カーアクション映画のおすすめランキング!カーチェイス洋画ベスト20は?!

どうも、キネマフリークのサカイです。

 

今回は、「定番の面白かったカーアクション映画ってなにがある?」という質問にお答えしていきます。定番のカーアクション映画でも名作はたくさんあるので、実際に視聴して「また見たくなる忘れられない作品」を20選に絞ってご紹介しますね。

 

「名作だったらまずこれは観てほしい」という作品をベスト50にまとめました。まだ観ていない作品も含まれているかと思うので、ぜひこちらも参考にどうぞ。
>>洋画おすすめの名作ランキングベスト50はこちら

目次

カーアクション映画をおすすめ順に並べてみた!

ここではカーアクション作品をベスト20にまとめてご紹介します。それでは、ランキングをどうぞ。

第20位:映画『ドライブ・アングリー』 (日本公開:2011年)

2010年/アメリカ
上映時間:101分
監督:パトリック・ルシエ
主演:ニコラス・ケイジ、アンバー・ハード

 

・ストーリー:

・キャスト:

・迫力:

おすすめ:60/100点

カルト教団に娘を殺されて孫を誘拐されてしまい、復讐と孫を取り返すために戦うアクション作品です。見所は豪華キャストによる銃撃戦とカーアクションで、とてもバランスが取れた作品ですが、B級感が伝わってくる作品でした。

 

僕は、今作品で追跡者の役を務めた《俳優:ウィリアム・フィクトナー》の演技がとても好きだったので、印象に残っています。好き嫌いがはっきり分かれる作品ですが、ニコラス・ケイジ映画が好きな人ならおすすめですよ。

第19位:映画『アウトバーン』 (日本公開:2016年)

引用:https://eiga.com/movie/84664/photo/

2016年/イギリス・ドイツ合作
上映時間:99分
監督:エラン・クリービー
主演:ニコラス・ホルト

 

・ストーリー:

・迫力:

・テンポ:

おすすめ:62/100点

元自動車泥棒が病気の彼女を救うため、お金が必要となり、犯罪組織を相手に戦うカーアクション作品です!高級車が次々に登場するので、車好きは興味を示す映画だと感じられますよ。

 

カーアクションはもちろん、銃撃戦もあるので、アクション映画好きも楽しめることでしょう。VODで偶然見ましたが、予想以上に面白かった内容です。

第18位:映画『チェイサー』 (日本公開:2017年)

引用:http://eiga.com/movie/86187/photo/

2017年/アメリカ
上映時間:94分
監督:ルイス・プリエト
主演:ハル・ベリー

 

・ストーリー:

・キャスト:

・追跡劇:

おすすめ:64/100点

息子が何者かに誘拐されてしまい、母親が助け出すため、車で追跡するカーアクション作品です!主演を務めた、女優ハル・ベリーの力強い母親の演技が印象的でした。

 

ド派手な感じはありませんが、今作品は緊張感あるカーアクションが見所で、ごく普通の母親が息子を救うために強い母親へ成長していく姿も同時に描かれていましたよ!最後の「誘拐する子を間違えたわね」の決めセリフが、まさに強い母親を感じされる一言でした。

第17位:映画『タイム・トゥ・ラン』 (日本公開:2014年)

引用:https://eiga.com/movie/83460/photo/

2015年/アメリカ
上映時間:93分
監督:スコット・マン
主演:ジェフリー・ディーン・モーガン

 

・ストーリー:

・キャスト:

・家族愛:

おすすめ:65/100点

重病の手術費がなかったために、カジノから現金強奪を決行するカーアクション作品!主役は、海外ドラマ『ウォーキング・デッド』で有名な俳優ジェフリー・ディーン・モーガンが務めています。その他にも《ロバート・デ・ニーロ》、《デビッド・バウティスタ》などが出演していて、けっこう豪華な顔ぶれΣ(・ω・ノ)ノ!

