実話から生まれた映画作品のおすすめランキング!ベスト15をご紹介!(洋画編)

映画のお兄さん
実話から生まれた映画作品を、おすすめランキングベスト15でご紹介しま~す!!

世の中にはたくさんの映画作品があり、それぞれ好みのジャンル、映画作品がありますよね?!

その中でも、今回は実話から生まれた映画作品(洋画)に注目していきます!!

私が今まで観てきた中で、最も印象に残った作品を評価し、ランキングベスト15でご紹介!!

知っているけどまだ観たことない映画、全く知らないけど観てみたくなった映画など、興味が湧いてくれたら幸いです(笑)

この記事では、実話から生まれた映画(洋画編)のおすすめランキング!ベスト15をご紹介します。

目次

《実話》から生まれた映画作品のおすすめランキング!ベスト15をご紹介!(洋画編)

《実話》から生まれた映画作品は、最も話題作になる可能性が高く、映画でその出来事や歴史を深く知ることができます。

私も、《実話》から生まれた映画作品で、知らなかった出来事などを知るきっかけにもなり、とても興味があるジャンル!!

なので、ここからは《実話》から生まれた映画作品(洋画編)のおすすめランキング!ベスト15をご紹介していきますね。

第15位:映画『ペイン&ゲイン/史上最低の一攫千金』 (2013年公開)

↓予告編はこちら↓

2013年/アメリカ
上映時間:129分
監督:マイケル・ベイ
主演:マーク・ウォールバーグ、ドウェイン・ジョンソン

 

映画『ペイン&ゲイン/史上最低の一攫千金』のあらすじ

ダニエル・ルーゴ<マーク・ウォールバーグ>はジムで働くトレーナー。

彼の望みはアメリカン・ドリームを叶えること。

仲間のポール<ドウェイン・ジョンソン>と共に夢を追い求めるあまり、悪事にまで手を染めてしまうことに。

そして手に入れたセレブ生活だったが、その甘い夢は悪夢へと変わろうとしていたのだった…。

総合評価
・おすすめ:★★★☆☆
・マッチョ度:★★★★★
・衝撃度:★★★☆☆
・映像:★★★☆☆
合計 62/100点
映画のお兄さん
1990年代に起きた誘拐事件の実話なんだけど、少しお馬鹿なマッチョ集団たち!!
お金のために誘拐を実行するが…(笑)

コメディ要素が強く、信じられない誘拐犯たちの行動力!実話なので観て損はない作品ですよ!

第14位:映画『アンストッパブル』 (2011年公開)

↓予告編はこちら↓

2010年/アメリカ
上映時間:99分
監督:トニー・スコット
主演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン

 

映画『アンストッパブル』のあらすじ

大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した貨物列車が、あるミスによって暴走してしまうことに。ベテラン機関士のフランクが若手のウィルと暴走列車を食い止めるため立ち向かうのだが…。

総合評価
・おすすめ:★★★☆☆
・緊張感:★★★★☆
・危機感:★★★★☆
・キャスト:★★★★☆
合計 63/100点
映画のお兄さん
2001年に起きた暴走列車事故について、描かれた作品。

暴走列車を食い止めるため、何度もあらゆる危機に襲われるが…。

愛する家族のために、生きて帰ろうとするカッコイイ男達の姿は必見!!

第13位:映画『しあわせの隠れ場所』 (2010年公開)

↓予告編はこちら↓

2009年/アメリカ
上映時間:126分
監督:ジョン・リー・ハンコック
主演:サンドラ・ブロック

 

映画『しあわせの隠れ場所』のあらすじ

ミシシッピのスラム街で生まれ、ほぼホームレス生活を送っていた黒人の青年マイケルが、裕福な白人女性の一家に家族として迎えられる。

そして、青年マイケルはアメリカンフットボール選手として才能を開花させていく…!

総合評価
・おすすめ:★★★☆☆
・家族愛:★★★★★
・キャスト:★★★☆☆
・感動:★★★★☆
合計 65/100点
映画のお兄さん
NFLアメフト選手の<マイケル・オアー>選手の過去を描いた作品。

主演の女優<サンドラ・ブロック>の名演技もあり、この作品でアカデミー主演女優賞にも輝きました!

