ゾンビ映画おすすめランキング2018!名作順にベスト17でご紹介!!

映画のお兄さん
ゾンビ映画の名作ベスト17を発表します!

こんにちは、映画大好きのサカイです。

『日本でも人気が高いジャンル!ゾンビ映画のおすすめは?!』

という知りたいあなたのために、おすすめ作品をご紹介しちゃいます!!

 

僕が今まで見てきた中で「このゾンビ映画はおすすめ!」と感じた、ストーリー重視の作品はたくさんあります。

今回は、ゾンビ映画の中でもラストまで夢中に見れて、衝撃を受けた作品をランキング形式にベスト17にまとめました。

僕の一押しの映画を厳選したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※随一更新していきます。

合わせて読みたい記事
今までに見た、僕のおすすめ名作をランキング形式にまとめました▽
名作の映画ベスト50はこちら

目次

ゾンビ映画おすすめベスト17を発表!

ここからは、僕のおすすめするゾンビ映画おすすめベスト17を発表します!

ぜひ、最後までお楽しみください。

第17位:映画『デイ・オブ・ザ・デッド』 (日本公開:2008年)

引用元:https://eiga.com/movie/53702/photo/

2008年/アメリカ
上映時間:85分
監督:スティーブ・マイナー
R15

 

・ストーリー:

・ホラー:

・グロさ:

おすすめ度:66/100点

1985年の名作ホラー『死霊のえじき』をリメイクした作品です!

ある田舎町を舞台にゾンビVS人間のサバイバル・アクションが繰り広げられますよ。

 

主演を務めた女優ミーナ・スバーリは、今作が初のアクションに挑戦した作品としても有名です。

今作の見所は、身体能力が高すぎるゾンビがかなりの数で追いかけてくるところですよ!

しかも、空気感染もするので僕だったら絶対に生き残れる自信がないです(笑)

第16位:映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』 (日本未公開)

2004年/イギリス
上映時間:100分
監督:エドガー・ライト
主演:サイモン・ペッグ

 

・ストーリー:

・キャスト:

・コメディ:

おすすめ度:67/100点

低予算でありながら、イギリスで大ヒットを記録したゾンビ&コメディ映画です!

内容は、突然街に現れたゾンビの大群から恋人を救うため、立ち向かうダメ男の物語ですよ。

 

主演は、映画『ミッション・イン:ポッシブル』シリーズにも出演している、俳優サイモン・ペッグが務めています。

ゾンビに立ち向かいながらも、サイモン・ペッグらしい面白演技がとくに見所となっていますよ!

グロさも少ないので、ゾンビ映画をこれから見始める人ならおすすめですよ。

第15位:映画『インド・オブ・ザ・デッド』 (日本公開:2015年)

引用:https://eiga.com/movie/81765/photo/

2013年/インド
上映時間:107分
監督:ラージ・ニディモールー、クリシュナ・DK
主演:サイフ・アリー・カーン

 

・ストーリー:

・友情:

・続編に期待:

おすすめ度:69/100点

インドの有名なリゾート地でパーティーを楽しむ予定が、ゾンビの大群に襲われる3人組のパニック・コメディ作品です!

ロシアン・マフィア主催のパーティーがあると聞いてやって来たおバカ3人組でしたが、まさかのゾンビ出現にビビりまくる男達(笑)

 

3人の会話のやり取りも面白いですが、脱出方法を考えているうちに登場キャラも増え、盛り上がりを見せる展開が◎でした!

生き残るため、3人組の仲良し男達が友情を発揮する姿は見所です(笑)

ゾンビ映画の中では非常に見やすくて、ちょっぴり感動する要素も含まれていましたよ。

僕は、続編も期待したい1本です!!

合わせて読みたい記事
日本でも注目を集めている、僕のおすすめインド【ボリウッド】映画をランキング形式にまとめました▽
インド【ボリウッド】映画ベスト15はこちら

第14位:映画『マギー』 (日本公開:2016年)

引用元:https://eiga.com/movie/79912/photo/

2014年/アメリカ
上映時間:95分
監督:ヘンリー・ホブソン
主演:アーノルド・シュワルツェネッガー

 

・ストーリー:

・キャスト:

・親子の絆:

おすすめ度:69/100点

《アーノルド・シュワルツェネッガー》が主演を務めた、初のゾンビ映画です!

