恋愛映画おすすめランキング2018!洋画ベスト15をご紹介!

映画のお兄さん
洋画おすすめのラブ・ストーリーをご紹介します!

こんにちは、映画大好きのサカイです。

僕は、映画館や動画配信サービスを利用し、年間150本以上(目標200本)の映画を視聴しています。

そして、今も徐々に見る本数を順調に増やし続けていますよ(笑)

 

恋愛映画は、男女問わず、カップルや夫婦にも人気の高いジャンルの一つですよね?!

僕が今まで見た映画の中で、「この恋愛映画は名作!」と感じた作品をたくさんあります!

 

今回はその見てきた恋愛映画の中でも、衝撃と感動、そしてまた見たくなり、僕自身がおすすめしたい作品をランキング形式にベスト15にまとめました。

僕好みになりますが、是非最後までお楽しみください。

※随一更新していきます。

洋画おすすめランキング

【洋画おすすめ①:感動おすすめ映画ランキング】
感動映画おすすめベスト15はこちら

【洋画おすすめ②:カップルおすすめ映画ランキング】
カップルおすすめ映画ベスト15はこちら

【洋画おすすめ③:名作の映画おすすめランキング】
名作の映画おすすめベスト30はこちら

目次

恋愛おすすめ映画ランキング・ベスト15を発表!

ここからは、僕のおすすめ恋愛映画をベスト15でご紹介しますね。

最後までお楽しみください!

第15~11位

第15位:映画『おとなの恋の測り方』 (日本公開:2017年)

引用元:https://eiga.com/movie/86156/photo/

2016年/フランス
上映時間:98分
監督:ローラン・ティラール
主演:ジャン・デュジャルダン、ビルジニー・エフィラ

 

・ストーリー:

・面白さ:

・見やすさ:

おすすめ度:70/100点

夫と離婚し、恋愛から遠ざかっていた女性が運命の男性に出会ったと思ったら、なんと身長が自分よりも低い事に驚きを隠せなかったが、時間を共に過ごしていくうちに惹かれ合い、恋に発展していくラブ・ストーリーです。

今作品は、男の魅力は見た目だけじゃないと、声を大にして言っている様な作品でしたよ(笑)

 

今作品は、人は見た目か内面かのどちらが大事かを考えさせられる、奥が深い映画でした。

人間の器の大きさも学べることができ、外見に驚かされても魅力たっぷりの存在の大きさを感じることもできる勉強になる恋愛映画です。

大きな盛り上がりはないですが、数々の名言がたくさん詰まっている作品ですよ。

第14位:映画『P.S.アイラヴユー』 (日本公開:2008年)

引用元:https://eiga.com/movie/53243/photo/

2007年/アメリカ
上映時間:126分
監督:リチャード・ラグラベネーズ
主演:ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バトラー

 

・ストーリー:

・キャスト:

・感動:

おすすめ度:72/100点

最愛の夫を亡くし、家に引きこもっていた妻が誕生日にテープが届き、その後死んだはずの夫から手紙が届き始める感動ラブ・ストーリーです。

キャストは、オスカー女優のヒラリー・スワンク、そして幅広いジャンルの作品で活躍するジェラルド・バトラーが主演を務めましたよ!

 

今作品は、夫婦におすすめしたい1本です。どんなにケンカしても突然相手が居なくなる淋しさを教えてくれる映画でした。

恋愛だけじゃなく、友情、親子愛も描かれていて感動をいっぱい詰めた作品でしたよ。

第13位:映画『一枚のめぐり逢い』 (日本公開:2012年)

引用元:https://eiga.com/movie/55974/photo/

2012年/アメリカ
上映時間:101分
監督:スコット・ヒックス
主演:ザック・エフロン、テイラー・シリング

 

・ストーリー:

・キャスト:

・大人の恋:

おすすめ度:74/100点

イラクに赴任していた米軍の1人の男が戦場で美しい女性が写る写真を拾い、何度も命を救われ、帰国後に写真に写っている女性に会いに行き、恋愛に発展する物語です

今作品は純愛物語と言うよりも、大人のラブ・ストーリーと言った感じの作品でした!

 

イケメンで有名な俳優ザック・エフロンはとてもクールな役を演じ、今までと違った演技も見れて印象に残った映画です。

ストーリーの流れは予想できる感じでしたが、最後まで夢中になれる恋愛映画ですよ!

