映画『アメイジング・ジャーニー/神の小屋より』のあらすじと日本公開日は?キャストのすみれがハリウッドデビュー!

自費出版で読者の口コミが広がったことによって、アメリカでベストセラーになった小説がついに映画化。

あの大注目された映画『アバター』で主演を務めたサム・ワーシントンが贈る映画『アメイジング・ジャーニー/神の小屋より』

映画『アメイジング・ジャーニー/神の小屋より』の公開日まで決定しました。

さらに映画『アメイジング・ジャーニー/神の小屋より』に日本でモデルや歌手など幅広く活躍し、父が石田純一というこでも有名な娘の《すみれ》がハリウッドデビュー作として出演しています!!

そんな《すみれ》のネイティブな英語とハリウッドデビュー作でもある映画『アメイジング・ジャーニー/神の小屋より』の出演により、今後のハリウッド映画での活躍が期待されます。

この記事では映画『アメイジング・ジャーニー/神の小屋より』をたっぷり紹介していきますね。

映画『アメイジング・ジャーニー/神の小屋より』のあらすじ

↓予告編はこちら↓

2017年/アメリカ
上映時間132分
監督:スチュアート・ヘイゼルダイン
主演:サム・ワーシントン

 

愛する妻子に囲まれ、幸せに暮らすある一人の男。そんな彼が家族とキャンプに行くことに。

家族との楽しいキャンプのはずだったが突然、娘がキャンプ中にさらわれてしまい、娘が姿を消してしまう…。

捜索の末、ある山小屋で娘の血に染まったドレスが発見される。

警察が追っている連続殺人犯の犯行だと考えられていたが、娘の遺体は見つからないままだった…。

娘が姿を消してから年月が経つが、それでも父親である彼の悲しみは消えることはなかった。残された妻とも少しずつ溝が深まっていく。

そんなある日、彼の元に1通の手紙が届く。その手紙の中身には<あの小屋に来い>と一言だけ書いてあったのだ…。

映画『アメイジング・ジャーニー/神の小屋より』の日本公開日は?!

日本公開日は2017年9月9日に決定しました。

公開まで待ち遠しいですが、それまでにしっかり映画『アメイジング・ジャーニー/神の小屋より』をチェックしておきましょう!

映画『アメイジング・ジャーニー/神の小屋より』の見所ポイント3つを紹介

見所ポイント1:自費出版→ベストセラー→映画化

本を実際に出版している人なら分かると思いますが、出版社から本を出版することはそんな簡単なことではありません。

映画『アメイジング・ジャーニー/神の小屋より』は自費出版からベストセラーになった小説を原作としています!

作家はウイリアム・ヤングといい、とくに作家を目指していた訳ではありません。出版した本は、子供のクリスマスプレゼントに書いた物語。

その物語を数人の友人が読んだところ、とても好評だったため刊行することに決めたのがきっかけでした。

もちろん、出版当時は全く売れませんでしたが、一部の熱狂的なファンから支持されて、ベストセラーになりました!!

ニューヨーク・タイムズでは2008年から2010年のはじめまで、最も売れた書籍として紹介されています。

そして2017年に本から映画化になり、もっと世の中に知れ渡る作品になっていくことでしょう!非常に楽しみですね!!

見所ポイント2:すみれのハリウッドデビュー作

Mood @gqjapan #tb

Sumire すみれ ♋️さん(@sumire808)がシェアした投稿 –

映画『アメイジング・ジャーニー/神の小屋より』でまた一人、日本から世界に!!

日本では父が石田純一ということでも有名で、数多くのテレビ番組で活躍されていました。その名は《すみれ》です。

モデルでもあるためスタイル抜群です。高身長ということもあり、映画の中では違和感なく演じられていました。

今後の活躍も期待大ですね。

ちなみに《すみれ》の役はサラユと呼ばれる聖霊で、とても重要な役どころですよ!

見所ポイント3:すみれのネイティブな英語力

ハリウッド映画で活躍するには、まずネイティブな英語力が求められます!

日本人俳優、女優でただ英語を話せても、ネイティブに英語を話せないとまずハリウッドで活躍するのは厳しいと言われています。

しかし、《すみれ》はネイティブに英語を話し、海外の人も聞き取りやすい英会話力なのでしょう!!

