戦争映画おすすめランキング!洋画ベスト15でご紹介!!

どうも、キネマフリークのサカイです。

 

今回は、「衝撃的な戦争映画を教えて!」という質問にお答えしていきます。

 

戦争映画の中でも衝撃作や名作はたくさんあるので、1度見て印象に残った作品を15選に絞ってご紹介します。

戦争映画おすすめベスト15を発表!

ここでは、衝撃的で印象に残っている作品を15選ご紹介します。それでは、ランキングをどうぞ。

第15位:映画『ザ・ウォール』 (日本公開:2017年)

引用元:https://eiga.com/movie/87399/photo/

2017年/アメリカ
上映時間:90分
監督:ダグ・リーマン
主演:アーロン・テイラー=ジョンソン

 

・ストーリー:

・キャスト:

・緊張感:

おすすめ度:68/100点

イラク戦争を舞台に2人のアメリカ兵がスナイパーに狙われ、その場から脱出するといったストーリー展開です。しかし、どこから狙ってきているかわからない状態から、緊張感あふれる脱出劇が描かれていますよ。

 

戦争映画の激しい戦いを避けたいなら、とても見やすい作品だと感じます!あと、アクション映画に定評があるダグ・リーマン監督作品ですよ。

第14位:映画『ネイビーシールズ』 (日本公開:2012年)

引用元:https://eiga.com/movie/57891/photo/

2012年/アメリカ
上映時間:110分
監督:スコット・ウォー、マイク・マッコイ

 

・ストーリー:

・リアル:

・緊張感:

おすすめ度:73/100点

米軍特殊部隊とテロリストの戦いが描かれた作品ですが、本当に使われている戦術や戦い方をそのまま映画にして描かれている衝撃作品です。本作に登場する武器や兵器はすべて本物!!

 

元々は俳優が出演する予定だったのを本物の隊員が出演しています。出演した隊員の本名は伏せられていますが、リアルさはかなりハンパないですね。今作品は、映画チャンネルで見たのでとても印象に残っています。

第13位:映画『父親たちの星条旗』 (日本公開:2006年)

引用元:https://eiga.com/movie/33411/photo/

2006年/アメリカ
上映時間:132分
監督:クリント・イーストウッド
主演:ライアン・フィリップ

 

・ストーリー:

・キャスト:

・人間ドラマ:

おすすめ度:74/100点

クリント・イーストウッド監督が贈る、太平洋戦争での硫黄島の戦いが描かれた作品です。日米双方からの視点を描いた作品で、2部作となっています。今作はアメリカ視点となります。

 

戦争映画となると戦いがメインと思われますが、今作品は生き残った兵士3人のその後が描かれた映画です。なので、人間ドラマがメインではありますが、帰還した兵士の心境などがリアルに描かれている作品だと感じました。

 

戦争映画での戦いよりも、一人一人の心境や状態から見た視点を見たい人ならおすすめですよ。あと、戦争映画のイメージが全くなかった俳優ポール・ウォーカーが出演している事に僕はビックリしました(笑)

第12位:映画『ティアーズ・オブ・ザ・サン』 (日本公開:2003年)

引用元:https://eiga.com/movie/1688/photo/

2003年/アメリカ
上映時間:118分
監督:アントワン・フークア
主演:ブルース・ウィリス

 

・ストーリー:

・キャスト:

・カッコいい:

おすすめ度:76/100点

ブルース・ウィリス主演の戦争映画&救出劇が描かれていて、かなりカッコイイ作品でした!内戦下のアルジェリアで特殊部隊は、難民治療にあたっている女医だけを救出するように命じられるのです。

 

その他の28人の難民まで救出することを決意し、300人ほどの反乱軍と戦い抜く姿が描かれた感動作品ですよ!

