公開された、映画『G.I.ジョー』シリーズの続編の作品です!

前作と比べて、さらにキャストが豪華になっていて、アクションの迫力もパワーアップしていますよ。

 

今作品は、前作を見ていたファンにとって期待が高かったものの、前作の流れを無視したようなストーリー展開に、日本ではあまり評価がよくありませんでした!

 

しかし、僕は映画『G.I.ジョー』シリーズの続編と考えなければ、けっこう楽しく見れましたよ(笑)

前作のキャストがほとんどいないのは残念でしたが、《ブルース・ウィリス》&《ドウェイン・ジョンソン》が会話するシーンに大興奮でした!

ちなみに、もうすでに映画『G.I.ジョー3』が動き始めているので、お見逃しなく。

第6位:映画『オーバードライブ』 (日本公開:2013年)

引用元:https://eiga.com/movie/78250/photo/

2013年/アメリカ
上映時間:112分
監督:リック・ローマン・ウォー
主演:ドウェイン・ジョンソン

 

・衝撃:

・家族愛:

・アクション:

おすすめ:75/100点

逮捕された息子を救うため、麻薬組織と戦う父親を描いた実話の物語です!

再婚した妻と幸せな生活を送っていた運送会社の社長(ジョン)だったが、前妻に引き取られた息子が友人に麻薬の包みを押しつけられて、逮捕されてしまいます。

 

主演はマッチョ俳優で知られるドウェイン・ジョンソンですが、強さが全面に出ているわけでなく、麻薬には素人の父親として戦う姿の演技が◎でした!

なので、アクションを期待するよりも運送会社社長として潜入し、悪い相手と取引をしながら真相を探る感じが父親として息子をどれだけ愛しているかがすぐに分かり、家族愛が伝わってきましたよ。

 

実話なので、父親目線で見る人は何か感じるものがある作品だと感じました。

父親のジョンが銃を買いにいくシーンには、絶対に息子を救う決意が現れていましたよ!

続いて、第5位~ご紹介です。

第5位:映画『ランペイジ/巨獣大乱闘』 (日本公開:2018年)

引用:http://eiga.com/news/20180327/14/1/01/

2018年/アメリカ
上映時間:107分
監督:ブラッド・ペイトン
主演:ドウェイン・ジョンソン

 

・ストーリー:

・キャスト:

・映像:

おすすめ度:77/100点

80年代のアーケード・ゲームを実写映画化した作品です!

マッチョでタフな学者が巨大化した3匹のゴリラ、ワニ、オオカミを食い止める内容となっています。

 

巨大化されてしまうある成分が地球に流出してしまい、動物たちが吸ってしまうところから思わぬ展開になっていきますよ!

《ドウェイン・ジョンソン》だからこそ務まる、マッチョな学者の役です。

 

テンポ良くストーリーは進んでいきますが、ド迫力な映像で楽しむ様な映画なので、とりあえず派手な作品を見たい人ならおすすめですよ!

第4位:映画『カリフォルニア・ダウン』 (日本公開:2015年)

引用:http://eiga.com/movie/79814/photo/

2015年/アメリカ
上映時間:114分
監督:ブラッド・ペイトン
主演:ドウェイン・ジョンソン

 

・ストーリー:

・アクション:

・映像:

おすすめ度:78/100点

レスキュー隊を演じる《ドウェイン・ジョンソン》が巨大大地震に立ち向かい、最愛の家族を守る物語です!

ヘリコプターを操縦して、家族を救いに行くシーンは見所ですよ。

 

ハリウッドだからこそできた、ド迫力な映像はハンパなかったです!

 

巨大地震によって家族がバラバラになりながらも《ヘリコプター》、《小型飛行機》、《ボート》など、あらゆる乗り物を使いこなし救おうとする主人公は、ドウェインだからこそピッタリの役柄でしたよ。

大パニック映画の中では、僕の中でベスト5に入る作品です!

第3位:映画『ワイルド・スピード/MEGA MAX』 (日本公開:2011年)

引用元:https://eiga.com/movie/55916/photo/

2011年/アメリカ
上映時間:130分
監督:ジャスティン・リン
主演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー

 

・ストーリー:

・キャスト:

・続編に期待:

おすすめ:88/100点

映画『ワイルド・スピード』シリーズの第5弾で、オールスターが集結した作品です!

ブラジルで裏社会を牛耳る悪の組織から1億ドルを強奪する計画を練り、凄腕ドライバー達を集め、実行するのだが・・。

 

今作品から人気キャラクターのホブス(俳優:ドウェイン・ジョンソン)が登場し、さらに盛り上がりと注目を集めた映画ですよ!

 

カーアクションだけではなく、銃撃戦や接近戦も見所なので、休む暇なくアクションが続きます(笑)

主演を務める《俳優:ヴィン・ディーゼル》VS《俳優:ドウェイン・ジョンソン》の肉弾戦は、かなり見応えありますよ!

ちなみに、映画『ワイルドスピード』シリーズをまとめた記事も書きましたので、参考にしてみてください▽

第2位:映画『ギャングスターズ/明日へのタッチダウン』 (日本未公開)

2006年/アメリカ
上映時間:125分
監督:フィル・ジョアノー
主演:ドウェイン・ジョンソン

 

・ストーリー:

・衝撃:

・感動:

おすすめ度:90/100点

アメフトを通じて、少年院に入る少年たちを更生させる、保護観察官を描いた実話の物語です!

少年院を出所した若者の大半は、再犯者か命を落としている現実と向き合った映画ですよ。

 

ケンカばかりの不良少年たちは、力が有り余っているため、アメフトにすべてをぶつけ、いつの日か仲間意識が芽生え始めるシーンに感動しました!

 

そして、嫌々やっていたアメフトも自ら取り組む様になり、少年たちと保護観察官の関係性が素晴らしかったです。

ラストには、実際の本人たちの映像とその後の行方も描かれていて、本当に見て損のない実話の映画でしたよ!

第1位:映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』 (日本公開:2018年)

引用:https://eiga.com/movie/87667/photo/

2017年/アメリカ
上映時間:119分
監督:ジェイク・カスダン
主演:ドウェイン・ジョンソン

 

・ストーリー:

・キャスト:

・続編に期待:

おすすめ度:92/100点

映画『ジュマンジ』シリーズの第2弾で、20年ぶりに続編作品です!

1996年に公開された第1弾とストーリーがうまく繋がっていて、日本公開前から話題になっていた映画でしたよ。

 

ストーリーは、地下室で居残りさせられた4人の学生が《ジュマンジ》というテレビゲームを見つけて、始めてしまうところから大きくストーリーが動き出します。

 

今作の《ジュマンジ》の舞台はジャングルなので、前作みたいなボード・ゲームを進めるごとに何が起こる?!と言った感じのワクワク感はなくなりました(汗)

 

しかし、それぞれのキャラクターのスキル&弱点が一番のポイントとなり、相変わらずのハラハラ・ドキドキ感はなくなっていません!

もちろん、世界中で大ヒットした第2弾だったので、早くも第3弾が動き始めていますよ!

合わせて読みたい記事
映画『ジュマンジ3』でも《ドウェイン・ジョンソン》の続投が決まっているので、まだまだ目が離せませんよ!
映画『ジュマンジ3』の記事はこちら

洋画おすすめの動画配信サイトランキング

僕が実際に洋画を見るのに使う、初回無料のお試しが出来る動画配信サービスがあります。
9社を表で比較してみました!

関連記事はこちら