ウイルスによって、ゾンビ化してしまう近未来が舞台となっています。

主人公の娘は、ゾンビに噛まれてウイルスに感染してしまい、徐々に進行していく娘と家族のちょっぴり感動する物語となっていますよ。

 

娘の姿が少しずつ変化していく中、父親は何も出来ずに見守ることしか出来ない、アーノルド・シュワルツェネッガーの演技が見所となっています!

ゾンビ映画の中でも、他とは違う視点から描かれていて、僕はゾンビ映画で感動してしまいました。

アクションはほぼないですが、人間ドラマ重視のゾンビ映画を見たい人ならおすすめですよ!

第13位:映画『28週後…』 (日本公開:2008年)

引用元:https://eiga.com/movie/1915/photo/

2007年/イギリス・スペイン合作
上映時間:104分
監督:ファン・カルロス・フレスナディージョ
主演:ロバート・カーライル
R15

 

・ストーリー:

・キャスト:

・衝撃:

おすすめ度:70/100点

新種のウイルスによって、人間たちが次々に凶暴化してしまう、映画『28日後…』の続編です!

舞台はイギリスで、最初からラストまで衝撃を受ける作品でしたよ。

 

ある一家がゾンビに襲われたことによって、大きくストーリー展開していき、一気に大パニックになります。

僕自身は、俳優ジェレミー・レナーのアクションが見れて嬉しかったのですが、同時に衝撃的でした。

今作のゾンビはおもいっきり走ってくるので、ホラー要素が強い作品を見たい人ならおすすめですよ!

第12位:映画『ドーン・オブ・ザ・デッド』 (日本公開:2004年)

引用元:https://eiga.com/movie/1355/photo/

2004年/アメリカ
上映時間:100分
監督:ザック・スナイダー
主演:サラ・ポーリー
R15

 

・ストーリー:

・キャスト:

・衝撃:

おすすめ度:72/100点

1978年の名作『ゾンビ』をリメイクした作品です!

突然、街がゾンビ化していき、生き残った人たちでショッピングモールに逃げ込んで、生き残りを懸けた戦いが繰り広げられますよ。

 

今作は一人ひとりのキャラクターが分かりやすく、ゾンビ以外にも印象に残るシーンが非常に多かった作品でした。

最初から女の子のゾンビが登場した時は衝撃でしたが、とてもテンポの良い印象を受けましたよ。

僕自身は最後のエンディングが一番印象的だったので、お見逃しなく!

第11位:映画『ゾンビランド』 (日本公開:2010年)

引用元:https://eiga.com/movie/54435/photo/

2009年/アメリカ
上映時間:88分
監督:ルーベン・フライシャー
主演:ウッディ・ハレルソン
R15

 

・ストーリー:

・キャスト:

・見やすさ:

おすすめ度:74/100点

全米ナンバー1大ヒットを記録し、豪華キャストを迎えたゾンビ映画です!

ウイルスによって、人類の大半がゾンビ化している世界が舞台となっていますよ。

ある引きこもりの青年が《32のルール》を作ったことで生き延びていたが、何人かの生き残った人たちと出会ったことによって、大きくストーリー展開していきます。

 

主演は『ソーシャル・ネットワーク』などに出演している、俳優ジェシー・アイゼンバーグが務めています。

その他にも『ラ・ラ・ランド』で一気に大注目された、女優エマ・ストーンも出演しているので、目が離せませんよ。

一番印象に残るシーンは、ジェット・コースターを乗りながらゾンビと戦うのが面白かったです(笑)

2019年には続編も公開されますよ!

合わせて読みたい記事
続編の第2弾も合わせて参考にしてみてください▽
映画『ゾンビランド2』の記事はこちら

第10位:映画『バイオハザード』 (日本公開:2008年)

引用元:https://eiga.com/movie/1019/photo/

2001年/アメリカ
上映時間:101分
監督:ポール・W・S・アンダーソン
主演:ミラ・ジョボビッチ

 

・ストーリー:

・キャスト:

・映像:

おすすめ度:76/100点

大人気ゲームを女優ミラ・ジョボビッチで実写映画化した作品です!

古い洋館の地下にある研究所が舞台となり、主人公アリスと特殊部隊がゾンビに立ち向かいますよ。

最初はアリスも記憶をなくした普通の女性なのですが、ゾンビと戦っていくうちに、頼もしい戦士へと変化していくところに注目です!

 

ゲームを知っているなら、より楽しめる作品でしょう。

レーザーの部屋に閉じ込められるシーンから、一気に研究所が恐怖へ変わっていきますよ。

大人気シリーズとして第6弾まであるので、第1弾から見ることをおすすめします!

