映画『彼女がその名を知らない鳥たち』のあらすじと公開日は?キャストと原作を紹介!

2017年秋に豪華キャストで贈る、待望の人気小説が映画化になります!!

<沼田まほかる>の人気ミステリー小説を映画化し、さらに豪華キャストが出演することが決まったので話題作になること間違いないでしょう。

その豪華キャストとは女優<蒼井優>、俳優<阿部サダヲ>のダブル主演です!さらに<松坂桃李>、<竹野内豊>まで出演!!

ストーリーのキーワードは《不倫》、《ストーカー》、《ヒモ》などが含まれています!

まさに現在の社会問題になっているキーワードですよね。

この4人がどういったストーリー展開していくのかが、非常に楽しみですね。

この記事では映画『彼女がその名を知らない鳥たち』をたっぷり紹介していきます。

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』のあらすじ

↓最新予告編はこちら↓

2017年/日本
上映時間:123分
監督:白石和彌
主演:蒼井優、阿部サダヲ
R15

十和子<蒼井優>は金も地位も無い15歳年上の陣治<阿部サダヲ>と暮らしていた。8年も前に別れた黒崎<竹野内豊>ことが忘れずにいたのだった。

陣治を毛嫌いする中、働きもせず、陣治の稼ぎのみで生活を送っている十和子。そんなある日、黒崎に似た面影があり、妻子がいる水島<松坂桃李>と関係を持つ十和子。

そんな中、突然家に警察が訪ねてくる。内容は「黒崎が行方不明である」と告げられるのだった。

それから陣治は十和子を尾行するなど、異様なまでの執着を見せ始める。

まさか黒崎の失踪に陣治が関係しているのでは?!と疑いを持った十和子…。その危険が水島にまでおよぶのではと考え始め…

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の公開日は?

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の公開日は2017年10月28日に決定しました。

この作品を映画館で観たあなたは衝撃を受けることでしょう!!

 

ここからは、映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の見所をご紹介します。

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の見所3ポイント

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』のそれぞれの役柄、ワンシーンに分かりやすいほど、見所がたくさん詰まった作品になっていることでしょう!!

その内の見所シーンである3つをご紹介していきます!

見所①:生活が乱れている十和子のシーン

引用元:http://eiga.com/movie/86417/gallery/2/

生活が乱れ、明らかに幸せを感じていない十和子。

この乱れた生活から不倫に走ってしまうのか?!

見所②:水島との不倫に本気になっている十和子のシーン

引用元:http://eiga.com/movie/86417/gallery/3/

完璧に水島との不倫にハマり、幸せそうな十和子。

しかし、水島の本性はそんな優しい男ではない…。

果たして、十和子はどうなってしまうのか?!

見所③:ずっと忘れられない黒崎との十和子のシーン

引用元:http://eiga.com/movie/86417/gallery/4/

黒崎との幸せだった頃の十和子のワンシーン?!

しかし、黒崎もクズ男なので、十和子は男を見る目がないのか(笑)

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』のキャストの役柄を紹介!

ここからは豪華キャスト陣のそれぞれの役柄について紹介していきます!!

蒼井優 (北原十和子 役)

(北原十和子 役)

働きもせず、好きでもない同居人の陣治の稼ぎをあてに生活を送っている。

昔、付き合っていた黒崎のことを忘れられないでいた。新しい男である水島と不倫関係になる。

阿部サダヲ (佐野陣冶 役)

 (佐野陣冶 役)

十和子から嫌われながらも、十和子に電話をかけたり、尾行したり異常に十和子に執着している。

地位もお金も無いただの男。

松坂桃李 (水島真 役)

(水島真 役)

一見誠実そうに見える水島。だが、実際は自分の性欲を目的に不倫している最低最悪な男。

妻子がありながらも十和子と不倫関係になる。

竹野内豊 (黒崎俊一 役)

 (黒崎俊一 役)

十和子と昔付き合っていた男。

上昇志向が強く、自分のためだったら女を道具に使うこともある。

十和子と別れた時は、心も体も傷が残るほど痛い思いをさせたクズな男。

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の原作は?!

原作は<沼田まほかる>の人気ミステリー小説『彼女がその名を知らない鳥たち』を映画化にしました。

小説での十和子も最低な女っぷりは凄い!!

映画化により、さらに小説も注目です。

この小説の内容を映像で観れるのはとても衝撃を受けることでしょう。

キャスト陣の代表作品を紹介!

