映画『ダウンサイズ』のあらすじと日本公開日は?!キャストはマット・デイモン主演!

あの大人気の映画『ジェイソン・ボーン』シリーズの主演を務めた<マット・デイモン>最新作映画が2018年に日本にやってきます!!

しかも、今作品の<マット・デイモン>はなんと13センチの体に?!

まだまだ謎に包まれている作品!!その名は映画『ダウンサイズ』。

第74回ベネチア国際映画祭のオープニングを飾り、世界中で期待が高まっている作品。

俳優<マット・デイモン>最新作で再び、衝撃のラストを迎えるのでしょうか?!

この記事では、映画『ダウンサイズ』についてご紹介していきます。

映画『ダウンサイズ』のあらすじ

↓最新予告編はこちら↓

2017年/アメリカ
監督:アレクサンダー・ペイン
主演:マット・デイモン

 

地球上で、人口が増え続けてしまったために、住みにくくなってしまった現実世界。

ノルウェーの科学者が、人間の体を13センチに縮小する方法を発見!!

地球上の社会問題を解決するために、《全人類縮小200年計画》が持ち上がることに。

そこに、ストレスフルな生活を送っていた平凡な男のポール・サフラネック<マット・デイモン>、ポール・サフラネックの妻オードリー。

少しの蓄えだけで裕福と感じ、幸せな生活が約束される世界に夫婦で興味を示す。

そして、13センチの体で生きていく決意をするが…。

 

ここからは、映画『ダウンサイズ』の公開日をご紹介します。

映画『ダウンサイズ』の日本公開日は?!

映画『ダウンサイズ』の日本公開日がついに発表されました!!

2018年3月2日に決定。

マット・デイモン最新作の映画『ダウンサイズ』が待ち遠しいですね。

映画『ダウンサイズ』の見所は?!

映画『ダウンサイズ』の見所は夫婦揃って、13センチに縮小する方法に興味を持ち、生きてく決意をするのですが…。

本当に《全人類縮小200年計画》で幸せを感じるのことができるのでしょうか?!

ポール・サフラネック<マット・デイモン>は、夫婦揃ってただ騙されているだけなのか、それとも本当に幸せを勝ち取ることはできるのか?!

ラストが非常に気になりますよね!!

下の画像を観ると夫婦揃って、本当に《全人類縮小200年計画》に興味を示しているのが、はっきり分かりますね(笑)

キャスト<マット・デイモン>主演!

1970年10月8日生まれ、年齢は(46歳)。出身はアメリカ。

1988年にジュリア・ロバーツ主演の映画『ミスティック・ピザ』で映画デビューを果たす。

その後も多数の映画に出演するが、あまり注目を浴びることはなかった<マット・デイモン>。

しかし、<マット・デイモン>と仲の良い俳優<ベン・アフレック>と一緒に脚本を務め、出演した映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』。

この作品で<ベン・アフレック>と共に、アカデミー脚本賞などを受賞し、一気に注目を浴び、大ブレイク!!

1998年には<トム・ハンクス>主演の名作『プライベート・ライアン』、そして2001年には映画『オーシャンズ11』に出演し、当時、気づけば若手スター俳優の一人になっていたのです。

<マット・デイモン>の代表作品である映画『ジェイソン・ボーン』シリーズは、2003年から現在まで根強い大人気シリーズ!!

アカデミー主演男優賞の経験も持つ、正真正銘の実力派俳優なのです。

最後にまとめ

映画『ダウンサイズ』についてご紹介させていただきました。

主演<マット・デイモン>ということもあり、非常に注目を集めている作品ですが、まだまだ謎の多い作品!!

情報が入り次第、どんどん更新していくのでお楽しみに。

あと、2018年公開予定の話題作を、ランキング形式でまとめた記事も書きましたので、是非、見てみてください↓

公開予定の映画2018年おすすめランキング!ベスト50をご紹介!(洋画編)

2017.09.17










関連記事はこちら