映画『レディ・バード』のあらすじと日本公開日は?キャストと見所をご紹介!

映画のお兄さん
17歳の女子高に通う高校生活を描いた、青春物語がスクリーンにやってきます!!

アメリカで大ヒットとなった青春物語が待望の日本公開します!!

その名は、映画『レディ・バード/Lady Bird』。

2017年の11月に全米4館の限定公開した映画『レディ・バード』は、口コミなどで話題を呼び、なんと全米で1,557館まで拡大公開した作品なのです!

 

女優のグレタ・ガーウィグが監督を務め、自身の自伝要素も含まれた内容となっています。

この記事では、映画『レディ・バード』についてご紹介していきます。

2018年の公開予定おすすめ洋画一覧表はこちら

2018年に公開予定の話題の洋画をスケジュール表にしてまとめて書きました。

公開予定を知りたい人なら、参考にしてみてください!

洋画の公開一覧表2018はこちら

映画『レディ・バード/Lady Bird』のあらすじ

↓予告編はこちら↓

※字幕はありません。

2017年/アメリカ
上映時間:94分
監督:グレタ・ガーウィグ
主演:シアーシャ・ローナン

 

カリフォルニア州のサクラメントでカトリック系の女子高に通う17歳のクリスティン。

高校生活最後の年を迎えて、友達やボーイフレンド、家族、そして将来に悩み始める青春物語。

映画『レディ・バード/Lady Bird』の日本公開日は?!

映画『レディ・バード/Lady Bird』の日本公開日が決定しました!!

日本公開日は、2018年の6月1日です。

しかし、日にちまでは発表されていないので、発表され次第、更新していきます。

女優のグレタ・ガーウィグの初の単独監督作品なので、是非映画館で観てみたいものですよね!?

映画『レディ・バード/Lady Bird』の見所は?!

映画『レディ・バード/Lady Bird』は全米4館の限定公開していましたが、口コミなどで話題を呼び、なんと全米で1,557館まで拡大した青春映画!!

これは誰もが青春時代に悩みを抱えた事がある《共感》があるからこそ、大ヒットしたと考えられます。

登場人物との問題など、主人公のリアルな悩みが観ている側に対して、同じ悩みに一つ一つ共感してしまう場面が多数あるはずです。

将来のために今を変える主人公の《行動》に注目しつつ、ストーリー展開もどうなっていくのか?!観ている側も応援したくなる様な気持ちになるかもしれませんね(笑)

続いては、映画『レディ・バード』のメイン・キャストをご紹介していきますね。

メインキャストをご紹介!

<シアーシャ・ローナン>

1994年4月12日生まれ、年齢(23歳)。出身はアメリカ/ニューヨーク。

子役からTVドラマに出演し、2007年に13歳にしてスクリーン・デビューを果たします。

スクリーン・デビューと同時に若手女優として注目を集め、2009年にスティーブン・スピルバーグ監督作品の『ラブリーボーン』で主演を務める。

さらに2011年に話題を呼んだ映画『ハンナ』にも出演し、その後も多数の話題作に出演しています。

今後の活躍に期待されている若手女優の一人ですよ。

<ルーカス・ヘッジズ>

1996年12月12日生まれ、年齢(21歳)。出身はアメリカ/ニューヨーク。

2012年に本格的に俳優デビューを果たします。

2016年には映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』で注目を浴び、アカデミー助演男優賞にノミネートされる。

そして、2018年にはアカデミー賞の最有力候補と言われている2作品、『スリー・ビルボード』、『レディ・バード』に出演し、さらに注目を集めています。

ちなみに、ルーカス・ヘッジズが出演している映画『スリー・ビルボード』をまとめた記事も書きましたので、是非合わせてご覧ください↓

<ティモシー・シャラメ>

1995年12月27日生まれ、年齢(22歳)。出身はアメリカ/ニューヨーク州。

2009年からTVドラマなどに出演し始め、2012年頃から映画出演を果たします。

そして、2014年にクリストファー・ノーラン監督作品の映画『インターステラー』に出演。

そして、2018年に映画『君の名前で僕を呼んで』で一気に注目を集め、今後を最も期待されている若手俳優となったのです。

あと、映画『君の名前で僕を呼んで』をまとめた記事も書きましたので、是非合わせてご覧ください↓

監督:<グレタ・ガーウィグ>

1983年8月4日生まれ、年齢(34歳)。出身はアメリカ/カリフォルニア州。

元々は、劇作家を目指していたが、女優として注目を集める。

2014年に映画『フランシス・ハ』で脚本と主演を務め、ゴールデングローブ賞のミュージカル&コメディ部門の主演女優賞にノミネートされます。

そして、2017年に話題となった映画『20センチュリー・ウーマン』に出演し、2018年に初の監督作品となる『レディ・バード』が日本公開する。

女優として、さらに監督としての今後の活躍に非常に注目が集まっています。

最後にまとめ

映画『レディ・バード/Lady Bird』をご紹介させていただきました!

学生から大人まで誰もが共感できる作品に仕上がっているため、とっても公開が待ち遠しい映画ですよね!?

このままの勢いで、是非アカデミー賞《作品賞》も受賞していただきたいです。

2018年は多数の話題作の公開が控えているんで、非常に楽しみですね。













関連記事はこちら






僕自身も実際に洋画を見るのに使っていて、初回無料で《洋画をたくさん見たい!》と思っているならばおすすめの動画配信サービスがあります。

ですが、 動画配信サービスはとても種類が多いので、9社を表で比較してみました!

洋画ジャンル別ランキング記事

【ジャンル①:ホラー映画ランキング】
ホラー映画おすすめベスト15!

【ジャンル②:戦争映画ランキング】
戦争映画おすすめベスト15!

【ジャンル③:カップル映画ランキング】
カップルおすすめ映画ベスト15!