ちなみに、僕はDVDも買っちゃいました(笑)

ちなみに、ザック・エフロンもランクインしている海外イケメン俳優をランキング形式にまとめた記事も書きましたので、合わせて参考にしてみてください

第12位:映画『きみに読む物語』 (日本公開:2005年)

引用元:https://eiga.com/movie/1570/photo/

2004年/アメリカ
上映時間:123分
監督:ニック・カサベテス
主演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス

 

・ストーリー:

・キャスト:

・感動:

おすすめ度:75/100点

1940年代の南部の町で、良家の女性と貧しい男性との2人の間に生まれた純愛物語です。

恋愛映画の中では、かなり有名な作品で注目されましたよ!

 

キャストは、たくさんのラブ・ストーリーに出演しているレイチェル・マクアダムス、ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』で日本でも話題になったライアン・ゴズリングが主演を務めました。

全米でも話題になった作品で、ラストの終わり方は感動の一言です!

純愛映画を見たいなら、外しちゃいけない1本ですよ。

第11位:映画『君への誓い』 (日本公開:2012年)

引用元:https://eiga.com/movie/57842/photo/

2012年/アメリカ
上映時間:104分
監督:マイケル・スーシー
主演:レイチェル・マクアダムス、チャニング・テイタム

 

・ストーリー:

・衝撃:

・感動:

おすすめ度:78/100点

幸せな新婚生活を送っていた男女2人だったが、交通事故によって彼女の記憶が一部失ってしまい、お互いが出会ってからのことを全く覚えていないところからスタートします。

彼は、彼女に記憶を取り戻してもらいたく、一生懸命2人の思い出の話や場所に向かいますが全く記憶が戻りません・・。

 

今作は実際に起きた衝撃の実話で、記憶が戻らないままでも彼女はまた彼を好きになり、実際に2人はゴールインしました!

現在は、幸せな夫婦生活を送っているとのことですよ。かなり凄い実話なので、是非おすすめしたい恋愛映画です!

続いて、第10~6位をご紹介していきますね。

第10~6位

第10位:映画『ニューイヤーズ・イブ』 (日本公開:2011年)

引用元:https://eiga.com/movie/56275/photo/

2011年/アメリカ
上映時間:118分
監督:ゲイリー・マーシャル

 

・ストーリー:

・ハッピー:

・映像:

おすすめ度:79/100点

大晦日のニューヨークを舞台に、それぞれ男女の姿が描かれたストーリーです。

豪華キャストが勢揃いで、カップルや夫婦に自信を持っておすすめしたい1本でもあります。

 

心温まるストーリー展開なので、誰でも楽しめる映画ですよ。

今作品で登場し、注目してもらいたいキャストはザック・エフロンのイケメンっぷりでした(笑)

慌しい大晦日のそれぞれの出来事が描かれていて、ラストまで見飽きることなく楽しめる作品ですよ。

第9位:映画『きみがぼくを見つけた日』 (日本公開:2009年)

引用元:https://eiga.com/movie/54831/photo/

2009年/アメリカ
上映時間:110分
監督:ロベルト・シュベンケ
主演:レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ

 

・ストーリー:

・SF:

・エンディング:

おすすめ度:81/100点

時空を越えて未来や過去に行き来してしまう男と運命的な出会いをし、恋に発展するSF恋愛映画です。

二人は付き合い、結婚して幸せな生活を送るはずだったが、自分の意思とは関係なくタイムトラベルしてしまう彼と衝突しながらも生活を共に続けます。

 

ですが、後々に彼の生命に関わる衝撃的な事実を知ることになり、ラストには感動的なエンディングを迎えますよ!

少し見ていてややこしい作品ではありましたが、運命的な出会いからの恋の発展とラストのエンディングにとても印象に残る作品となりました。

SFを交えた恋愛映画もけっこう集中して見ちゃうもんですね(笑)

第8位:映画『かけがえのない人』 (日本公開:2015年)

引用元:https://eiga.com/movie/81201/photo/

2014年/アメリカ
上映時間:118分
監督:マイケル・ホフマン
主演:ミシェル・モナハン、ジェームズ・マースデン

 

・ストーリー:

・出会い:

・運命:

おすすめ度:82/100点

深く愛し合っていた高校生の2人だったが、ある出来事から離ればなれになり、20年後に再会した事によって現在と過去を交互に描かれた感動ラブ・ストーリーです。

「物事にはすべて意味がある」をという考えを信じている男は、2人の再会にも何かの意味を感じます。

 

純愛映画でもあり、感動ストーリーでもある今作品は、色々な意味が隠されている物語です。

今作品は恋愛映画なのですが、人それぞれの《運命》について考えさせられる内容でもあります。

僕が今まで見た恋愛映画の中で、一番色々なことを考えさせられた作品でもありました。

運命を変えることはできないのか・・?!

第7位:映画『きみがくれた物語』 (日本公開:2016年)

引用元:https://eiga.com/movie/84282/photo/

2016年/アメリカ
上映時間:111分
監督:ロス・カッツ
主演:ベンジャミン・ウォーカー、テリーサ・パーマー

 

・ストーリー:

・出会い:

・映像:

おすすめ度:85/100点

小さな海沿いの町で偶然出会い、恋に落ち、結婚しますが妻が事故に遭い昏睡状態になってしまいます。

そして、夫は人生で最も重い選択を迫られる日がくるのですが・・・。

最初は、仲が悪いお隣さん同士だったのですが、お互いの良い一面を見ていくうちに恋が発展していきますよ。

 

二人の出会いが最悪でも、近くにいると悪い面だけでなく、人の良い一面も見えてくる経験ってありますよね?!(笑)

そして、今作で僕が一番好きなのは理想の住んでいる場所と映像でした!

キレイな海沿いでのラブ・ストーリーはとても印象に残り、恋愛映画はストーリー展開と同時に映像も大事なんだと改めて僕自身が気づいた作品でもあります。

第6位:映画『あと1センチの恋』 (日本公開:2014年)

引用元:https://eiga.com/movie/81054/photo/

2014年/ドイツ・イギリス合作
上映時間:103分
監督:クリスチャン・ディッター
主演:リリー・コリンズ、サム・クラフリン

 

・ストーリー:

・キャスト:

・映像:

おすすめ度:87/100点

恋愛映画では、王道とも言える幼なじみのラブ・ストーリーです。

12年間に渡り、すれ違ってきた2人が「好き」の2文字を伝えられないまま時間が経っていき、本当の運命の相手は誰だったのか気づいていく展開になっていきますよ。

 

運命のいたずらとも言える「隣にいるからこそ一番遠い相手」とも言うような内容でした!

実際に経験がある人なら共感もできて、より楽しめる映画だと感じました。

恋愛映画好きなら見逃せない1本なので、是非見て欲しい作品です。

引き続き第5~1位をご紹介していきますね。

第5~1位

第5位:映画『ナイト&デイ』 (日本公開:2010年)

引用元:https://eiga.com/movie/55189/photo/

2010年/アメリカ
上映時間:109分
監督:ジェームズ・マンゴールド
主演:トム・クルーズ、キャメロン・ディアス

 

・ストーリー:

・キャスト:

・アクション:

おすすめ度:88/100点

ある日、空港でハンサムの男と出会い恋に落ちる女性のジューンだったが、その男の正体を知っていくうちに危険な目に遭遇する恋愛アクション映画です。

キャスト陣は、最強のトム・クルーズ、キャメロン・ディアスで息が合う2人のアクションが見所ですよ!

アクション・シーンも迫力があり、2人とも他の作品ではアクションをこなす作品に出演しているので、非常に見応えがありました。

 

ラストの終わり方も理想的で、見終わった後もスッキリする映画ですよ!

接近戦、銃撃戦、カーアクションも含まれた恋愛アクション作品なので、気分爽快でした(笑)

ちなみに、トム・クルーズ代表作品の映画『ミッション・イン:ポッシブル』シリーズをまとめた記事も書きましたので、合わせて見てみてください

第4位:映画『親愛なるきみへ』 (日本公開:2011年)

引用元:https://eiga.com/movie/55318/photo/

2010年/アメリカ
上映時間:108分
監督:ラッセ・ハルストレム
主演:チャニング・テイタム、アマンダ・セイフライド

 

・ストーリー:

・キャスト:

・現実的:

おすすめ度:90/100点

名匠ラッセ・ハルストレム監督が映画化したラブ・ストーリーで、美男美女キャストが出演しています。

兵士で一時的にアメリカ帰郷中だった男は、女子学生と出会いすぐに恋に発展していくストーリーですが・・。

その後は遠距離恋愛する2人の様子が描かれいて、現実的なラストを迎えるのがとても印象的でした。

 

遠距離恋愛の難しさが含まれているストーリー展開ですが、でもまた新たなスタートをする様な予感もして、もう一度見たくなる作品でしたよ!