映画『しあわせの隠れ場所』を観て私は、「新しい人との出会いで、人はこんなにも変われるんだな」と改めて思った作品でもあります。

第12位:映画『クール・ランニング』 (1994年)

↓予告編&エンディング曲はこちら↓

1993年/アメリカ
上映時間:98分
監督:ジョン・タートルトーブ
主演:マリク・ヨバ

 

映画『クール・ランニング』 のあらすじ

オリンピック出場の夢が叶わなかったジャマイカ陸上選手がいた。あきらめずに冬季五輪のボブスレーにチャレンジする姿を実話を元に描かれた作品。

集まった4人のボブスレー未経験の陸上選手。

4人がカルガリー五輪を目標に、練習に励むのだった。

まず、氷上での経験不足を克服するため、シンクでイメージトレーニングをするなど行うが…。

総合評価
・おすすめ:★★★★☆
・笑い:★★★★☆
・感動:★★★★☆
・キャスト:★★★☆☆
合計 68/100点
映画のお兄さん
笑いあり、感動ありのジャマイカ・ボブスレーチームの実話!

誰でも、楽しく観れる作品です!キャスト陣はあまり有名ではないですが、是非観てほしい一本。

今となっては、レアな作品でもあります(笑)

第11位:映画『ハドソン川の奇跡』 (2016年公開)

↓予告編はこちら↓

2016年/アメリカ
上映時間:96分
監督:クリント・イーストウッド
主演:トム・ハンクス

 

映画『ハドソン川の奇跡』のあらすじ

2009年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失ってしまう。機長は必死に機体を制御し、《ハドソン川》に着水に成功。

さらに、浸水する機体から乗客の誘導を指揮して、全員を事故から生還した。

しかし、その判断が正しかったのか?!と国家運輸安全委員会の追求が行われてしまうことになる…。

コメント
・おすすめ:★★★★☆
・緊張感:★★★★☆
・英雄:★★★★☆
・キャスト:★★★☆☆
合計 70/100点
映画のお兄さん
2009年に、USエアウェイズ1549便の不時着水事故について描かれた作品。

誰もが機長を英雄だと思ったが、その判断を許さない者も居たことに驚かされました!!

主演<トム・ハンクス>の名演技にも注目です。

第10位:映画『13時間/ベンガジの秘密の兵士』 (日本未公開)

↓予告編はこちら↓

2016年/アメリカ
上映時間:144分
監督:マイケル・ベイ
主演:ジョン・クラシンスキー

 

映画『13時間/ベンガジの秘密の兵士』のあらすじ

2012年9月11日、リビアの港湾都市ベンガジにあるアメリカ領事館が、イスラム過激派の武装集団に占領される。

領事館の近くにあるCIAの拠点が救援要請を傍受するのだが、CIAの拠点があることは極秘なため、手を出すことが出来ないでいた。

しかし、それを見過ごすことが出来ない男達が立ち向かう!

総合評価
・おすすめ:★★★★☆
・カッコイイ:★★★★★
・キャスト:★★★☆☆
・迫力:★★★★★
合計 71/100点
映画のお兄さん
2012年にリビアで起きた、イスラム過激派による領事館襲撃事件を映画化した作品。

日本未公開だったのが、とても残念でした。

しかし、とても迫力ある映画に仕上がっています。

仲間を信じ合い、協力して、最後まで戦い抜いた熱い男達に目が離せません!

第9位:映画『コーチ・カーター』 (2005年公開)

↓予告編はこちら↓
※字幕はありません。

2005年/アメリカ
上映時間:136分
監督:トーマス・カーター
主演:サミュエル・L・ジャクソン

 

映画『コーチ・カーター』のあらすじ

高校のバスケットコーチになったケン・カーター。

チームメンバーの将来を考え、彼らの成績を向上させようと動き出す。

総合評価
・おすすめ:★★★★☆
・キャスト:★★★★☆
・チーム力:★★★★★
・青春:★★★★☆
合計 73/100点
映画のお兄さん
1999年に、高校のバスケットチームで実際に起こった出来事について描かれてる作品。

最初はチームがバラバラであったが、一人のコーチが現れることによって、結束力が生まれる。

まさに青春です。

これこそが、思いやりのある理想のコーチなのでは?!(笑)

第8位:映画『8 Mile』 (2003年公開)

↓予告編はこちら↓

※字幕はありません。

2002年/アメリカ
上映時間:110分
監督:カーティス・ハンソン
主演:エミネム

 

映画『8 Mile』のあらすじ

デトロイト工場で働くきながら、ラッパーとして成功する夢を持った青年がいた。

やがて、ラップのバトルステージに立ち…。

総合評価
・おすすめ:★★★★☆
・キャスト:★★★★☆
・音楽:★★★★★
・青春:★★★☆☆
合計 74/100点
映画のお兄さん
ラッパーの<エミネム>の自伝を映画化。さらに、<エミネム>の初主演作でもあります。

テーマ曲も話題になり、ラップ好きにはたまらない作品ですよ!

