おすすめVODの洋画ランキング【”洋画見たい人”向け】

洋画おすすめの動画配信サービス
サカイ
本記事では、たくさんある動画配信サービスの中から、洋画本数が充実しているおすすめVODを徹底比較したので、ベスト3選でご紹介します。

僕は洋画をたっぷり観たいタイプなので、「洋画本数」や「追加料金」が発生しない動画配信サービスに入会しました。

なぜ、ジャンルに絞って入会したのか、理由は次の通りです▽

過去に知識ゼロで入会してしまい・・
  • 各サービスで洋画本数が全く違う
  • ジャンルに絞った方が種類が豊富
  • 最新作をいち早く視聴するのに追加料金が発生する

結局観たいジャンルを決めないと、多数のVODに入会したり、見たい動画に追加料金が発生するなど、余計に月額料金が高くなることに気づいたからです。

しかも、各サービスでジャンルごとの配信数が大きく違うことも明確になっています。

引用元:U-NEXTブログ・ニュース

観たいジャンルが充実しているサービスを一つひとつ無料体験して探すのは、非常に面倒で手間がかかりますよね。

なので、今回はたくさんある動画配信サービスの中でも、僕が洋画を視聴するのに安定して利用し続けたおすすめサービスを3選ご紹介します。

洋画おすすめVODで失敗しない選び方

【
  • 2度目の無料体験
  • 安全な解約手続き
  • コスパ比較

<<今すぐランキングを見るはこちら

選び方①:2度目の無料体験

動画配信サービスは、2度目の無料体験を受けられるサービスがおすすめです。

1度だけ無料体験を受けただけでは、継続的に利用しようか悩みますよね。

配信している時期によって「見たい映画がない」場合もあるので、安定的に見たい作品を配信しているVODが利用しやすかったですよ。

選び方②:安全な入会・解約手続き

安全な解約手続き

動画配信サービスなら、入会・解約手続きの「安全性」も考慮する必要があります。

「手間のかからない解約手順」の方が、面倒な手続きがなくて楽だからです。

せっかく無料体験で満足することができても、退会手続きが面倒だと「解約させる気ないのかな」という不安が残るので、入会と退会は簡単なサービスを選ぶ方が良いですよ。

選び方③:コスパ比較

ポイント③:コスパ比較

洋画をたっぷり観れる動画配信サービスなら、ある程度の月額を払って掛け持ちせず、1つに絞るのがコスパが良いですね。

安い月額料金だからと言って複数のサービスに入会すると、実際そんなに見れないことがあり、料金も無駄になってしまうので、余計コスパが悪くなります。

なので、1つのVODで十分な配信数のボリュームで決めるようにしましょう。

ランキング外のVOD一覧

ご紹介した選び方をもとに、ランキング外の動画配信サービスを一覧にしていますので、ご覧ください。

KDDI株式会社 auビデオパス
株式会社ZITTO mieru-TV
株式会社TSUTAYA TSUTAYA TV
株式会社ビデオマーケット ビデオマーケット
Netflix株式会社 Netflix
株式会社フジテレビジョン FODプレミアム
HJホールディングス株式会社 Hulu