 

今作品は、主演を務めたブルース・ウィリスだけじゃなく、キャスト全員がカッコイイ映画で男らしい団結力が見所でした。名作『トレーニング・デイ』、『イコライザー』などの映画を手がけてきたアントワン・フークア監督作品なのでおすすめですよ。

第11位:映画『エネミーライン』 (日本公開:2002年)

引用元:https://eiga.com/movie/1384/photo/

2001年/アメリカ
上映時間:106分
監督:ジョン・ムーア
主演:オーウェン・ウィルソン

 

・ストーリー:

・キャスト:

・スリル:

おすすめ度:77/100点

ボスニア上空から敵地を偵察する兵士2人だったが、突然攻撃を受けて不時着することになりますが・・。一人の仲間がセルビア軍に殺されてしまい、生き残った兵士1人がセルビア軍の敵地から脱出する姿が描かれた作品です。

 

僕は、今作品で主演を演じた俳優オーウェン・ウィルソンが好きになりましたよ(笑)戦いも迫力があり、敵から何度も見つかりそうになる緊張感あふれるシーンも見所でした。映画『エネミーライン』シリーズは第4弾までありますが、僕が一押しなのはもちろん今作の第1弾ですよ。

第10位:映画『ハート・ロッカー』 (日本公開:2010年)

引用元:https://eiga.com/movie/53910/photo/

2008年/アメリカ
上映時間:131分
監督:キャスリン・ビグロー
主演:ジェレミー・レナー

 

・ストーリー:

・キャスト:

・人間ドラマ:

おすすめ度:79/100点

イラク・バグダッドで爆発物処理をしていた特殊部隊EODの活躍が描かれた作品です。870個以上の爆弾を処理してきた男がリーダーとしてやってくるのだが、部下の兵士は無茶ばかりするリーダーについていけなくなり、さらに危険にさらされることにもなるのだが・・・。

 

今作品は、爆発処理班をメインに描かれているので、毎回爆発を処理するシーンに緊張感がかなりありました!

 

無茶ばかりするリーダーと部下の2人とのやり取りも多く描かれているので、人間ドラマ要素もしっかりあって、最後まで色んな展開が気になる映画でしたよ。僕は、主演を演じた俳優ジェレミー・レナーのファンでもあるので、たまたま見た作品でしたが、また一つ良い映画に出会えた気がしました。

第9位:映画『ALONE/アローン』 (日本公開:2018年)

引用元:https://eiga.com/movie/88960/photo/

2016年/アメリカ・イタリア・スペイン合作
上映時間:106分
監督:ファビオ・レジナーロ、ファビオ・ガリオーネ
主演:アーミー・ハマー

 

・ストーリー:

・キャスト:

・究極の選択:

おすすめ度:82/100点

テロリストの暗殺に失敗し、砂漠に迷い込んだ兵士2人が地雷原に入ってしまったことにより、究極の選択に迫られるアクション・スリラー作品です!主演は、今注目の俳優で知られているアーミー・ハマーが務めましたよ。

 

戦争映画の激しい戦いは描かれておらず、地雷を踏んでしまった主人公が救出が来るまでの52時間を生き抜く姿が描かれた作品です。

 

主人公が絶体絶命の死ぬ間際に考えること、そして最後に決断した究極の選択に映画を見ている人を惹きつけるものがありました。俳優アーミー・ハマーの演技力や魅力がいっぱい詰まった作品なので、ぜひ見て欲しい作品です。

第8位:映画『プラトーン』 (日本公開:1987年)

引用元:https://eiga.com/movie/48837/photo/

1986年/アメリカ
上映時間:120分
監督:オリバー・ストーン
主演:チャーリー・シーン

 

・ストーリー:

・キャスト:

・衝撃:

おすすめ度:83/100点

ベトナム戦争を舞台に、過酷な戦場と兵士の本音が描かれています。1980年代の名作である戦争映画で、監督を務めたオリバー・ストーンの代表作品でもあります。

 

出演しているチャーリー・シーンも若手ながら良い演技で注目された映画ですよ!本当の敵は《意外と近くにいる》と思わせる様な作品で、ポスターに乗っている両手を上げるシーンはかなり衝撃でした・・。WOWOWで何度も見てますが、記憶に残る名作ですよね。

第7位:映画『ローンサバイバー』 (日本公開:2014年)

引用元:https://eiga.com/movie/79516/photo/

2013年/アメリカ
上映時間:121分
監督:ピーター・バーグ
主演:マーク・ウォールバーグ

 

・ストーリー:

・キャスト:

・奇跡:

おすすめ度:84/100点

特殊部隊ネイビーシールズ創設以来の惨事と言われた《レッド・ウイング作戦》について描かれた作品です。レッド・ウイング作戦は、ターリバーンの幹部殺害のために行われた作戦でしたが、19名が戦死する最悪な出来事として歴史に残っています。

 

衝撃の出来事をマーク・ウォールバーグ主演で描かれた、衝撃作品です!

