映画『ボストン ストロング/ダメな僕だから英雄になれた』あらすじと日本公開日は?!




映画のお兄さん
2013年のボストン・マラソン爆発テロ事件で被害を受けた、実在する人物の勇気と感動を映画化!!

2013年のボストン・マラソン爆発テロ事件の被害を受けた、実在する人物の実話が映画化されました。

その名は、映画『ボストン ストロング/ダメな僕だから英雄になれた』。(原題:Stronger)

実在する人物のジェフ・ボーガンは、2013年のボストン・マラソン爆発テロ事件の被害者の一人です。

彼の困難を乗り越え、再生する姿が描かれた作品。

再び、スクリーンに勇気と感動を与えてくれる作品が登場ですね。

この記事では、映画『ボストン ストロング/ダメな僕だから英雄になれた』をご紹介します。

映画『ボストン ストロング/ダメな僕だから英雄になれた』のあらすじ

↓予告編はこちら↓

2017年/アメリカ
上映時間:120分
監督:デビッド・ゴードン・グリーン
主演:ジェイク・ギレンホール

 

ボストンで暮らしていたジェフ・ボーガン。

ジェフは、元恋人のエリンの愛情を戻すために、彼女が出場するボストン・マラソンの応援に駆けつけていた。

だが、ゴール地点の付近で突如発生した爆発テロに巻き込まれて、両脚を失う大怪我を負ってしまったのだった。

意識を取り戻したジェフは警察に協力し、ジェフの証言をもとに犯人が特定されると一躍ヒーローとして脚光を浴びるのだが・・・。

映画『ボストン ストロング/ダメな僕だから英雄になれた』の日本公開日は?!

映画『ボストン ストロング/ダメな僕だから英雄になれた』の日本公開日が決定しました!!

日本公開日は、2018年5月11日です。

ボストン・マラソン爆発テロ事件で被害を受けた、実在した人物のジェフ・ボーガンの実話を映画化したのです。

勇気と感動の作品を、是非映画館で!!

映画『ボストン ストロング/ダメな僕だから英雄になれた』の特別映像を公開!

↓特別映像はこちら↓

キャスト一人ひとりの作品に対する思いを語ってくれている、特別映像です!!

この作品は《愛が持つ希望》が、絶望的な環境でも乗り越えられることが出来ることを、実在する人物のジェフ・ボーガンが教えてくれる映画のようです。

実在する人物のジェフ・ボーガンも映画について語ってくれているので、必見ですよ。

今作品はテロの映画ではなく、人間ドラマが中心してストーリー展開していきます。

映画『ボストン ストロング/ダメな僕だから英雄になれた』の見所は?!

主人公のジェフ・ボーガンは、元彼女が参加するマラソン大会に行き、応援していたジェフが爆発テロ事件に巻き込まれてしまうのです!

そして、両脚を失ったジェフの生活が一転する様子が深く描かれています。

この事件をきっかけに、ジェフと元彼女の関係性が変化していく様子など、気になってきますよね?!

さらに、両脚を失ったジェフは生活にも影響が出て、ジェフに対する周囲の人たちの接し方にも目が離せません!

事件後の主人公ジェフの葛藤などが、上手く描かれた作品にも見受けられますね。

 

ここからは、主演を務めたジェイク・ギレンホールについてご紹介していきます。

キャストはジェイク・ギレンホール主演!

1980年12月19日生まれ、年齢(37歳)。出身はアメリカ/カリフォルニア州。

1991年に映画デビューを果たす。

1999年の青春ドラマである『遠い空の向こうに』で主演を務め、注目を集めます。

その後も話題作に出演し続け、2005年に『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞助演男優賞をノミネート。

ジェイク・ギレンホールは、役作りにも定評があり、俳優として評価が高い一人ですよ。

最後にまとめ

映画『ボストン ストロング/ダメな僕だから英雄になれた』をご紹介させていただきました。

ジェイク・ギレンホールの徹底した役作りに、注目が集まる事でしょうね!

実在する人物のジェフ・ボウガンから勇気と感動作品に目が離せませんよ。

ちなみに、2018年の話題作をランキング形式にまとめた記事も書きましたので、是非合わせてご覧ください↓










洋画を見るのにおすすめな動画配信サービスを徹底比較してみましたので、是非参考にしてみてください。

関連記事はこちら