映画『ジュマンジ』の評価と感想は?続編も決定!

とても不思議なボードゲームをプレイするごとに現実に起こりえてしまうというハプニングを引き起こすボードゲームのストーリー!

私が子どもの時、衝撃だった映画でもあり、とてもお世話になった作品でもあります。子ども~大人まで大人気!

しかも、20年前の映画でもあるのに、2017年12月22日に全米で続編が決定し、今でもファンから根強い人気を誇る作品です!!

主演のロビン・ウィリアムズ代表作でもある、ファンタジー映画『ジュマンジ』をたっぷり紹介していきます。

最後までお楽しみにください。

続編の映画『ジュマンジ2』の情報はこちら

映画『ジュマンジ』のあらすじ

↓予告編はこちら↓

※字幕はありません。

1995年/アメリカ
上映時間103分
監督:ジョー・ジョンストン
主演:ロビン・ウィリアムズ

 

1969年、靴工場を営むパリッシュ家の12歳になる一人息子アラン。アランは気の弱い少年で、いつも厳格な父に叱られていた。

ある日、息子のアランは工場現場から大きな木箱を見つける。その木箱には<ジュマンジ>と書かれたゲーム盤で、アランはガールフレンドのサラを呼んで一緒にボードゲーム<ジュマンジ>をプレイすることに。

ところが、このゲームはプレイするごとに現実に起こりえてしまうハプニングを引き起こすボードゲームだった…。

 

あと、今までの名作ファンタジー映画をランキング形式にして、まとめた記事を書いたので、是非見てみてください↓

ファンタジー映画のおすすめランキング!ベスト15をご紹介(洋画編)

2017.09.20

映画『ジュマンジ』の評価

おすすめ:★★★
ストーリー:★★★
キャスト:★★☆
映像:★★☆
合計82/100点

ハプニングの連続を引き起こすボードゲームストーリー。しかし、ラストまで観ると実はとても感動的なストーリーでもあります。

最初からハラハラ、ドキドキの連続です。すぐに次の展開が気になる作品で、観ている側は映画『ジュマンジ』に引き寄せられます。

90年代の映画なのでCGは今と比べて違和感ありますが、それでも迫力はすごいものを感じられる作品。

もう亡くなってしまっている主演を務めたロビン・ウィリアムズの若さも見所!!とても良い演技をしていました。もっとロビン・ウィリアムズの活躍を観ていたかったです。

ロビン・ウィリアムズありがとう!!

ボードゲーム<ジュマンジ>から、たくさんの動物が飛び出し、街中を大暴れするシーンは必見です↓

 

ここからは、映画『ジュマンジ』の感想をご紹介します。

映画『ジュマンジ』の感想

90年代はボードゲームのブームでもあり、モノポリーや人生ゲームは私自身も子供の頃よくやっていました。

そのボードゲームを現実に引き起こしてしまうという設定がとても私はハマりました。子どもの頃から観た作品でも、一つ一つのシーンは今でもはっきり覚えているほど印象に残っている作品です。

ハプニング連続の映画『ジュマンジ』ですが、感動もある作品なので、とてもバランスが取れている映画と見受けられました。

私の大好きなシーン↓


↑本棚からサイが飛び出してくるのは反則ですよね(笑)

主演を務めたロビン・ウィリアムズについて

ロビン・ウィリアムズ

引用元:http://eiga.com/person/82035/

コメディアンから俳優まで幅広く活躍していました。アカデミー主演男優賞にも3度ノミネートされ、まだまだ活躍が期待されていた俳優の一人。

63歳で亡くなってしまい、死因は自宅での自殺と断定。ロビン・ウィリアムズはうつ病に悩まされていたそうです。

映画『ジュマンジ』でのロビン・ウィリアムズの顔の表情がとても大好きでした。まだまだ俳優としての活躍を本当に観たかったです。

映画『ジュマンジ』での出演者達の当時から現在までの動画はこちら↓

20年も経つと、出演者達も大きく変わりました!!

最後にまとめ

映画『ジュマンジ』の続編も決まり、目が離せない作品!!

続編が決まり、ファンは大盛り上がりでしょう。続編の公開が待ち遠しいですね。

お楽しみに!

あと、2018年公開予定のファンタジー映画『ジュマンジ2/ウェルカム・トゥ・ジャングル』、まとめ記事も書きましたので、是非見てみてください↓

映画『ジュマンジ2/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のあらすじと日本公開日は?キャストと予告編をご紹介!

2017.03.22










関連記事はこちら