第7位:映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』 (2003年公開)

2002年/アメリカ
上映時間:141分
監督:スティーブン・スピルバーグ
主演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス

 

映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のあらすじ

1960年代に、16歳~21歳までの間で、世界26カ国で約400万ドルを稼ぎ出した実在の詐欺師がいた。名前は《フランク・アバグネイル》。

その、《フランク・アバグネイル》について描かれたストーリー。

総合評価
・おすすめ:★★★★☆
・キャスト:★★★★★
・衝撃度:★★★☆☆
・家族愛:★★★★★
合計 75/100点
映画のお兄さん
二大共演の実話なので、是非観てもらいたい作品。

この作品を観たとき、「詐欺師もやっぱり人間なんだな」と改めて思いました。

最後まで飽きることなく、とても楽しめた映画です!

第6位:映画『ラッシュ/プライドと友情』 (2014年公開)

↓予告編はこちら↓

2013年/アメリカ・ドイツ・イギリス合作
上映時間:123分
監督:ロン・ハワード
主演:クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール

 

映画『ラッシュ/プライドと友情』のあらすじ

1976年のF1世界選手権を舞台に、2人の天才ドライバーがレースで勝負する。

名前は、<ジェームス・ハント>、<ダニエル・ブリュール>。

お互いがライバルと認めている。果たして、最後に勝つのは?!

総合評価
・おすすめ:★★★★☆
・ライバル:★★★★★
・ドキドキ:★★★★☆
・友情:★★★★★
合計 77/100点
映画のお兄さん
映画『ラッシュ/プライドと友情』では、ライバルの存在の大事さを教えてくれる作品。

ライバルがいる事によって、自分も強くなることを改めて学びました!

レースシーンも迫力があり、かなり盛り上がるため、観ているほうがテンション上がってきますよ(笑)

第5位:映画『最強のふたり』 (2012年公開)

↓予告編はこちら↓

2011年/フランス
上映時間:113分
監督:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ
主演:オマール・シー、フランソワ・クリュゼ

 

映画『最強のふたり』のあらすじ

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪の男、そしてその大富豪の男から介護役といて雇われた出所したばかりの黒人青年。

全く共通点がない二人は何度も衝突するのは当たり前。しかし、一緒に過ごす時間によってお互いを受け入れ、二人に友情が生まれる…。

総合評価
おすすめ:★★★★☆
信頼関係:★★★★★
キャスト:★★★★☆
映像:★★★☆☆
合計 74/100点
映画のお兄さん
映画『最強のふたり』は実話が元のストーリーで、誰でも観やすく、コメディ要素も含まれているところが◎。

私は、この作品で主演<オマール・シー>に興味を持ちました!!

さらに、障害者に対する接し方を、深く考えさせられる作品となっています。

あと、映画『最強のふたり』についてまとめた記事を書きました。是非見てみてくださいね↓

映画『最強のふたり』の評価と感想は?奇跡と感動の実話を映画化!!

2017.06.30

第4位:映画『アルゴ』 (2012年公開)

↓予告編はこちら↓

2012年/アメリカ
上映時間:120分
監督:ベン・アフレック
主演:ベン・アフレック

 

映画『アルゴ』のあらすじ

1979年11月4日、イラン革命が激化するテヘランで過激派が、アメリカ大使館を占領。52人が人質になってしまう。

混乱の中、6人のアメリカ人が自力で脱出し、カナダ大使の自宅に潜める。

CIAで人質救出を専門とするトニー・メンデス。

その彼が、6人を安全に国外へ脱出させるため、ある作戦を実行するのだが…。

総合評価
・おすすめ:★★★★☆
・衝撃度:★★★★☆
・監督:★★★★★
・キャスト:★★★★★
合計 80/100点
映画のお兄さん
映画『アルゴ』で監督&主演を務めたのは<ベン・アフレック>。

衝撃な作戦で脱出作戦に挑み、実話なのが信じられない気持ちでいっぱいでした。

最後までドキドキ、ハラハラの連続です!!

第3位:映画『アメリカン・スナイパー』 (2015年公開)

↓予告編はこちら↓

2014年/アメリカ
上映時間:132分
監督:クリント・イーストウッド
主演:ブラッドリー・クーパー

 

映画『アメリカン・スナイパー』のあらすじ

米軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイルは、イラク戦争にて狙撃の腕前で多くの仲間を救った。

しかし、同時にその存在は敵にも知られ、懸賞金がかけられて命を狙われることに…。

総合評価
・おすすめ:★★★★☆
・レジェンド:★★★★★
・キャスト:★★★★☆
・監督:★★★★★
合計 81/100点
映画のお兄さん
米軍史上最強と呼ばれた狙撃主<クリス・カイルの自伝を映画化。