洋画おすすめVODランキング

おすすめVODの洋画ランキング【詳細】
ここからは、今ご紹介した選び方をもとに、決定したランキング詳細を見ていきましょう。

「圧倒的な配信数とコスパ良く洋画を見たい!」人におすすめのVODは下記のようになりました。

第1位:U-NEXT

月額料金 2189円(税込み)
コスパ 73円/1日
洋画本数 5849本(2019年時点)
満足度
公式サイト U-NEXT公式サイト

洋画おすすめのVODとして代表格。見放題数がNo,1だから、とりあえず無料体験だけでも十分なレベルでした。

僕が洋画の「最新作を今すぐ見たい」時は、追加料金が発生しないU-NEXTで見ています。

月額料金は高めですが洋画本数なら圧倒的なので、多数入会したり、他社で最新作を視聴すると追加料金が発生し月額料金も高くなるので、コスパは十分に良かったですよ。

上記は僕のツイートですが、映画館の割引チケットとしてもポイントが使えて、よりお得感がありましたね。

  • 見放題数No,1
  • 初回31日間無料
  • 最新作が追加料金なし
>>U-NEXTの口コミとレビューはこちら

第2位:Amazonプライムビデオ

月額料金 500円(税込み)
コスパ 17円/1日
洋画本数 1488本(2019年時点)
満足度
公式サイト Amazonプライムビデオ公式サイト

洋画おすすめとして、とてもバランスのとれた動画配信サービスです。

ですが、正直U-NEXTの方が洋画本数は揃っているので、あくまで「U-NEXTは高いから・・」と料金重視で入会するのが良いですよ。

メリット③:ユーザーレビューが充実

映画に対するユーザーレビューが充実してるので、なに見ようか悩んだ時はAmazonプライムビデオが1番参考になりました。

学生にお得なPrime Studentがあるのも嬉しいポイントですよね。

  • 料金の安さでNo,1
  • 初回30日間無料
  • 話題作は一通り揃っている
>>Amazonプライムビデオの口コミとレビューはこちら

第3位:dTV

月額料金 550円(税込み)
コスパ 19円/1日
洋画本数 2388本(2019年時点)
満足度
公式サイト dTV公式サイト

洋画の配信数がありつつ、月額も抑えたい人におすすめです。

洋画本数と料金のどちらも譲れない人向けと言えますね。

知名度は1~2位に比べ劣りますが、コスパは十分でした。

「好きなキーワード」を選べるから、見たい映画を見つけやすいのが便利でしたよ。

  • 初回31日間無料
  • ドコモユーザー以外OK
  • Amazonプライムビデオより洋画は揃っている
>>dTVの口コミとレビューはこちら

洋画おすすめVOD3選の比較表

第1位
U-NEXT
第2位
Amazon
プライム
ビデオ
第3位
dTV
U-NEXTは見放題の作品が圧倒的No,1で唯一、追加料金なしで最新作も視聴できるサービス。 Amazonプライムビデオは、知名度がある安心なサービス。 dTVは、料金からでは考えられない洋画本数を誇る初心者おすすめのサービス。

<<ランキングに戻るはこちら

ランキング第1位:U-NEXTの口コミは?

U-NEXTは一般的に洋画好きから支持されているので、口コミをチェックするとよりどんなサービスか分かりますよ。

サカイ
洋画ならU-NEXTが圧倒的ですよね。

サカイ
たしかにU-NEXTは映画の品揃えならレベル高いですよね。

サカイ
U-NEXTは映画の中でも洋画が特徴的ですよね。

<<ランキングに戻るはこちら

おすすめVODをジャンルで選ぶべき理由

観たいジャンルでおすすめVODを決めるべき
3つの理由
  • 追加料金を避けられる
  • 月額料金を安くできる
  • ジャンルに絞った方が種類が豊富

理由①:追加料金を避けられる

動画配信サービスは、あなたが観たいジャンルを決めてから入会した方が良いでしょう。

各サービスによって、見たい動画に追加料金が発生するからです。

洋画を観たいのに、邦画専門のサービスに入会してしまうと、視聴するたびに追加料金が発生してしまっては本末転倒ですよね。

理由②:月額料金を安くできる

とにかく月額料金を安くするなら、1つのサービスに絞って利用するほうがコスパは良いです。

VODは500円から利用できるサービスがありますが、見たいジャンルが少ないと多数の動画配信サービスに入会することで余計に月額料金が高くなります。

月額料金だけで中身が物足りないと、後々高くつくので、出来る限り絞って利用しましょう。

理由③:ジャンルに絞った方が種類が豊富

動画配信サービスは、ジャンルを絞って入会した方が観たい作品が見つかりやすいです。

ジャンルに特化したサービスだと、さらに見たい種類が充実しているんですよね▽

上記は洋画に絞ってるんですが、さらにジャンルが幅広いので僕はU-NEXTに入会しましたよ。

<<ランキングに戻るはこちら

まとめ:無料体験なら実質0円

以上、洋画おすすめの動画配信サービスをまとめました。

どのサービスも「洋画本数」が異なりますが、実際に無料体験で簡単にあなたにぴったりのサービスを見つけることができる時代です。

見たい映画を視聴したら解約もOKなので、実質0円で1カ月目から映画が見放題です。

僕は基本1つのVODに絞ることが出来たので、無駄な出費がなくなりましたよ。

趣味ブログ講座の無料メルマガ

趣味である映画館巡りをしながら、楽しく映画ブログを運営している僕が、お届けする無料メルマガです。

このメルマガでは、趣味特化型ブログで月30万PVを達成した僕が身に付けた方法と考え方を配信しています。

関連記事はこちら



洋画おすすめの動画配信サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください