映画『女と男の観覧車』あらすじと日本公開日は?キャストはケイト・ウィンスレット主演!




映画のお兄さん
映画『タイタニック』で一躍輝いたケイト・ウィンスレットの最新作が公開しますよ~!

1950年を舞台に、恋に溺れていく女性を描いた作品がスクリーンにやってきますよ!

その名は、映画『女と男の観覧車』。

キャストは《ケイト・ウィンスレット》、《ジャスティン・ティンバーレイク》といった2大共演です。

主演を務めたケイト・ウィンスレットの演技評価が高かった作品でもあるので、注目したいですよ!

この記事では、映画『女と男の観覧車』をご紹介していきます。

映画『女と男の観覧車』のあらすじ

↓予告編はこちら↓

2017年/アメリカ
上映時間:101分
監督:ウッディ・アレン
主演:ケイト・ウィンスレット

 

コニーアイランドの遊園地内にあるレストランで働いている元女優のジニー。

再婚同士で結ばれた回転木馬操縦係の夫・ハンプティと彼女の連れ子の3人で観覧車の見える部屋で暮らしていたのだった。

だが、ハンプティとの生活に失望していたジニーは、内緒で海岸で監視員のアルバイトをしながら脚本家を目指しているミッキーと交際していたのだ。

ミッキーとの幸せな未来を想像していたのだが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていたハンプティの娘キャロライナが突然現れ、全てが狂い始めるのだった・・・。

映画『女と男の観覧車』の日本公開日は?!

映画『女と男の観覧車』の日本公開日が決定しました!

日本公開日は、2018年6月23日となります。

《ケイト・ウィンスレット》の演技、そして、豪華キャストの一人である《ジャスティン・ティンバーレイク》に目が離せないですね!!

映画『女と男の観覧車』の見所は?!

主人公ジニーは、夫との生活に嫌気がさしていたが、監視員のアルバイトをしながら脚本家でもあるミッキーと内密に交際することによって、幸せを感じていました!

しかし、夫の娘が突然現れることによって、徐々に全てがぶち壊されていくのですよ・・・。

ギャングと駆け落ちして、音信不通だった夫の娘がなぜこのタイミングで姿を現したのか?!

非常に気になりますよね!!

しかも、予告編では突然姿を現した夫の娘に、交際相手のミッキーを奪われた?!かのようなセリフも気になります。

いったい、何を企み突然姿を現したのでしょうか!

主人公ジニーは、幸せな生活を取り戻せるのか?!

 

ここからは、映画『女と男の観覧車』のキャストをご紹介します。

映画『女と男の観覧車』のキャストは?!

<ケイト・ウィンスレット>

1975年10月5日生まれ、年齢(42歳)。出身はイギリス。

1994年の17歳の時に、映画『乙女の祈り』で映画デビューを果たす。

1995年には、映画『いつか晴れた日に』でアカデミー助演女優賞にノミネート。

そして、1997年に映画『タイタニック』で一気に注目される女優になります。

その後も、多数の話題作に出演して、実力派女優の一人となるのです。

ちなみに、私が最近のケイト・ウィンスレット出演作品で印象に残っているのは、2017年公開の映画『素晴らしきかな、人生』です。

<ジャスティン・ティンバーレイク>

1981年1月31日生まれ、年齢(37歳)。出身はアメリカ/テネシー州。

元々は大人気ミュージシャンとして活躍し、2004年に俳優デビューを果たします。

2010年に映画『ソーシャル・ネットワーク』に出演し、話題となりました!

そして、2011年には映画『TIME』で主演を務めます。

現在も俳優だけでなく、ミュージシャンとしても活躍し、幅広く活動している。

<ジュノー・テンプル>

1989年7月21日生まれ、年齢(28歳)。出身はイギリス。

2000年にスクリーンデビューを果たす。

その後も注目作品に出演し、2012年に映画『ダークナイト/ライジング』、2014年には映画『マレフィセント』などの超大作にも出演。

最後にまとめ

映画『女と男の観覧車』をご紹介させていただきました!

それぞれの役柄が発揮される作品なので、一人ひとりの演技に注目して見たいですよね!!

もうまもなく公開ですよ~。お楽しみに。

ちなみに、2018年の話題作をまとめた記事も書きましたので、是非合わせてご覧ください↓










洋画を見るのにおすすめな動画配信サービスを徹底比較してみましたので、是非参考にしてみてください。

関連記事はこちら