恋愛の複雑な部分が描かれていることに、こういったラブ・ストーリーも良いなと改めて感じました。

なにより、キャスト陣が僕の好きな役者の二人だったので、まさに理想のキャスティングでしたよ(笑)

第3位:映画『ミッドナイト・サン/タイヨウのうた』 (日本公開:2018年)

引用元:https://eiga.com/movie/87482/photo/

2018年/アメリカ
上映時間:92分
監督:スコット・スピアー
主演:ベラ・ソーン、パトリック・シュワルツェネッガー

 

・ストーリー:

・キャスト:

・テーマ曲:

おすすめ度:92/100点

2006年の日本映画『タイヨウのうた』をハリウッドでリメイクした作品です。

太陽の光に当たってはいけない病気の少女、そして怪我で水泳の夢を諦めた青年のラブ・ストーリーですよ。

夜の時間帯でしか会えない二人だったが、青年は病気のことをまったく知らない段階から恋が発展します。

 

僕は映画館で見ましたが、愛&感動の要素のバランスが非常に良くて、とても見やすい作品でまた見たくなった映画です。

あと、キャストにはアーノルド・シュワルツェネッガーの息子であるパトリック・シュワルツェネッガーが登場しますよ!

今作品のテーマ曲もかなりおすすめなので、是非聴いてみてくださいね。

そして、映画のテーマ曲をランキング形式にまとめた記事も書きましたので、参考にしてみてくださいね

第2位:映画『タイタニック』 (日本公開:1997年)

引用元:https://eiga.com/movie/57471/photo/

2012年/アメリカ
上映時間:195分
監督:ジェームズ・キャメロン
主演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット

 

・ストーリー:

・キャスト:

・感動:

おすすめ度:95/100点

誰もがご存知のジェームズ・キャメロン監督が贈る、実在したイギリスの豪華客船の《タイタニック号》を舞台に運命のラブ・ストーリーが描かれています。

主演は、イケメン俳優としても知られるレオナルド・ディカプリオ、そして今作で一気に有名になった女優ケイト・ウィンスレットが務め、今では黄金コンビとして知られる2人ですよ!

 

巨大な氷河にぶつかってしまい《タイタニック号》は沈んでしまいましたが、沈まなかったら2人は今後どの様な生活を送っていたのだろうか・・と何度も考えてしまう作品でした。

今でも名作として歴史に残る映画なので、見たことない人は是非おすすめしたい1本です!

ちなみに、海外イケメン俳優ランキング記事も書きましたので、合わせて参考にしてみてください

第1位:映画『世界一キライなあなたに』 (日本公開:2016年)

引用元:https://eiga.com/movie/83995/photo/

2016年/アメリカ
上映時間:110分
監督:テア・シェアイック
主演:エミリア・クラーク、サム・クラフリン

 

・ストーリー:

・キャスト:

・衝撃:

おすすめ度:96/100点

バイク事故で車椅子生活を送ることになった実業家の男、職を失い半年限定で介護の仕事に就くことになった女性の感動ラブ・ストーリーです。

事故によって全てを失い、生きる意志を失っていたが、介護を担当することになった明るい性格の女性と一緒に過ごすことによって、男に変化が見られますがラストに・・・。

 

ラストの終わり方は衝撃的でしたが、見終わった後は良い映画だと感じることが出来る作品です。

出演者のキャスティングもまさに理想的で、すぐに映画に夢中になって見れました。

僕自身は、明るい笑顔が似合う女優エミリア・クラークの演技が◎でしたよ。

そして、ラブ・ストーリーにぴったりの俳優サム・クラフリンも名演技を見せてくれるので、恋愛映画が好きな人はかならず見てもらいたい作品だと感じました。

最後にまとめ

恋愛映画おすすめベスト15をご紹介させていただきました。

気になる見たい作品は見つかりましたか?!

これからも、話題の注目すべき恋愛映画がどんどん出てくると思うので、まだまだ目が離せませんよ。

僕の主観ではありますが、おすすめ恋愛映画だと感じたらどんどん更新していきますね。今後もお楽しみに。

ちなみに、今すぐ無料でご紹介した名作の恋愛映画も見れる、洋画おすすめの動画配信サービスをランキング形式にまとめた記事も書いたので、参考にしてみてください▽

洋画ジャンル別ランキング記事

【ジャンル①:SF映画ランキング】
SF映画おすすめベスト15!

【ジャンル②:感動映画ランキング】
感動映画おすすめベスト15!

【ジャンル③:恋愛映画ランキング】
恋愛映画おすすめベスト15!

【ジャンル④:戦争映画ランキング】
戦争映画おすすめベスト15!

【ジャンル⑤:アクション映画ランキング】
アクション映画おすすめベスト15!

【ジャンル⑥:カップルおすすめ映画ランキング】
カップルおすすめ映画ベスト15!

【ジャンル⑦:ホラーおすすめ映画ランキング】
ホラー映画おすすめベスト15!

僕自身も実際に洋画を見るのに使っていて、初回無料で《洋画をたくさん見たい!》と思っているならばおすすめの動画配信サービスがあります。

ですが、 動画配信サービスはとても種類が多いので、9社を表で比較してみました!










関連記事はこちら