映画『パディントン2』のあらすじと日本公開日は?最新予告編と吹き替えキャストを紹介!

映画のお兄さん
小さな紳士くまのパディントンが、続編として帰って来ますよ~!

前作を超えた、大冒険が?!

2018年は、ファンタジー映画を代表する、大人気作品が続編としてスクリーンに帰って来ます!!!

その名は、映画『パディントン2』。

子供から大人まで大人気シリーズ、ファンタジー映画『パディントン2』が大注目間違いなしです!!

映画『パディントン2』の監督を務めるのは、1作目と同じ<ポール・キング>監督。

続編では、いったいどんな大冒険がパディントンを待っているのでしょうか?!

3500万部を売り上げるイギリスの児童文学<パディントン>シリーズを実写映画化。しかも、世界で40カ国以上で翻訳されたのです。

この記事では映画『パディントン2』をご紹介させていただきます。

あと、名作のファンタジー映画をランキングベスト15にしてまとめた記事も書きましたので、是非合わせてご覧ください↓

ファンタジー映画のおすすめランキング!ベスト15をご紹介(洋画編)

2017.09.20

映画『パディントン2』のあらすじ

↓映画『パディントン2』の最新予告編はこちら↓

2017年/イギリス
監督:ポール・キング

 

ブラウン一家で幸せに暮らしている小さな紳士のクマ<パディントン>。

都会での生活にも慣れ、町の人気者になりました。

ある日、大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日をお祝いするためにプレゼントを探す<パディントン>。

骨董品屋で素敵な飛び出す絵本を見つけた<パディントン>は、その絵本を買うために様々な仕事をしてお金を貯めることに。

しかし、その絵本が盗まれてしまう事件が発生!

<パディントン>は犯人を見つけ出し、犯人の正体を暴くことは出来るのか…?!

映画『パディントン2』の日本公開日は?!

映画『パディントン2』の日本公開日が決定しました!!

2018年1月19日から、全国公開です。

2018年はファンタジー映画を代表する、映画『パディントン2』が日本で再び話題になることでしょうね!!

 

ここからは、映画『パディントン2』の見所をご紹介します。

映画『パディントン2』の見所シーンは?!

映画『パディントン2』の1番の見所シーンは、前作を超えた<パディントン>のハプニング連続の大冒険でしょう!!

何者かに絵本を盗まれたことによって、犯人探しで頭がいっぱいのパディントン!!

上の画像を見ての通り、トラブル連続での大冒険は間違いないでしょうね。

果たして、ルーシーおばさんにプレゼントする、飛び出す絵本は取り返せるのか?!注目です。

スクリーンで再び、パディントンの魅力に引き込まれることでしょう!

映画『パディントン2』の日本語吹き替えキャストは?!

パディントンの声優:<松坂桃李>

1作目の映画『パディントン』で、<パディントン>の日本語声優を務めた若手俳優の<松坂桃李>。

2作目となる続編の映画『パディントン2』でも本人と感じさせない、素晴らしい声の表現が期待されることでしょう!

あと、映画『パディントン2』の吹き替え予告編が公開されたので、是非見てみてください↓
↓吹き替え予告編はこちら↓

あなたは、字幕と吹き替えのどちらが好みですか?!(笑)

<パディントン>VS人気英国の俳優<ヒュー・グラント>?!

映画『パディントン2』で敵役を務めた俳優の<ヒュー・グラント>。彼について紹介していきます!

人気英国の俳優<ヒュー・グラント>について

1960年9月9日生まれ。年齢(56歳)。

出身はイギリス/ロンドン。

イギリスの実力派俳優の一人で数々の賞も受賞経験ありです。

代表作品は映画『アバウト・ア・ボーイ』(2002年公開)、『ラブ・アクチュアリー』(2004年公開)、『Re:LIFE リライフ』(2015年公開)などたくさんの映画に出演されています!

↓私のお気に入り映画『Re:LIFE リライフ』(2015年公開)はこちら↓

映画『Re:LIFE リライフ』のあらすじ

過去にアカデミー脚本賞に輝き、ハリウッドのトップ脚本家になった経験があるキース<ヒュー・グラント>。

しかし、それも15年前のこと。妻にも逃げられるどん底生活を送っていた。

そんな彼が仕方なく引き受けたのは、田舎の大学でのシナリオコースの講師。

講師として好き勝手にやっていたキースだったが、生徒たちの映画への真剣な思いに触れる中で、キースの何かが変わり始めようとしていた…。

小さな紳士のクマ<パディントン>にライバル出現?!

紳士なクマといえば<パディントン>ですが、映画のクマと言えば話題になった<テッド>ですよね!

クマのぬいぐるみということで、似ていますが<パディントン>と<テッド>は正反対なのです。

次に、<パディントン>と<テッド>の違いについて紹介します。

全く紳士じゃない下品なくま<テッド>!

↓映画『テッド』(2012年公開)の予告はこちら↓

下品で中年おやじな感じの小さなくま<テッド>。

しかし、みんなから愛されキャラになり、大人気映画となりました!

小さなクマでも映画によって、色々なタイプがいるみたいですね(笑)

テッドの声優:<有吉弘行>!

<テッド>の声優を務めたのは、まさかのお笑い芸人<有吉弘行>!

しかし、お笑い芸人<有吉弘行>の声が<テッド>にとてもハマッていて非常に良かったですよ。

私は映画『テッド』を最初に日本語吹き替えで観たので、とても違和感なく観れました。

↓映画『テッド』の<有吉弘行>日本語吹き替え版はこちら↓

最後にまとめ

第2作目となる続編の映画『パディントン2』を紹介させていただきました。

1作目同様、2018年も映画『パディントン2』は話題作になります!!もう今から楽しみですね。

お楽しみに。

あと、2018年公開予定の話題作を、ランキング形式でまとめた記事も書きましたので、是非見てみてください↓

公開予定の映画2018年おすすめランキング!ベスト50をご紹介!(洋画編)

2017.09.17










関連記事はこちら