名匠<クリント・イーストウッド>監督によって、大ヒット映画となりました。私は、映画館で観て、さらにDVDも購入しちゃっています(笑)

第2位:映画『LION ライオン/25年目のただいま』 (2017年公開)

↓予告編はこちら↓

2016年/オーストラリア
上映時間:119分
監督:ガース・デイビス
主演:デブ・パテル

 

映画『LION ライオン/25年目のただいま』のあらすじ

1986年に、インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルーは、兄と一緒に出かけた際に停電中の電車で寝てしまい迷子になってしまう。

そのまま、迷子になったサルーは養子に出され、オーストラリアで成長していく。

しかし25年後、友人から《Google Earth》を利用することによって、母と兄が暮らす故郷を探せることを教わるが…。

総合評価
・おすすめ:★★★★★
・家族愛:★★★★★
・衝撃度:★★★★★
・キャスト:★★★★☆
合計 84/100点
映画のお兄さん
インドで迷子になった5歳の少年、25年後に故郷を探し出すという実話を映画化。

この作品も映画館で観に行きましたが、初めて映画館で泣きそうになりました(笑)

最後は衝撃の真実が明らかに…!!

ちなみに、2017年に今のところ私が観た映画の中で、ベスト3に入ります!!

第1位:映画『幸せのちから』 (2007年公開)

↓予告編はこちら↓

2006年/アメリカ
上映時間:117分
監督:ガブリエレ・ムッチーノ
主演:ウィル・スミス

 

映画『幸せのちから』のあらすじ

医療機器事業の失敗でホームレスとなってしまったが、一流証券会社に無事就職し、夢を成し遂げた<クリス・ガードナー>。

息子との交流も描いたヒューマン・ドラマ。

総合評価
・おすすめ:★★★★★
・家族愛:★★★★★
・達成感:★★★★★
・親子共演:★★★★★
合計 86/100点
映画のお兄さん
<ウィル・スミス>親子の共演作品としても、話題になった映画。

息子との交流が一番の見所でもあるので、実際の親子共演で、一つ一つのシーンに感動しちゃいました!

父親である<ウィル・スミス>の演技も、リアルな感情に見えてきてしまいます!!

最高の親子との絆が見れますよ。

2017年に最もおすすめしたい実話映画は?!

ここからは、2017年に私が最もおすすめしたい映画作品をご紹介します!!

もちろんジャンルは、《実話》から生まれた映画作品。

映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』 (2017年10月21日公開)

↓予告編はこちら↓

映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』の内容は?!

映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』は、実在した<バリー・シール>という人物について描かれた作品!!

麻薬の運び屋としての<バリー・シール>を、リアルに描き、コメディ要素も含めたアクション映画!!

主演は<トム・クルーズ>で、常に話題沸騰中です。果たして、最後はどういったラスト迎えるのでしょうか?!

答えは映画館で!

<バリー・シール>について

実在した人物<バリー・シール>の資料は数少なく、あまり世間に公表されていません!

なぜなら、彼と国家の不適切な関係は、決して公に出来ない内容になっているからです!!

だからこそ、映画館で映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』を観る価値がありますよね(笑)

 

あと、映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』をまとめた記事を書きました!是非見てみてくださいね↓

映画『バリーシール/アメリカをはめた男』のあらすじと日本公開日は?トム・クルーズ最新作!

2017.07.13

最後にまとめ

実話から生まれた映画(洋画編)のおすすめランキング!ベスト15を、ご紹介させていただきました。

ランキング結果
第15位:映画『ペイン&ゲイン/史上最低の一攫千金』 (2013年公開)

第14位:映画『アンストッパブル』 (2011年公開)

第13位:映画『しあわせの隠れ場所』 (2010年公開)

第12位:映画『クール・ランニング』 (1994年公開)

第11位:映画『ハドソン川の奇跡』 (2016年公開)

第10位:映画『13時間/ベンガジの秘密の兵士』 (日本未公開)

第9位:映画『コーチ・カーター』 (2005年公開)

第8位:映画『8 Mile』 (2003年公開)

第7位:映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』 (2003年公開)

第6位:映画『ラッシュ/プライドと友情』 (2014年公開)

第5位:映画『最強のふたり』 (2012年公開)

第4位:映画『アルゴ』 (2012年公開)

第3位:映画『アメリカン・スナイパー』 (2015年公開)

第2位:映画『LION ライオン/25年目のただいま』 (2017年公開)

第1位:映画『幸せのちから』 (2007年公開)

が以上となります。

知っている作品や、観てみたい作品は見つかりましたか?!

まだまだ、これからも新しい情報を更新していきますので、宜しくお願いします。

お楽しみに。










関連記事はこちら