映画『マンハント』の評価&感想は?ジョン・ウー監督のアクション作品!

映画のお兄さん
映画『マンハント』を実際に観てきた評価&感想をご紹介します!!

世界で有名なジョン・ウー監督のアクション作品が、待望の日本公開となりました!!

その名は、映画『マンハント』。

しかも、アクション映画のイメージがない福山雅治が、初のガン・アクションに挑むのです!!

ジョン・ウー監督のアクション作品に、ファンも興奮していることでしょう(笑)

日本からも若手~ベテラン役者が勢揃いで出演していて、見所たくさんの作品となっていますよ。

この記事では、映画『マンハント』の評価&感想をご紹介していきます。

あと、映画『マンハント』をまとめた記事も書きましたので、是非合わせてご覧ください↓

映画『マンハント』の評価は?!

・ストーリー:

・アクション:

・キャスト:

・映像:

合計:62/100点

ある弁護士が殺人容疑のため、無実の罪で追われる身になって、福山雅治が演じる刑事と事件解決に迫っていくといったストーリー。

ストーリー自体は、とても良い内容なのですが、アクション作品と思って観に行くと、少し物足りない迫力と映像に残念な気持ちになりました(汗)

キャストも豪華で、ジョン・ウー監督作品のアクション作品だったために、期待を込めすぎたのも私自身ありましたね。

 

今作『マンハント』は、サスペンス要素の方が強いので、迫力あるアクションを求めて観に行く事はおススメしません!!

あと、ジョン・ウー監督作品だけに、もっと迫力あるアクションを期待してしまうので、サスペンスとしてもっと宣伝するべきなのではと思いました。

決して、ジョン・ウー監督作品のアクション映画『フェイス/オフ』、『ミッション・ポッシブル2』、『レッドクリフ』などを、イメージして観に行くとガッカリしてしまいますよ(笑)

 

なので、日本で撮影したこともあり、一つのサスペンス邦画として観る事を、強くおススメしますよ!!

ちなみに、福山雅治のアクション・シーンが一番の見所となる作品でしたよ。

↓福山雅治のアクション・メイキング映像はこちら↓

今後の福山雅治作品に、アクション映画増えていくこともあるでしょう!!

福山雅治のアクション・シーンは、非常にカッコイイですよ(笑)

 

ここからは、映画『マンハント』の感想をご紹介していきます。

映画『マンハント』の感想は?!

映画『マンハント』は、声と役者の口の動きに違和感があり、一つ一つのストーリー展開に、なかなか頭に入ってこないことがありました!!

約40年前の高倉健さん主演の『君よ憤怒の河を渉れ』をリメイクした作品なので、古臭いセリフなども目だっていましたよ(笑)

 

日本人キャストじゃない人が、日本人としてカタコトな日本語を話したりで、ストーリーよりも、私はそっちが気になってしまったのです!!

映画『マンハント』は、ジョン・ウー監督作品で、福山雅治のガン・アクション作品ということもあり、公開前から評価されすぎてしまったこともあるのでしょう。

あと、日本での撮影は規制も厳しいためか、あまり思い切った迫力を表現するのは、限界があると思いました。

 

カーアクション・シーンは、全く迫力を感じません…。

なので、ジョン・ウー監督作品の洋画としてのガン・アクションとして観るのではなく、邦画のサスペンス作品として観ると、丁度良いのではないでしょうか!!

だた、日本人キャストも豪華で、福山雅治のガン・アクションには見所として評価される事でしょう!!

最後にまとめ

映画『マンハント』の評価&感想をご紹介させていただきました!!

これから観に行こうとしているならば、ぜひ参考にしていただけたら、幸いです。

2018年はまだまだ話題作の公開が控えていますので、楽しみですね。

あと、2018年の話題作をランキング形式でまとめた記事も書きましたので、是非合わせてご覧ください↓













関連記事はこちら






僕自身も実際に洋画を見るのに使っていて、初回無料で《洋画をたくさん見たい!》と思っているならばおすすめの動画配信サービスがあります。

ですが、 動画配信サービスはとても種類が多いので、9社を表で比較してみました!

洋画ジャンル別ランキング記事

【ジャンル①:ホラー映画ランキング】
ホラー映画おすすめベスト15!

【ジャンル②:戦争映画ランキング】
戦争映画おすすめベスト15!

【ジャンル③:カップル映画ランキング】
カップルおすすめ映画ベスト15!