映画『ジオストーム』のあらすじと日本公開日は?キャストはジェラルド・バトラー主演!

映画のお兄さん
2018年のジェラルド・バトラーは、世界の危機に立ち向かいます!!

地球を守ってきた宇宙ステーションが、突如謎のウイルス感染の影響によって、地球全体に自然災害が発生!!

そんな時、ある一人の男が立ちあがります。それは、イギリスを代表する俳優<ジェラルド・バトラー>。

地球崩壊のカウントダウンが近づく中、俳優<ジェラルド・バトラー>を先頭に、世界中の科学者が集められ、人類VS自然災害の闘いが始まろうとするのです。

その作品名は映画『ジオストーム』。

映像や迫力はもちろん凄いですが、キャストも注目の作品!!

この映像を是非、映画館で。

この記事は、映画『ジオストーム』についてご紹介していきます。

あと、映画『ジオストーム』を初日に観に行った評価&感想をまとめた記事も書きましたので、是非合わせてご覧ください↓
映画『ジオストーム』評価&感想をまとめた記事はこちら

映画『ジオストーム』のあらすじ

↓メッセージ付の予告編はこちら↓

2017年/アメリカ
監督:ディーン・デブリン
主演:ジェラルド・バトラー

 

未曾有の自然災害に襲われ、地球が大パニック!!

世界各国で協力し、天候を制御できる宇宙ステーションを開発。

災害は治まり、平和が戻ったのだった。

しかし、運用開始から2年が経とうとした時、突如地球を守ってきた宇宙ステーションが、ウイルス感染の影響で暴走!!

不可解な異常気象を引き起こす。

やがて、その現象が同時多発的に起きてしまう、地球壊滅災害《ジオストーム》の発生を防ぐべく、人類が絶対絶命の危機に立ち向かうのだが…。

映画『ジオストーム』の日本公開日は?!

映画『ジオストーム』の日本公開日が決定しました!!

日本公開日は2018年1月19日(金)に全国順次公開。

来年の公開ですが、今からもう期待が高まりますね!!

 

ここからは、映画『ジオストーム』の本編映像をご紹介します。

映画『ジオストーム』の本編映像を公開!

本編映像①:《アフガニスタン》

砂漠の様な場所なのに、一つの町が凍ってしまっています!!

人間までもが凍ってしまっており、兵士たちも首を傾げるしかないでしょう(笑)

本編映像②:《インド/ムンバイ》

地球の気候をコントロールする衛星の暴走によって、巨大竜巻が発生!!

こんな巨大竜巻は誰も見たことないでしょう。映像の迫力に期待!!

本編映像③:《ブラジル/リオデジャネイロ》

ビーチで楽しんでいるカップルが突如異変に気づき、慌てて逃げるが…。

ちょっとした恐怖映像ですよね?!(笑)

映画『ジオストーム』の特別映像とは?!

↓特別映像はこちら↓

映画『ジオストーム』の特別映像は、なんと!!タクシードッキリですよ!!!

タクシーに乗ったお客さんがターゲットで、映画『ジオストーム』で起きた様な現象を実際に体験してもらうドッキリなのです。

正直、このドッキリは本気で笑えないですよね?!(笑)

映画『ジオストーム』の見所は?!

宇宙ステーションの生みの親であり、世界各国の科学者が集まった対策チームのリーダーを演じる<ジェラルド・バトラー>。

この男が、世界中で想像を超える自然災害に、立ち向かう場面が一番の見所でしょう!!

予告編や上の画像を見れば分かるとおり、自然災害の規模が凄すぎて、鳥肌がたちますね(笑)

メイン・キャストをご紹介!

<ジェラルド・バトラー>

1969年11月13日生まれ、年齢は(47歳)。出身はイギリス。

1997年にスクリーンデビュー!!

映画『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』、『トゥーム・レイダー2』などの大ヒット作にも出演。

2004年には映画『オペラ座の怪人』で主演を務めました。

イギリスを代表する俳優<ジェラルド・バトラー>主演で、私が一番好きな作品は、2016年公開の映画『エンド・オブ・キングダム』。

迫力あるアクションはもちろん、<ジェラルド・バトラー>が一人で立ち向かっていく、シークレットサービス役はハマリ役でした!!