 

バスで逃走するため、カーアクションがメインとなりますが、しっかり家族愛も伝わってくる内容。裏社会を仕切る《ロバート・デ・ニーロ》のボス役はハマり役で、ラストの展開も予想を裏切られました。僕は偶然VODで見ましたが、見て損はない映画ですよ。

第16位:映画『逃走車』 (日本公開:2013年)

引用元:https://eiga.com/movie/77891/photo/

2012年/アメリカ
上映時間:85分
監督:ムクンダ・マイケル・デュウィル
主演:ポール・ウォーカー

 

・ストーリー:

・キャスト:

・映像:

おすすめ:67/100点

映画『ワイルドスピード』シリーズのイケメン俳優ポール・ウォーカーが主演となり、プロデューサーまで務めた作品です!空港で予約したレンタカーの手違いによって、見知らぬ携帯や拳銃、そして手足を縛られた女性などが車内から見つかり、事件に巻き込まれていく内容ですよ。

 

見所は、車中からの視点で映し出される臨場感とポール・ウォーカーの名演技です!次々にトラブルに巻き込まれていくため、予測できない展開も楽しめますよ。

第15位:映画『ナイトクローラー』 (日本公開:2015年)

引用元:https://eiga.com/movie/81238/photo/

2014年/アメリカ
上映時間:118分
監督:ダン・ギルロイ
主演:ジェイク・ギレンホール

 

・ストーリー:

・キャスト:

・映像:

おすすめ:70/100点

刺激的で衝撃的の映像を撮る為に、パパラッチがロサンゼルスを車で駆け巡る作品です!主演は、多彩な演技で有名な俳優ジェイク・ギレンホールですよ。

 

警察無線を傍受して事故や事件現場に車で向かい、過激な映像を撮ることによって、報酬を得るのです。

 

どんどんエスカレートしていくため、一線を越えてしまう主人公の姿は恐いですよ(笑)見所は、猛スピードを出して現場に向かうカーチェイスとジェイク・ギレンホールの独特な演技に注目してみてくださいね。

第14位:映画『モンスタートラック』 (日本未公開)

2016年/アメリカ
上映時間:105分
監督:クリス・ウェッジ
主演:ルーカス・ティル

 

・ストーリー:

・友情:

・コメディ:

おすすめ:72/100点

高校生の主人公トリップと正体不明のモンスターの青春と友情が詰まった、SFコメディ作品です!ある日、主人公が奇妙なモンスターと出会い、モンスターを捕獲しようとする大人達から守ろうとすることにより、大きくストーリー展開していきますよ。

 

アメリカンな車で逃走するカーアクションも見所で、山道を走るトラックのカッコいい姿も印象的でした!今作品は、子供~大人まで気楽に楽しめる映画なので、親子で見るのも◎ですよ。

第13位:映画『TAXI/タクシー』 (日本公開:1998年)

引用元:https://eiga.com/movie/46525/photo/

1997年/フランス
上映時間:85分
監督:ジェラール・ピレス
主演:サミー・ナセリ

 

・ストーリー:

・コンビ愛:

・続編に期待:

おすすめ:73/100点

マルセイユを舞台に車大好きのTAXIドライバー、8回も運転免許試験に落ち続けた刑事がコンビを組み、銀行強盗団に立ち向かう作品です!スピード感MAXでコメディ要素もあり、誰でも楽しめる映画ですよ。

 

大人気カーアクション作品として、2018年にはフランスで第5弾が公開されました!WOWOWで前作を振り返りましたが、ハチャメチャな凸凹コンビのキャラクター設定と超ハイテクなTAXIに興味をそそられますね。

第12位:映画『ミニミニ大作戦』 (日本公開:2003年)

引用元:https://eiga.com/movie/1540/photo/

2003年/アメリカ
上映時間:111分
監督:F・ゲイリー・グレイ
主演:マーク・ウォールバーグ

 

・ストーリー:

・キャスト:

・派手さ:

おすすめ:75/100点

1969年の映画『ミニミニ大作戦』をリメイクした作品です!仲間の裏切りによって仲間が殺され、盗まれた金塊を奪い返すために、ド派手なアクションが繰り広げられますよ。

 

見所は《爆弾、運転、金庫破り》のプロ達が大集結し、小型車のミニクーパーで街を大疾走します。

 

車だけではなく、ヘリコプターや船などの色んな乗り物が登場しますよ!キャストも他の作品では見れない主役級が勢揃いなので、お見逃しなく。

第11位:映画『マッドマックス/怒りのデス・ロード』 (日本公開:2015年)

引用元:https://eiga.com/movie/78097/photo/

2015年/アメリカ
上映時間:120分
監督:ジョージ・ミラー
主演:トム・ハーディ
R15

 

・ストーリー:

・キャスト:

・派手さ:

おすすめ:76/100点

1979年の映画『マッドマックス』シリーズの第4弾で、壊滅状態の世界を舞台に妻子を殺された主人公マックスの復讐劇が描かれています!前作から約30年ぶりとなる最新作だったために、非常に注目が集まった作品ですよ。

 

砂漠を支配する軍団VS女戦士&マックスのカーアクションが見所となっています。とくに砂嵐のシーンは映像がものすごい迫力でしたよ!自由を得るため、砂漠での凄まじいカーアクションの連続です(笑)

第10位:映画『デス・レース』 (日本公開:2008年)

引用元:https://eiga.com/movie/53845/photo/

2008年/アメリカ
上映時間:105分
監督:ポール・W・S・アンダーソン
主演:ジェイソン・ステイサム

 

・ストーリー:

・キャスト:

・迫力:

おすすめ:78/100点

1975年の映画『デス・レース2000』をリメイクした作品です!主演は、アクション俳優で大人気のジェイソン・ステイサムが務め、男らしくカッコいい演技に注目ですよ。

 

無実の罪で刑務所に収容された主人公が、凶悪犯たちの殺人レースに強制的に参加させられてしまいます。一言で表すと《マリオカート》と言えますね(笑)

 

ジェイソン・ステイサムのクールな演技や乱闘、ラストには復讐のため立ち向かう、誰にも予測できない展開が盛り上がりを見せますよ!カーアクション好きには必見の作品です。

第9位:映画『スピード』 (日本公開:1994年)

引用元:https://eiga.com/movie/45985/photo/

1994年/アメリカ
上映時間:116分
監督:ヤン・デ・ボン
主演:キアヌ・リーブス

 

・ストーリー:

・キャスト:

・アクション:

おすすめ:79/100点

猛スピードで走り続ける、時限爆弾を仕掛けられたバスにSWAT隊員が乗客を救うため、立ち向かう姿が描かれたノンストップ・カーアクション作品の名作です!SWATと爆弾魔の戦いがメインとなりますが、犯人の復讐や乗客一人ひとりの予測できない動きも見所ですよ。

 

キャストは主役級のキアヌ・リーブス&サンドラ・ブロックの豪華な共演作です。空港での爆破シーンは凄まじい迫力で、今でもはっきり覚えているほどでした(笑)アクション映画を見たいなら、絶対に外してはいけない1本ですよね。

第8位:映画『ドライヴ』 (日本公開:2012年)

引用元:https://eiga.com/movie/57216/photo/

2011年/アメリカ
上映時間:100分
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
主演:ライアン・ゴズリング
R15

 

・ストーリー:

・キャスト:

・バイオレンス:

おすすめ:80/100点

昼はハリウッド映画のスタントマンして、夜は強盗の逃走を手伝う凄腕ドライバーの姿が描かれています!何事もなく、静かに生活を送っていた主人公でしたが、一人の愛する女性によって裏社会を相手に立ち向かっていきますよ。

 