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の注目されるところはまず豪華なキャスト陣ですよね!!

もっとキャスト陣を知っていただきたく、ここからは私が印象に残ったキャスト陣それぞれの代表作品を紹介していきます。

<蒼井優>出演の映画『いけちゃんとぼく』(2009年公開)

2009年/日本
上映時間:107分
監督:大岡俊彦
主演:蒼井優

映画『いけちゃんとぼく』のあらすじ

いじめられっ子のヨシオの側に、ヨシオにしか見えない謎の生きものがいつもいた。

その名前はいけちゃん<(声)蒼井優>。ヨシオのことをいつも温かく見守っている。

しかし、ヨシオが青年へと成長していくと、いけちゃんは自分の正体をヨシオに伝えようとする…。

コメント

映画『いけちゃんとぼく』では女優<蒼井優>は出演しているのではなく、いけちゃんの声を担当しています。

変わったタイトル名ですが、ストーリーは感動物です!!

<蒼井優>の声がとても優しいです。この作品を観て、女優の声の大事さを私は学びました。

<阿部サダヲ>出演の映画『舞妓Haaaan!!!』(2007年公開)

2007年/日本
上映時間:120分
監督:水田伸生
主演:阿部サダヲ

映画『舞妓Haaaan!!!』のあらすじ

京都への転勤が決まり、念願のお茶屋デビューを果たす鬼塚公彦<阿部サダヲ>。

野球拳まであと一歩のところで突然邪魔されることに。

一方、鬼塚に振られ、捨てられた恋人の富士子は舞妓になって鬼塚を見返そうとするが…。

コメント

映画『舞妓Haaaan!!!』は主演を務めた<阿部サダヲ>らしい笑いたっぷりの作品に仕上がっています!!

私が映画『舞妓Haaaan!!!』のCMをテレビで初めて観た時、この作品が気になって、映画館に観に行ったのを今でも覚えています(笑)

たくさん笑わせてもらった作品でした。

<松坂桃李>出演の映画『キセキ/あの日のソビト』(2017年公開)

2017年/日本
上映時間:111分
監督:兼重淳
主演:松坂桃李、菅田将暉

映画『キセキ/あの日のソビト』のあらすじ

息子たちに厳しい医者の父親から離れ、生活を送るミュージシャンのジン<松坂桃李>。

父の思いを受けて歯科医師を目指していた弟のヒデ<菅田将暉>。

しかし、兄のジンは弟のヒデに音楽の才能があることに気づき、自分の夢を弟のヒデに託すことに。

しかし、それを許さない父にバレないよう顔出しなしのCDデビュー作戦をとるのだが…。

コメント

顔出しなしのボーカルグループ《GReeeeN》の代表曲である「キセキ」の誕生秘話を<松坂桃李>と<菅田将暉>のダブル主演で映画化になりました!!

私がこの作品を観たとき、キャスト陣の歌の上手さに驚きました(笑)

実話のため、この作品を観た全員に夢を与える作品になっていて最高!!

<竹野内豊>出演の映画『人生の約束』(2016年公開)

2016年/日本
上映時間:120分
監督:石橋冠
主演:竹野内豊

映画『人生の約束』のあらすじ

新興IT企業CEOで会社の拡大することしか頭にない祐馬<竹野内豊>。元共同経営者で親友でもあった航平から無言の留守番電話が入っていることに気付く。

しばらくして、祐馬は航平を訪ねるが、もうすでに亡くなっていたのだった。

かつて航平を会社から追い出そうとした祐馬を、航平の遺族は怒りをもって出迎える。そんな中、航平の娘の瞳は、祐馬にある頼みごとをするのだった。

コメント

親友を亡くしたことにより、本当に大事なものに気づいた祐馬<竹野内豊>は本当に切なかった…。

自分だけで築き上げた会社でもないのに、勝手に自分だけの会社と勘違いし、部下に気づかされるシーンも印象に残っています。

映画『人生の約束』も豪華キャストで見所がたくさんある作品になっています。

最後にまとめ

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』についてたっぷり紹介させていただきました。

公開が非常に楽しみですよね!!

お楽しみに。

あと、2017年公開予定の話題作を、ランキングベスト15まとめ記事も書きましたので、是非、見てみてください↓

公開予定の映画2017年おすすめランキング!ベスト15をご紹介!

2017.09.15










関連記事はこちら