今作の『ジオストーム』では、いったいどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

<ジム・スタージェス>

1978年5月16日生まれ、年齢(39歳)。出身はイギリス/ロンドン。

2007年の映画『アクロス・ザ・ユニバース』で一気に注目を集め、その後も多数の作品に出演。

2010年には声優を務めるなど、幅広く活躍中。

<アビー・コーニッシュ>

1982年8月7日生まれ、年齢(35歳)。出身はオーストラリア。

元々はモデルとして活躍しており、2000年にスクリーン・デビューを果たします。

その後も色々なジャンルの作品に出演し、活躍している。

そして、2018年にはアビー・コーニッシュ出演の『ジオストーム』、『スリー・ビルボード』の日本公開が控えています。

ちなみに、映画『スリー・ビルボード』をまとめた記事も書きましたので、是非合わせてご覧ください↓
映画『スリー・ビルボード』をまとめた記事はこちら

<エド・ハリス>

1950年11月28日生まれ、年齢は(66歳)。出身はアメリカ/ニュージャージ州。

アメリカを代表する、大ベテラン俳優。

1978年の映画『コーマ』でスクリーンデビューする。

1981年に映画『ナイトライダーズ』で初主演を果たすことに!!そして、1989年には映画『ジャックナイフ』でゴールデングローブ賞の助演男優賞にノミネート。

さらに、2000年には映画監督&主演作『ポロック/2人だけのアトリエ』でアカデミー主演男優賞に初ノミネートされます。

その後~現在まで数々の名作に出演し、まだまだ人気を誇る俳優の一人です。

とくに<エド・ハリス>出演で、私が最も最近印象に残る作品は、2015年公開の映画『ラン・オールナイト』!!

ちなみに、映画『ラン・オールナイト』のあらすじや感想などを、まとめた記事がありますので、是非見てみてくださいね↓
映画『ラン・オールナイト』をまとめた記事はこちら

主題歌はB’zの新曲?!

↓新曲《Dinosaur》はこちら↓

映画『ジオストーム』の日本語版主題歌が決定しました!!

なんと、B’zの新曲である《Dinosaur》です。

初の洋画主題歌となるB’z。

映画『ジオストーム』にピッタリな曲なので、ファンは喜ぶことでしょう!

映画『ジオストーム』の日本語吹き替えにあの女芸人が?!

↓日本語吹き替え担当はこちら↓

主人公のジェイクが俳優<上川隆也>。主人公の弟が俳優<山本耕史>。

そして、声優初挑戦で2017年最もブレイクした女芸人<ブルゾンちえみ>がシークレット・サービスのサラを担当します!!

洋画は字幕で観る人も多いが、女芸人<ブルゾンちえみ>が声優に挑むとなると日本語吹き替えも気になりますよね?!

今回、日本語吹き替え版の本編映像&予告編もご用意したので、是非見てみてください!!

↓日本語吹き替え版の本編映像&予告編はこちら↓

あなたは、字幕と吹き替えのどちらが好みですか?!(笑)

今後、ブルゾンちえみの声優としての活躍に期待です!

最後にまとめ

映画『ジオストーム』についてご紹介させていただきました。

まだまだ情報は更新していくので、お楽しみに!

2018年のジェラルド・バトラーの活躍が早く観たいですね。

ちなみに、2018年公開予定の話題作を、ランキング形式でまとめた記事も書きましたので、是非合わせて見てみてください↓
2018年の話題作をまとめた記事はこちら

洋画ジャンル別ランキング記事

【ジャンル①:SF映画ランキング】
SF映画おすすめベスト15!

【ジャンル②:感動映画ランキング】
感動映画おすすめベスト15!

【ジャンル③:恋愛映画ランキング】
恋愛映画おすすめベスト15!

【ジャンル④:戦争映画ランキング】
戦争映画おすすめベスト15!

【ジャンル⑤:アクション映画ランキング】
アクション映画おすすめベスト15!

【ジャンル⑥:カップルおすすめ映画ランキング】
カップルおすすめ映画ベスト15!

【ジャンル⑦:ホラーおすすめ映画ランキング】
ホラー映画おすすめベスト15!

僕自身も実際に洋画を見るのに使っていて、初回無料で《洋画をたくさん見たい!》と思っているならばおすすめの動画配信サービスがあります。

ですが、 動画配信サービスはとても種類が多いので、9社を表で比較してみました!










関連記事はこちら