映画『ライオン/25年目のただいま』のキャスト紹介と観た感想は?現在は?

この映画はまるで奇跡のような実話だった。

※世界中の子どもたちが直面している貧困や、虐待、搾取や、人身売買等を含んだいろいろな問題が描かれている。

ライオン 25年目のただいまを映画館で見た感想!

1986年、インドのスラム街出身の5歳の少年サルーは兄と近隣の駅に出かけた。

しかし、サルーは途中眠くなってしまい、駅で待つよう兄に言われることに。

眠りから覚め、起きると電車の中にてしまっていたのである。

そして遠い街に運ばれてしまい、サルーは兄とそのまま迷子になってしまった。

 

迷子になってしまったサルーは必死になんとしてでも家族の元へ帰ろうとするが帰れず、オーストラリアの夫婦に引き取られることになったのだ。

そのまま25年が経過し、オーストラリアの大学にて学んでいたサルーは、知り合い(友人)に自身が養子なのだという点を打ち明けると、グーグルアースを活かしてインドの生まれ故郷を見つけ出すことを勧められることになる。

インドの故郷を調べ始めたサルーだったが、そんな簡単にはすぐに見つかるはずもない。

しかし、ある夜にグーグルアースにて見覚えのある場所を見つけ出すことになる。やっと自分自身の故郷、自分の本当の家族の元を突き止め、生まれ故郷に帰る決意をする…。

奇跡と感動の実話だがサルーを待っていた結末とは…。

気になるキャストは?

・デブ・パテルサルー(サルー役)

《出演映画》

『チャッピー』
『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』
『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』など。

・ルーニー・マーラルーシー(ルーシー役)

《出演映画》

『PAN ネバーランド夢のはじまり』
『トラッシュ!この街が輝く日まで』
『キャロル』など。

・ニコール・キッドマンスー(スー役)

《出演映画》

『ブレイクアウト』
『オーストラリア』
『イノセント・ガーデン』
『ラビット・ホール』
『アザーズ』
『ムーラン・ルージュ』など。

・デビッド・ウェンハムジョン(ジョン役)

《出演映画》

『300 スリーハンドレッド帝国の進撃』
『パブリック・エネミーズ』など。

・サニー・パワールサルー(幼少期の役)

・ガース・デイビス 《監督》

気になる現在は?!

今は養父母の住むオーストラリアのタスマニアで生活を送っているブライアリー氏。

ブライアリー氏自らが取り組む養子縁組の支援活動に力を注いでいる。

※以前からネットサイトでも話題になり、25年の時間が経過してしまってから、自分の本当の親と再会した、インド人の青年の奇跡と感動の物語となる。

過去にニュースで世間に知り渡り、世界規模で報じられた。

私個人の意見としては、実話でありながら、こういった世界で起きている問題を一人一人に知ってもらえる良いきっかけに繋がる映画だと思った。

私も含め、この映画を見た人は何を考え何を思い、今私たち自身がどれだけ裕福な生活を送り、家族、友人の大切さを改めて確認できる、すばらしい映画になっている。










関連記事はこちら