 

アフガニスタン山岳地帯で、偵察活動をしていた4人のシールズ隊員が200人以上のタリバン兵との凄まじい戦いが描かれていますよ。実際に起きた出来事を映画化した作品なので、ぜひ見て欲しい映画です。

第6位:映画『13時間/ベンガジの秘密の兵士』 (日本未公開)

2016年/アメリカ
上映時間:144分
監督:マイケル・ベイ
主演:ジョン・クラシンスキー

 

・ストーリー:

・キャスト:

・迫力:

おすすめ度:86/100点

マイケル・ベイ監督が2012年にリビアで実際に起きた、イスラム過激派によるアメリカ領事館襲撃事件を映画化した作品!日本未公開でしたが、映画ファンの間でも日本公開を望む声が多かった作品でした。

 

タイトル通り、13時間の激しい戦いはかなりの迫力でしたし、仲間と力を合わせて戦い抜くラストのシーンは見所。今作品も実際に起きた出来事だと考えると、胸が痛くなる映画でした。WOWOWで2度見ましたが、忘れられない内容ですね。

第5位:映画『フューリー』 (日本公開:2014年)

引用元:https://eiga.com/movie/80328/photo/

2014年/アメリカ
上映時間:135分
監督:デビッド・エアー
主演:ブラッド・ピット

 

・ストーリー:

・キャスト:

・感動:

おすすめ度:87/100点

第2次世界大戦、1台の戦車で300人のドイツ軍との戦いが描かれた感動作品です。徐々に絆を深めていった5人の兵士ですが、ドイツ軍の大群が向かってくることが分かっていても逃げない5人の勇気ある行動とラストに感動しました(涙)

 

今作の戦争ドラマはブラット・ピットが主演を務め、ベテランと感じる演技力に僕は作品に惹きつけられました!リアルに描かれていながらも、5人の戦い抜くカッコイイ姿にも注目して見て欲しいですね。

第4位:映画『ホース・ソルジャー』 (日本公開:2018年)

引用元:https://eiga.com/movie/88564/photo/

2018年/アメリカ
上映時間:130分
監督:ニコライ・フルシー
主演:クリス・ヘムズワース

 

・ストーリー:

・キャスト:

・アクション:

おすすめ度:89/100点

9.11事件後にわずか12人でアフガニスタンに乗り込んで、テロ集団と戦い抜く姿が描かれた作品です。もちろん、今作品も実際に起きた出来事から映画化したものですよ。

 

一言で言えば、《男の熱いドラマ》といった感じで、アクションの要素も非常に多く、アクション映画好きも楽しめる1本ですよ。

 

主演は、俳優クリス・ヘムズワースが務めました。そして、妻役に実際の奥さんである女優エルザ・パタキーが出演し、初の夫婦共演を果たした作品でもあります!実際の夫婦共演なのでリアルに感じる部分も多く、映画館で見れて良かった作品でした。

第3位:映画『アメリカン・スナイパー』 (日本公開:2015年)

引用元:https://eiga.com/movie/81224/photo/

2014年/アメリカ
上映時間:132分
監督:クリント・イーストウッド
主演:ブラッドリー・クーパー

 

・ストーリー:

・キャスト:

・伝説:

おすすめ度:91/100点

米軍史上最強とまで言われた狙撃手であった《クリス・カイル》の自伝を映画化した作品です。クリス・カイルは狙撃の腕で仲間を救い、[レジェンド]と言われていました。

 

クリス・カイルの存在は敵からも広く存在を知られていて、懸賞金をかけられていたほどですよ!監督はクリント・イーストウッドが務め、主演&プロデューサーは俳優ブラッドリー・クーパーが務めました。

第2位:映画『プライベート・ライアン』 (日本公開:1998年)