↓その証拠にこちらの動画をどうぞ↓

私も英語は話せませんが、この動画を見ると英語で話すことをとても慣れている感じが伝わります!!

ここからは、主演を務めた<サム・ワーシントン>についてご紹介していきます。

主演を務めた<サム・ワーシントン>について

1976年8月2日生まれ、年齢は(41歳)。出身はオーストラリア。

引用元:http://eiga.com/person/32920/

オーストラリア出身の俳優です。ジェームズ・キャメロン監督のSF映画『アバター』の主演に抜擢され、世界から注目が集まりました。

一気にハリウッドスターの仲間入りし、その後は映画『ターミネーター4』など有名な数多くの映画に出演しています。

今後も注目を集める俳優の一人です。

 

なので、ここからは主演を務めた俳優<サム・ワーシントン>をもっと知って頂きたく、<サム・ワーシントン>出演映画ランキングベスト3を発表しますね!!

評価の基準は私が<サム・ワーシントン>の印象を最も受けた作品を紹介していきます。

第3位:映画『崖っぷちの男』(2012年公開)

2012年/日本
上映時間:102分
監督:アスガー・レス
主演:サム・ワーシントン

映画『崖っぷちの男』のあらすじ

ある計画を成功させるため飛び降り自殺を見せかける男。そしてその男と対峙する女刑事の駆け引きを描いたサスペンス・ストーリー。

30億円のダイヤを強奪した罪で捕まった元刑事のニック<サム・ワーシントン>が脱獄。

ホテルの高層階から身を乗り出し、飛び降りようとする。

しかし、それを制止しようと説得する警察にニックは、女刑事を唯一の交渉役として指名するのだが…

総合評価

・おすすめ:★★★☆☆
・ストーリー:★★★★☆
・キャスト:★★★★☆
・映像:★★☆☆☆

合計 70/100点

コメント

最後まで目が離せない作品。

ドキドキしながら最後まで観ました。

<サム・ワーシントン>の演技も良く、最後まで飽きずに観れた作品です。

第2位:映画『ハクソー・リッジ』(2017年公開)

2016年/アメリカ・オーストラリア合作
上映時間:139分
監督:メル・ギブソン
主演:アンドリュー・ガーフィールド

映画『ハクソー・リッジ』のあらすじ

第二次世界大戦時、武器を持たずして75人もの負傷兵を救った実在の兵士の姿を描く感動の実話。

激戦地に飛び込んだデズモンドは、退去を命じられても戦場に留まり、負傷兵たちを救いだそうとするのであった。

総合評価

・おすすめ:★★★★☆
・感動の実話:★★★★★
・注目度:★★★★☆
・映像:★★★★☆

合計 82/100点

コメント

映画『ハクソー・リッジ』の主演は<サム・ワーシントン>ではありませんが、重要な役所でとても印象に残りました!!

監督が<メル・ギブソン>で注目を集めた作品でしたが、キャスト陣の演技にも注目ですよ。

 

映画『ハクソー・リッジ』の見所はこちら

第1位:映画『アバター』(2009年公開)

2009年/アメリカ
上映時間:162分
監督:ジェームズ・キャメロン
主演:サム・ワーシントン

映画『アバター』のあらすじ

地球から遠く離れた惑星にやってきた元海兵隊のジェイク<サム・ワーシントン>は、自らの分身になるアバターを操り先住民と交流するのだが、やがて先住民との大きな戦いに発展することになってしまう…。

総合評価

・おすすめ:★★★★★
・ストーリー:★★★★★
・上映時間:★★★★★
・映像:★★★★☆

合計 85/100点

コメント

俳優<サム・ワーシントン>の代表作品と言えば、映画『アバター』!!

上映時間も162分でとても見応えあります。この作品によって3D上映が話題になりました。

続編の噂もあるので、非常に楽しみですね。

最後にまとめ

最後までお楽しみ頂けたでしょうか?!

映画『アメイジング・ジャーニー/神の小屋より』は見所もたくさんあり、注目を集めるであろう作品です。

公開まで待ち遠しいですね。是非、映画館でお楽しみください!

あと、2017年公開予定の話題作を、ランキングベスト15まとめ記事も書きましたので、是非、見てみてください↓

公開予定の映画2017年おすすめランキング!ベスト15をご紹介!

2017.09.15










関連記事はこちら