第9位:映画『REC/レック』 (日本公開:2008年)

引用元:https://eiga.com/movie/53553/photo/

2007年/スペイン
上映時間:77分
監督:ジャウマ・バラゲロ、パコ・プラサ
主演:マヌエラ・ベラスコ
R15

 

・ストーリー:

・ホラー:

・映像:

おすすめ度:78/100点

ゾンビ映画の中でも、手持ちカメラ目線で描かれた最も恐い作品です!

女性レポーターが通報を受けた消防士と同行して、アパートに向かった先が舞台となりますよ。

 

自分がその場にいる様な感覚で見れるため、ゾンビが急に画面に映るときはゾッとします(汗)

スペインの代表作品でもあり、大人気シリーズとして第4弾までありますよ。

最初は明るい表情をしていた主人公の女性レポーターもアパートに着いてからは、一気に表情が変わるのでお見逃しなく!

第8位:映画『アイ・アム・レジェンド』 (日本公開:2007年)

引用元:https://eiga.com/movie/53135/photo/

2007年/アメリカ
上映時間:100分
監督:フランシス・ローレンス
主演:ウィル・スミス

 

・ストーリー:

・アクション:

・映像:

おすすめ度:80/100点

名作のSF小説『地球最後の男』を映画化した作品です!

主演は大人気俳優のウィル・スミスが務め、誰でも見やすい《SF》&《アクション》要素を取り入れた映画となっていますよ。

 

ウイルス感染よって、地球のほとんどが絶滅した中で生き残った主人公が、突然変異した敵と戦うシーンが見所となります!

そして、主人公の人類再生を諦めない姿も見逃せませんよ。

ラストの展開には少し衝撃でしたが、見終わった後はタイトルの《レジェンド》の意味が分かった様な気がした作品です。

主人公と愛犬サムの家族愛も感動的でした。

第7位:映画『新感染/ファイナル・エクスプレス』 (日本公開:2017年)

引用元:https://eiga.com/movie/86189/photo/

2016年/韓国
上映時間:118分
監督:ヨン・サンホ
主演:コン・ユ

 

・ストーリー:

・感動:

・映像:

おすすめ度:82/100点

韓国を代表するゾンビ映画で、舞台は高速鉄道となっています!

幼い娘とプサン行きの電車に乗っていた親子がメインとなりますが、一緒にゾンビと戦う乗客一人ひとりの背景も映し出されていて、僕自身が夢中で最後まで見れた作品ですよ。

 

普通のサラリーマンの父親が娘を守るため、必死にゾンビと戦う姿は必見です!

ゾンビ映画らしい大パニックはもちろん、《人間ドラマ》も含まれていて感動してしまいました。

もうすでに、ハリウッドでリメイクすることも決まっているので、これからも目が離せませんよ。

第6位:映画『バイオハザード/ヴェンデッタ』 (日本公開:2017)

引用元:https://eiga.com/movie/83301/photo/

2017年/日本
上映時間:97分
監督:辻本貴則

 

・ストーリー:

・迫力:

・映像:

おすすめ度:82/100点

大人気ゲームを基に、CG技術で描かれたアニメCG映画です!

ゲームの中のキャラクター達がそのまま映画の中で活躍しているため、ファンとしては見逃せないアニメ作品ですよ。

 

一番の見所は、主人公クリス&レオンのド派手なアクションです!

とくに、2人が並んで大量のゾンビに銃をぶっ放すシーンはカッコ良すぎます(笑)

最新のCG技術を活かした作品なので、映像の迫力も感じることが出来ますよ。

ゾンビ映画のグロいシーンが苦手な人は、シリーズ第3弾まであるアニメCG映画『バイオハザード』シリーズをおすすめします!

引き続き、第5位からのご紹介です!

第5位:映画『ウォーム・ボディーズ』 (日本公開:2013年)

引用元:https://eiga.com/movie/77983/photo/

2013年/アメリカ
上映時間:98分
監督:ジョナサン・レビン
主演:ニコラス・ホルト

 

・ストーリー:

・恋愛:

・面白い:

おすすめ度:84/100点

今作品は、ゾンビ映画の中でも新しい視点から描かれた作品です!

食べるつもりで襲ったつもりの女性に一目ぼれしてしまったゾンビをメインに描かれた内容となっていますよ。

 

ゾンビ映画らしい恐さはないものの、コメディ要素や見やすさ、恋愛要素などをたっぷり含んだ作品なので、僕の中ではお気に入りです!