1998年/アメリカ
上映時間:170分
監督:スティーブン・スピルバーグ
主演:トム・ハンクス

 

・ストーリー:

・キャスト:

・友情:

おすすめ度:93/100点

戦争映画の中でも、名作として記憶に残る映画『プライベート・ライアン』です。第2次世界大戦を舞台に過酷な戦いが描かれていますが、一番の見所は仲間や友情。

 

3人の兄を戦争で亡くしたライアン2等兵を探し出すため、ミラー大尉&仲間達は動き出しますが、敵と出くわすなどして、凄まじい戦いが繰り広げられます。

 

キャスト陣も凄い豪華で、若手として活躍していたマット・デイモン!そして、まだ無名時代のヴィン・ディーゼルもちょい役で出演していますよΣ(・ω・ノ)ノ!

第1位:映画『ハクソー・リッジ』 (日本公開:2017年)

引用元:https://eiga.com/movie/85972/photo/

2016年/アメリカ・オーストラリア合作
上映時間:139分
監督:メル・ギブソン
主演:アンドリュー・ガーフィールド

 

・ストーリー:

・キャスト:

・衝撃:

おすすめ度:95/100点

第2次世界大戦の沖縄戦で、75人の命を救った米軍衛生兵のデズモンド・ドスの実話の物語です!2017年に、ベテラン俳優でもあるメル・ギブソンが監督を務め、衝撃の戦争映画を手がけました。

 

戦争時代に武器を持つ事に反対したデズモンド・ドスは、たった一人で倒れている仲間、そして敵までも治療して救い出そうとする姿に感動しました(涙)

 

今作品はグロイシーンも多いので苦手な人にはおすすめしませんが、戦争映画が好きな人なら絶対に見て欲しい作品です。衝撃&感動はもちろん、実際に実在した人物なので、たくさんの人に知ってもらいたい映画だと感じましたよ。

まとめ:戦争映画は名作ばかり

戦争映画のおすすめランキングをご紹介しました。過去の作品は、何度見ても忘れられない衝撃的な内容ですよね。とても印象に残る名作ばかりなので、お時間ある時にぜひ観てみてください。それでは、また!

 

※スマホ・タブレットで映画見る人なら

スマホ・タブレットで映画見る人なら
目の疲れも意識しましょう。

スマホなどはブルーライト
多く含まれています。

テレビのほうが目の疲れのストレスが
減る効果があります。
映画見放題サイトおすすめ3社【”テレビで見る人”向け】

※無料の初回限定特典がある
サービスなのでかなりお得だと思います。

【最安値】映画館の割引方法3選

映画館を一般料金で鑑賞するのは高いです。

最安値の割引方法があるのに、
一般料金で観るのはもったいない!

割引料金で観れるからこそ映画館は
「最高のご褒美」です。

最安値であの迫力と臨場感は
他では体験できないですね。

無料で初回から利用できる割引方法しか
ご紹介していません。

関連記事はこちら



2 件のコメント

  • 第2位にプライベートライアンを持ってくるあたり、筆者様のセンスを感じます✩.*˚
    私は大学でアメリカ映画の国際観や、歴史を戦争の観点から論じるプレゼンをする予定です。例えば、冷戦が終わった今でも映画ではロシアが悪役として表現されることが多いというのが印象的ですね。

    戦争のアクション映画はスプラッタなシーンが多々あり、うわってなることも…笑
    しかし何故か惹かれるんですよね。今回このブログで筆者様が紹介された映画のなかで、ネイビーシールズが気になっていたのですが、私的父親たちの星条旗はまぁまぁかなぁって感想だったので、それよりもランクが下なんだなぁと少し残念。見てみようとは思いますが、実際面白いですか??他にも筆者様の映画のレビューや意見をお聞きしたいなと思いました!

    • コメントありがとうございます!!
      歴史を戦争の観点から論じるプレゼンって、かなり難しそうですね…笑

      『ネイビーシールズ』はアクション中心の作品で、本物の現役隊員が出演しているので、とても印象に残っています!
      『父親たちの星条旗』とはタイプが違う作品ですが、僕は面白かったですよ♪

      ランキングにはまだ含めていないのですが、映画『スターリングラード』もおすすめです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください