映画『ナイト&デイ』のあらすじと感想を紹介!エンディング曲は?

2大スターコンビで送るアクション・ムービー。

バニラ・スカイで1度共演しているトム・クルーズとキャメロン・ディアス。

映画を普段見ない方でも、気楽に楽しめる映画になっています。

ナイト&デイ見た感想は?!

一言で言えば、良いのを見つけたコミカルなアクション映画です。

トム・クルーズの痛快なアクションだけではなく、大人の恋愛も含まれていて、アクション以外でも楽しめるシーンはたくさんありました。

トム・クルーズはいつも通り、ベテランスパイを演じていて、銃撃戦はもちろん、格闘シーンも見所です。

とくに好きなシーンは飛行機内でトム・クルーズがキャメロンに気づかれないようにする格闘シーンと、キャメロンを守りながら高速道路での銃撃戦はかなり見応えありました。

もちろん今回の映画は二大共演なので、キャメロンも大活躍です。

キャメロンはかなりのドライビングテクニックを持っています。

そりゃあこの二人が組んだら最強コンビになるのも当たり前ですよね(笑)

この映画はアクション好きはもちろん、女性やカップルの方にも、とても楽しんでもらえる気持ちの良いアクション映画だと思いました。

エンディング曲は?!

ストーリーが終わり、最後ジューンとロイが車で走り出して、エンディング曲が流れるのですが、耳に残り、私のお気に入り曲になりました。

Black Eyed peas(グループ名)、

《Someday》という曲名です。

気になるあらすじは?!

↓予告編はこちら↓

平凡なジューン(キャメロン・ディアス)は、空港で笑顔が素敵な男性(トム・クルーズ)に出会い、胸をときめかせる。

しかし、恋の予感は一瞬にして終わり、パニックへ。

ジューンは嵐のような大事件に巻き込まれてしまうことに。

謎が多いロイの背後には、巨大な陰謀の影があった…。

しかも、この予測不能で危険なロイと行動を共にすることだけが、ジューンに残された生きる手段だったのだ…。

二人のおもしろ動画

撮影の合間に二人楽しむ…。(笑)

キャスト紹介

・トム・クルーズ《ロイ役》

<出演作品>

『卒業白書』 (1984年)
『トップガン』 (1986年)
『レインマン』 (1989年)
『ミッション:インポッシブル』 (1996年)
『ザ・エージェント』 (1997年)
『バニラ・スカイ』 (2001年)
『マイノリティ・リポート』 (2002年)
『ラスト サムライ』 (2003年)
『コラテラル』 (2004年)
『宇宙戦争』 (2005年)
『ワルキューレ』 (2009年)
『オブリビオン』 (2013年)
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014年)
『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』 (2016年)
『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』 (2017年)
など。

・キャメロン・ディアス《ジューン役》

<出演作品>

『マスク』 (1995年)
『メリーに首ったけ』 (1999年)
『マルコヴィッチの穴』 (2000年)
『チャーリーズ・エンジェル』 (2000年)
『バニラ・スカイ』 (2001年)
『イン・ハー・シューズ』 (2005年)
『ホリデイ』 (2007年)
『ベガスの恋に勝つルール』 (2008年)
『私の中のあなた』 (2009年)
『悪の法則』 (2013年)
『ANNIE アニー』 (2015年)
など。










関連記事はこちら