映画ポスターから内容までおしゃれで、一言で表すと《大人の映画》と言った感じですね。作品を見ていて、復讐する姿までおしゃれに見えてしまいました(笑)映画『ラ・ラ・ランド』で日本でも一気に有名になった、俳優ライアン・ゴズリングの一つひとつのセリフにも注目してみてくださいね。

第7位:映画『トランスポーター2』 (日本公開:2006年)

引用元:https://eiga.com/movie/53001/photo/

2005年/フランス・アメリカ合作
上映時間:88分
監督:ルイ・レテリエ
主演:ジェイソン・ステイサム

 

・ストーリー:

・ド派手:

・テンポ:

おすすめ:81/100点

ジェイソン・ステイサムの代表作品で、プロの運び屋を描いた作品です!前作の車はBMWでしたが、今作品からはアウディが活躍。そんな主人公が裕福な家庭の一人息子(ジャック)の送迎をしていたところ、何者かに誘拐されそうになり、立ち向かいます!

 

銃撃戦、カーアクション、接近戦の全てを詰め込んだド派手な映画ですよ。ジェイソン・ステイサムが大勢に囲まれても、一人で次々に倒していく姿は必見です!僕はテレビ放送の映画チャンネルで何度も観てますが、全く飽きません(笑)

第6位:映画『バッドボーイズ2バッド』 (日本公開:2003年)

引用元:https://eiga.com/movie/1280/photo/

2003年/アメリカ
上映時間:146分
監督:マイケル・ベイ
主演:ウィル・スミス、マーティン・ローレンス

 

・ストーリー:

・コンビ:

・続編に期待:

おすすめ:83/100点

マイアミ警察の主人公マイク&マーカスのコンビが、麻薬王に立ち向かう姿が描かれた作品です!前作から8年ぶりの続編で、2018年には第3弾の制作が進められていますよ。

 

注目してほしいポイントは、最強コンビが口喧嘩しながらも最高のコンビ・プレーを見せるところです(笑)

 

そして、主人公たちがフェラーリでギャングとカーチェイスするシーンは、迫力がハンパないですよ!第3弾で、俳優ウィル・スミス&マーティン・ローレンスはどういったコンビ・プレーを見せてくれるのか、非常に楽しみですね。

第5位:映画『60セカンズ』 (日本公開:2000年)

2000年/アメリカ
上映時間:117分
監督:ドミニク・セナ
主演:ニコラス・ケイジ

 

・ストーリー:

・キャスト:

・車好き:

おすすめ:84/100点

元伝説の車泥棒が弟の仕事のミスのために、24時間で50台の車を盗み出さなければならないカーアクション作品です!弟の命を救うため、泥棒のプロ達が集結しますが、予想しない出来事の連続でハラハラ・ドキドキの連続ですよ。

 

キャストも俳優ニコラス・ケイジ、女優アンジェリーナ・ジョリーなど豪華メンバーが勢揃いです。一番の見所は、最後の1台を盗み出すカーチェイスをするシーンが本当にカッコ良かったですよ!最後のカーチェイスで、空中に車が飛ぶシーンも注目して見てくださいね。

第4位:映画『ベイビードライバー』 (日本公開:2017年)

引用元:https://eiga.com/movie/87237/photo/

2017年/アメリカ
上映時間:113分
監督:エドガー・ライト
主演:アンセル・エルゴート

 

・ストーリー:

・キャラクター:

・見やすさ:

おすすめ:86/100点

音楽を聴く事によって、驚異のドライバー・テクニックを発揮する青年を描いた作品です!ですが、その運転技術を犯罪の逃走に使わされてしまい、事件に巻き込まれてしまいますよ。

 

今作品は一人ひとりのキャラクターが分かりやすく、それぞれ個性的で次の展開が気になる内容でした。カーアクションはもちろん、主人公が走って逃走するシーンも非常に楽しめますので、見所ですよ!音楽にノッて、車が走り出す主人公の姿は印象的でした(笑)

第3位:映画『ニード・フォー・スピード』 (日本公開:2014年)

