映画『おとなの恋の測り方』公開直前!デキる男の魅力とは?

アカデミー賞俳優ジャン・デュジャルダンが贈る、笑えて元気がもらえるマルセイユ舞台の逆身長差ラブストーリーが日本上陸!

恋に悩んでいる、コンプレックスに悩んでいるあなたは映画『おとなの恋の測り方』を観れば悩みが解決するかも?!該当する方必見です!!

ユーモアたっぷりで大人の心に優しく響く映画!日本公開日は2017年6月17日(土)です。

この記事では映画『おとなの恋の測り方』をたっぷり紹介していきますね!!

映画『おとなの恋の測り方』のあらすじはこちら

2016年/フランス
上映時間98分
監督:ローラン・ティラール
主演:ジャン・デュジャルダン

スポンサーリンク



映画『おとなの恋の測り方』の感想を紹介

映画『おとなの恋の測り方』の感想を紹介していきます!

・日本人好きそう。他人の目を気にしないイメージのフランス人も気にするんだーという親近感。
テーマは別に軽くないけど、軽やかな感じがいい。女の子が可愛かった!

・奥深いテーマをコメディで重くしていないところがまたシュール。
好きな人への複雑な気持ちが良く表現されていた。

・とっても微笑ましい、ハートウォーミングな映画です

引用元:https://filmarks.com/movies/70320

映画『おとなの恋の測り方』から学ぶデキる男の4つの魅力!

男の魅力①:会話を磨こう!

仕事でも恋愛(プライベート)でも会話力次第で乗り越えられることはたくさんあります。

あなたが思わず「この人とたくさん話していたい」「もっとずっと一緒にいたい」と思わせるようなトークが超重要!

映画『おとなの恋の測り方』ではアレクサンドルは偶然拾ったディアーヌの携帯電話から彼女に連絡し、なんと次の日にデートを取り付けます。

映画『おとなの恋の測り方』のアレクサンドルからトーク術を学びましょう!

男の魅力②:いつでも余裕ある男でいること!

バツイチのアレクサンドルは息子と2人暮らし。根は優しいけどニートの息子に優しく、でも自立できるよう、さりげなく息子の背中を押す父のアレクサンドル。

彼となら幸せな家庭を築けるかもと思わせるような《家庭人としての姿》もGOOD!

男の魅力③:常に女性に対してサプライズを!

アレクサンドルがデキル男に見える瞬間とは?!
それはデートでのサプライズの連続です!

デート中にいきなり「すごい体験をしに行こう」とその場からスカイダイビングへっ直行!
さらに次のデートは港の倉庫で闇営業する超隠れ家レストランに直行!!

相手の女性に「他の人じゃこんなことしてくれない!」と思わせたら、もう彼女はあなたに夢中でしょう(笑)

男の魅力④:身長の低さが問題じゃない!男の器の大きさが大事なのだ!!

映画『おとなの恋の測り方』で自分の身長の低さをジョークにしてしまえる、心の器の大きいアレクサンドル。

だから、大男とも喧嘩上等!彼女の同僚にちょっとからかわれても平気!!《背は小さいけど、小さな事は気にしない》そんな男とならずっと楽しく過ごせるはずでしょう。

映画『おとなの恋の測り方』から伝わる世界共通なこと!

個人的な考えですが、日本人は世間体や形にすごくこだわると思っていました。しかし、映画『おとなの恋の測り方』でフランス人も恋愛は世間体を気にする日本人とあまり変わりはないと感じました!

勝手なイメージになりますが、フランス人は年齢や外見にこだわらず自由に恋をする種族だと思っていましたが、日本人と変わらない一面を目撃して安心しました。

男性はコンプレックスをバネに仕事で成功する傾向があり、《世界中の社長の55パーセントは身長172センチ未満》という説があります!

誰でもコンプレックスはあります。コンプレックスをバネに頑張れば、映画『おとなの恋の測り方』を観たあなたも成功するかもしれませんね!

アカデミー賞俳優ジャン・デュジャルダンが演じたアレクサンドル役について

引用元:http://eiga.com/person/38371/

映画『おとなの恋の測り方』でアカデミー賞俳優のジャン・デュジャルダンが演じた(アレクサンドル役)は低身長といった設定です。

しかし、俳優のジャン・デュジャルダンの実際の身長は182センチ!!俳優のジャン・デュジャルダンを小柄に見せるために撮影は相当大変だったようです。

↓ティラール監督は俳優ジャン・デュジャルダンを小柄に見せるために撮影の苦労を話してくれています。↓

「撮影はとても大変だったね。アレクサンドルの全身が映るシーンではCGを使っているんだ。でもCGだけではなくて、俳優(ジャン・デュジャルダン)が膝をついて演技をしたり、遠近法を使ったり、時には本当に背の低い代役の男性を使って、後ろ姿を撮影したりと、あらゆる方法を使って撮影をしたよ」と明かし「スクリーンで見ると自然に見えるかもしれないけれども、実際に演技をする役者にとっては、視線をかわすことを想定して演技をしなければいけないから、とても難しかったと思う」

引用元:http://eiga.com/news/20170613/16/

最後にまとめ

映画『おとなの恋の測り方』は笑えて、元気がもらえるラブストーリーですが、さらにコンプレックスを気にする人を勇気づける作品でもあります。

男女関係なく、大人全員に観てもらいたいです。是非、劇場でご覧ください。

お楽しみに!










関連記事はこちら