映画『メッセージ』のあらすじは?予告編を大公開!

日本公開は5月19日に決定しました。

気になる予告編!

予告編を見たら、なおさら気になる映画です。

『メッセージ』のあらすじは?

地球上の12ヵ所に謎の球体型飛行物体が突如出現した。

言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は飛行物体がどこからどういう理由でやってきたのかを調査する為に、その言語解読を軍からお願いされることになる。

物理学者のルアン(ジェレミー・レナー)と18時間おきに112分間だけ入り口が開く殻と言われる飛行体の中へと向かうことに。

 

殻の内部には地上と違う重力が存在していた。現れたのは透明の壁越しに現れた7本の脚(ヘプタポッド)で動く影みたいな生き物でたった。脚から黒い煙状のものを噴射し、一瞬にして意味を形作るサークル型の表意文字を発する。

その文字の解読に没頭するが、時間が経つにつれルイーズ(エイミー・アダムス)は時間が逆行すうような奇妙な錯覚に陥っていくのであった。

 

彼らとコンタクトを取り始めてから1ヶ月足らずでどうにか文字の解読にうまく行ったルイーズ(エイミー・アダムス)。

「武器を与える。時間はない」その言葉の衝撃に、各国で攻撃指示が発令される。

しかし、他の解釈の可能性を見極めるため再び殻へと向かったルイーズ(エイミー・アダムス)は、そこで出会った奇妙な経験を通して、人類の為の美しくも切ないラストメッセージを知ることになる。

キャスト紹介

・エイミー・アダムス (ルイーズ役)

《出演作品》

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
『アメリカン・ハッスル』
『マン・オブ・スティール』
『人生の特等席』
『ザ・ファイター』
『ジュリー&ジュリア』
『ナイト ミュージアム2』
『魔法にかけられて』など。

・ジェレミー・レナー (イアン役)

《出演作品》

『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』
『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』
『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』
『アメリカン・ハッスル』、『ボーン・レガシー』
『アベンジャーズ』
『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』
『ザ・タウン』
『ハート・ロッカー』
『S.W.A.T.』
『28週後…』など。

・フォレスト・ウィテカー (ウェバー大佐)

《出演作品》

『サウスポー』
『96時間 レクイエム』
『ケープタウン』
『ラストスタンド』
『フェイク シティ ある男のルール』
『バンテージ・ポイント』
『フォーン・ブース』
『パニック・ルーム』
『プラトーン』など。

・ドゥニ・ビルヌーブ (監督)

『プリズナーズ』、『ボーダーライン』などで世界中で高い評価を受け、『ブレードランナー2049』の監督に抜擢され、今後も注目されるであろう監督の一人である。

[受賞一覧]

ワシントンDC映画評論家協会賞
・脚色賞

ゴッサム・インディペンデント映画賞
・ゴッサムトリビュート(エイミー・アダムス)

ナショナル・ボード・オブ・レビュー
・主演女優賞(エイミー・アダムス)作品トップ10

アメリカ映画協会賞
・作品トップ10

ブロードキャスト映画批評家協会賞
・脚色賞 ・SFホラー映画賞

オンライン映画批評家協会賞
・脚色賞

ダブリン映画批評家協会賞
・監督賞(ドゥ二・ヴィルヌーブ)
・女優賞(エイミー・アダムス)
・脚色賞

サンフランシスコ映画批評家協会賞
・脚色賞 ・編集賞

ネヴァタ映画批評家協会賞
・脚色賞

ノースカロライナ映画批評家協会賞
・脚色賞

オースティン映画批評家協会賞
・脚色賞 ・作品トップ10

シアトル映画批評家協会賞
・撮影賞 ・視覚効果賞 ・作曲賞

英国アカデミー賞
・録音賞

アメリカ脚本家組合章
・脚色賞

・アイオワ映画批評家賞

・主演女優賞(エイミー・アダムス)

ハワイ映画批評家協会賞
・視覚効果賞 ・SFホラー映画賞

デンヴァー映画批評家協会賞
・SFホラー映画賞

セントラルオハイオ映画批評家協会賞
・作品トップ10

本年度アカデミー賞を受賞、計8部門ノミネートを初め、さらに名だたる映画賞を席巻している作品。










関連記事はこちら