ゾンビ役として主演を務めた、俳優ニコラス・ホルトの表情がかなり上手いですよ。

今作品は、ゾンビ映画の固定概念を見事打ち壊してくれた作品なので、おすすめですよ。

第4位:映画『アイアムアヒーロー』 (日本公開:2016年)

引用元:https://eiga.com/movie/80485/photo/

2016年/アメリカ
上映時間:127分
監督:佐藤信介
主演:大泉洋
R15

 

・ストーリー:

・キャスト:

・映像:

おすすめ度:85/100点

ベストセラーした漫画を実写映画化したパニック・ゾンビ映画です!

冴えない漫画家が主人公となり、勇気を振り絞ってゾンビと戦うシーンが見所となりますよ。

漫画家の冴えない日常から、突然街がゾンビで大パニックとなり、主人公の焦り具合も面白かったです(笑)

 

主人公は俳優の《大泉洋》が演じており、かなりのハマリ役なので注目して見てみてくださいね。

その他のキャストにも長澤まさみ、有村架純などの日本豪華キャストが集結していて、迫力もありました!

僕は映画館で見ましたが、予想以上のかなり楽しめた作品でしたよ!

第3位:映画『ゾンビーズ』 (日本未公開)

引用:https://eiga.com/movie/89068/photo/

2018年/アメリカ
上映時間:85分
監督:ポール・ホーエン
主演:メグ・ドネリー、マイロ・マンハイム

 

・ストーリー:

・ミュージカル:

・恋愛:

おすすめ度:86/100点

人間の女子高生とゾンビ男子高校生の禁断の恋の行方を、ダンスやミュージカルなどで描いた作品です!

周りに反対されながらも、自分らしく自由に生きようとする主人公に勇気や感動をもらえる映画ですよ。

 

ダンス・ミュージカルシーンは、非常にレベルの高さを感じ、見ているだけで明るくなれるような内容でした。

偏見や価値観などを考えさせられる作品で、ストーリーも意外と奥が深い印象を受けましたよ。

ゾンビの男子高校生だけでなく、人間の女子高生にも秘密が隠されていて、正直に生きようとする姿は感動しますよ!

第2位:映画『ワールド・ウォーZ』 (日本公開:2013年)

引用元:https://eiga.com/movie/56999/photo/

2012年/アメリカ
上映時間:116分
監督:マーク・フォースター
主演:ブラッド・ピット

 

・ストーリー:

・キャスト:

・続編に期待:

おすすめ度:87/100点

ブラット・ピット主演で、ベストセラー小説を映画化した超大作です!

世界中に謎のウイルスが広がった事により、一気に街がゾンビ化して、テンポの良い作品でしたよ。

 

元国連捜査官の主人公は、ワクチン開発の情報収集で世界を飛び回るため、作品の規模の大きさを感じました。

ハラハラ・ドキドキの連続で、目が離せない展開ばかりです(笑)

僕が一番ドキドキしたのは、飛行機の中で戦うシーンなので、ぜひ見てみてください!

合わせて読みたい記事
続編の第2弾もまとめたので、参考にしてみてください▽
映画『ワールド・ウォーZ2』の記事はこちら

第1位:映画『ゾンビーワールドへようこそ』 (日本公開:2016年)

引用元:https://eiga.com/movie/84580/photo/

2015年/アメリカ
上映時間:93分
監督:クリストファー・ランドン
主演:タイ・シェリダン

 

・ストーリー:

・友情:

・コメディ:

おすすめ度:88/100点

大親友の冴えないボーイスカウト3人組が、突然街に出現したゾンビの大群と戦う姿が描かれた作品です!

今作は《友情》、《恋》、《青春》など、たくさんの要素が含まれた映画で、とても見やすくてラストまでしっかり楽しめますよ。

マジな感じのグロいゾンビ映画ではないため、誰でも楽しめる1本です(笑)

 

主人公は、話題作『レディ・プレイヤー1』でも主演を務めた、俳優タイ・シェリダンですよ。

ゾンビ映画の中でも、スッキリした終わり方も◎でした。

あまりゾンビ映画を見慣れない人にもおすすめしたい作品ですよ!

洋画おすすめの動画配信サイトランキング

僕が実際に洋画を見るのに使う、初回無料のお試しが出来る動画配信サービスがあります。
9社を表で比較してみました!

関連記事はこちら