映画『ボーダーライン2/ソルジャーズ・デイ』続編のあらすじ&日本公開日は?予告編が解禁!

映画のお兄さん
待望の続編の予告編が解禁されました!

こんにちは、映画大好きのサカイです!

『緊張感ある麻薬戦争をリアルに描いた、続編の最新情報は?!』

という知りたいあなたのために、徹底解説していきます!!

 

前作で、ヒロインとして出演していた女優エミリー・ブラントは出演しません!

そして、前作と違って今作の第2弾からは《ステファノ・ソッリマ監督》になりました。

 

この記事では、続編のサスペンス・アクション映画『ボーダーライン2/ソルジャーズ・デイ』を徹底解説していきます。

※随一更新していきます。

合わせて読みたい記事
僕のおすすめする、サスペンス映画をランキング形式にまとめました▽
サスペンス映画ベスト15はこちら

映画『ボーダーライン2/ソルジャーズ・デイ』あらすじ

↓予告編はこちら↓

2018年/アメリカ
上映時間:122分
監督:ステファノ・ソッリマ
主演:ベニチオ・デル・トロ

 

米政府は、アメリカで発生した自爆テロの犯人グループがメキシコ経由で不法入国したと感じ、国境地帯で密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れるといった任務をCIA特別捜査官のマットに命じるのだった。

マットはカルテルに家族を殺された暗殺者アレハンドロに協力を要請。

麻薬王の娘を誘拐し、カルテル同士の戦争を誘発しようと企てるのだった。

しかし、敵の奇襲やアメリカ政府の無慈悲な方針変更により、想定外の事態に陥る・・。

アレハンドロは、兵士としての任務や報復、人質の少女の命のはざまでジレンマに直面するのだった・・。

映画『ボーダーライン2/ソルジャーズ・デイ』の日本公開日は?!

映画『ボーダーライン2/ソルジャーズ・デイ』の日本公開日が決定しました!

日本公開日は、2018年11月16日です。

ルールなど通用しない、麻薬戦争の現実が描かれた続編が非常に楽しみですね!

続いて、見どころをご紹介していきます。

映画『ボーダーライン2/ソルジャーズ・デイ』の見所は?!

ここからは、映画『ボーダーライン2/ソルジャーズ・デイ』の見所を3つご紹介していきますね。

見所①:恐怖の暗殺者?!

今作の主役となる暗殺者アレハンドは、前作以上に強面な感じがありますよね?!

過去に家族の命を奪われ、復讐に燃えるアレハンドロの全ての動きに注目が集まるでしょう。

そして、前作でマットとコンビを組み作戦を進めていましたが、予告編を見る限りだと対立する可能性も?!

見所②:ルール一切なし!?

引用元:https://eiga.com/movie/89428/gallery/4/

今作でも、作戦の指揮官として役目を果たすマット!

相変わらずのルール無用な感じがマットらしいですよね?!

ですが、作戦に予期せぬ事態などが発生し、麻薬カルテルと戦うはずがメキシコ政府を敵にまわしてしまう感じですよ。

さすがのマットも追い込まれる状況?!

見所③:前作を越えたド迫力?!

今作では、前作以上のド迫力なアクションに期待が高まっていますよ!

前作では、緊張感あるストーリー展開で人物とのやり取りがメインとなっていました。

しかし、今作ではド派手な爆破シーンや銃撃戦などが増えているように見受けられ、アクション好きにも楽しめるような作品となっています。

映画『ボーダーライン』シリーズとして、今後も目が離せないことでしょう。

メイン・キャストは?!

ベニチオ・デル・トロ/アレハンドロ役

前作で一番のインパクトを残し、第2弾の今作で主役となる人物。

個人的な復讐もあり、絶対に相手を追い詰めるような感じが表面に出ています。

ちなみに、映画『ボーダーライン』の『Sicario(原題)』はスペイン語で《殺し屋》という意味ですよ。

まさに、アレハンドロのことですよね(笑)

ジョシュ・ブローリン/マット・グレイバー役

今作でも、ルール無しの作戦の指揮をとるマット!

麻薬カルテルと戦うはずが、敵の奇襲などで前作のようにスムーズにいかない模様。

暗殺者アレハンドロとも意見の対立が?!

イザベラ・モナー/娘役

アレハンドロの家族を殺した犯人の娘として登場します。

今作ではかなりの重要人物となり、暗殺者アレハンドロさえも、かばう様子が予告編で見受けられます!

犯人の娘によって、アレハンドロとマットの意見の衝突になる原因に?!

前作の『ボーダーライン』は?!

引用元:https://eiga.com/movie/83119/photo/

2015年/アメリカ
上映時間:121分
監督:ドゥニ・ビルヌーブ
主演:エミリー・ブラント

 

第1弾の映画『ボーダーライン』では、麻薬戦争の現実をリアルに描いた作品として話題となりました!

主演は女優エミリー・ブラントが務めていましたが、第2弾では暗殺者アレハンドロをメインに描かれているため、出演していません。

暗殺者アレハンドロ、そして指揮官マットをより知りたい人は前作から見ることをおすすめしますよ!

最後にまとめ

映画『ボーダーライン/ソルジャーズ・デイ』をご紹介させていただきました!

気になる続編のラストは、どういった展開になるのか、楽しみですね。

2018年もあと少しで終わってしまいますが、2019年も話題の洋画が多数日本公開しますよ!!

映画スケジュール(予定表2019)を洋画中心にまとめてみた!

2018.11.03

洋画おすすめの動画配信サイトランキング

僕が実際に洋画を見るのに使う、初回無料のお試しが出来る動画配信サービスがあります。
9社を表で比較してみました!

関連記事はこちら