引用元:https://eiga.com/movie/79942/photo/

2014年/アメリカ
上映時間:131分
監督:スコット・ウォー
主演:アーロン・ポール

 

・ストーリー:

・友情:

・車好き:

おすすめ:87/100点

大人気ゲームを実写映画化したド派手なカーアクション作品です!凄腕ドライバーの主人公は、仲間を殺されたことによって、死に追いやった男に復讐する内容ですよ。

 

高級車ばかり登場するので、車好きは必見の映画です。最高の仲間たちと車で復讐に向かうシーンは見所満載ですよ。

 

僕が一番興奮したシーンは、ヘリコプターで車を吊り下げるシーンです(笑)ラストの復讐を懸けたレースはドキドキの連続でしたが、作品の全体を通して、スカッとする映画でしたよ!

第2位:映画『ワイルド・スピード/MEGA MAX』 (日本公開:2011年)

引用元:https://eiga.com/movie/55916/photo/

2011年/アメリカ
上映時間:130分
監督:ジャスティン・リン
主演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー

 

・ストーリー:

・キャスト:

・続編に期待:

おすすめ:88/100点

映画『ワイルド・スピード』シリーズの第5弾で、オールスターが集結した作品!ブラジルで裏社会を牛耳る悪の組織から1億ドルを強奪する計画を練り、凄腕ドライバー達を集め、実行するのだが・・。

 

今作品から人気キャラクターのホブス(俳優:ドウェイン・ジョンソン)が登場し、さらに盛り上がりと注目を集めた内容です。カーアクションだけではなく、銃撃戦や接近戦も見所なので、休む暇なくアクションが続きます!今でもVODで全シリーズを見ますが、やっぱり面白いですね(^^♪

第1位:映画『スクランブル』 (日本公開:2017年)

引用元:https://eiga.com/movie/86990/photo/

2017年/フランス
上映時間:94分
監督:アントニオ・ネグレ
主演:スコット・イーストウッド

 

・ストーリー:

・若手キャスト:

・クラシック:

おすすめ:90/100点

クリント・イーストウッドの息子で、若手俳優の中でも大注目されているスコット・イーストウッドが主演を務めた作品です!今が旬の若手役者がメインとなり、映画『ブレード・ランナー2049』にも出演していた女優アナ・デ・アルマスも登場しますよ。

 

そして、今作の一番の見所は高級車だけでなく、今じゃ珍しいクラシック・カーも山ほど登場するため、他の作品とは一味違います。

 

クラシック・カーのド派手なアクションもあり、エンディングも納得のいく展開で◎。カーアクション作品として、今後もぜひ続編を制作してもらいたい映画でした。非常に希少価値の高い車も登場するので、車好きにおすすめですよ!

まとめ:カーアクションは迫力がスゴイ

カーアクション映画のおすすめランキングをご紹介しました。過去のカーアクション作品は、テレビ放送や動画配信サービスで何度見てもおもしろい名作揃いですよね。今や洋画をたっぷり視聴できるサービスは色々あるので、お時間ある時にぜひ観てみてください。それでは、また!

 

※更新情報(2020年12月27日):疲れ目、睡眠の質が気になる人へ

引用元:Net IB News

映画を気軽にスマホやタブレットで見れる時代ですが、ブルーライトによって疲れ目、睡眠の質の低下の原因にもなっています。スマホからテレビ視聴に変えるなど、生活リズムにメリハリが出ると、疲れ目対策、睡眠の質を高める効果にも繋がるので、ぜひ参考にどうぞ。

>>【テレビで見る人向け】映画見放題おすすめ3社はこちら

【最安値】映画館の割引方法3選

映画館を一般料金で鑑賞するのは高いです。

最安値の割引方法があるのに、
一般料金で観るのはもったいない!

割引料金で観れるからこそ映画館は
「最高のご褒美」です。

最安値であの迫力と臨場感は
他では体験できないですね。

無料で初回から利用できる割引方法しか
ご紹介していません。

関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください