ジブリ映画のおすすめランキング!ベスト15を発表!気になる評価は?!




映画のお兄さん
ジブリ映画を私のおすすめ順にご紹介してきま~す!!

誰からも愛され続ける、アニメ映画をず~と製作してきた《スタジオジブリ》。

映画監督で有名な《宮崎駿》監督が生み出した作品と同時に、スタジオジブリ(アニメ製作会社)も一気に有名になり、現在もスタジオジブリの最新作は常に注目を集めています!!

日本だけではなく、世界中から愛されるスタジオジブリです。

そのジブリ映画を、私の主観でおすすめ順に、ランキング形式で発表していきますね(笑)

この記事では、ジブリ映画のおすすめランキング!ベスト15をご紹介します。

あと、ジブリ好きのおすすめキャラクターランキング!ベスト20をご紹介した記事も書きましたので、是非合わせてご覧ください↓
ジブリ好きのおすすめキャラクターランキング!ベスト20をまとめた記事はこちら

ジブリ映画のおすすめランキング!ベスト15をご紹介!

第15位:『猫の恩返し』 (公開:2002年)

監督:森田宏幸

ストーリー:

キャラクター:

世界観:

猫好き:

合計:68/100点

映画のお兄さん
映画『猫の恩返し』は、宮崎駿監督作品ではないのですが、とても人気が高い作品で、何度観ても飽きない人も居るほどです!

ストーリーも分かりやすく、車にひかれそうな猫を助けた女子高生が、猫の恩返しとして猫の国に招待されるという物語。

見所は、猫好きにはたまらない色々な猫キャラクターの登場です。

しかも、ジブリ作の『耳をすませば』で登場するキャラクターも出ていて、スピンオフ作品的な映画ですよ。

『猫の恩返し』&『耳をすませば』を一緒に観れば、楽しさ倍増(笑)

第14位:『となりの山田くん』 (公開:1999年)

監督:高畑勲

ストーリー:

キャラクター:

世界観:

ほっこり:

合計:69/100点

映画のお兄さん
新聞などの4コマ漫画でご存知の『ののちゃん』シリーズを繋ぎ合わせた作品で、ジブリ作品として意外と知られていない作品。

しかし、「ジブリ作品の中で一番好き」というファンも多く、個性溢れるキャラクターが登場します!

内容は、日本の平凡な家族のエピソードを描いた作品で、観ている側は温かい気持ちになりますよ(笑)

今となっては、少し古さを感じるかもしれませんが、私は今でも印象に残っている作品。

第13位:『借りぐらしのアリエッティ』 (公開:2010年)

監督:米林宏昌

ストーリー:

キャラクター:

世界観:

絵:

合計:71/100点

映画のお兄さん
とても可愛らしい小人たちが、人間達が住んでいる家の床下で、こっそり暮らしているといった内容。

小人たちは、必要な物を人間の家からこっそり借りていて、自分達の姿は決して人間に見られてはいけないのです!!

親子で楽しめる作品となっていて、今作を観た子供達は、本当に小人の存在を信じちゃうかもしれませんね(笑)

絵がとても綺麗なので、映像に見惚れてしまう映画ですよ。

第12位:『風の谷のナウシカ』 (公開:1984年)

監督:宮崎駿

ストーリー:

キャラクター:

世界観:

感動:

合計:73/100点

映画のお兄さん
宮崎駿監督の同名漫画を映画化したもので、腐海と呼ばれる毒の森で生きる人間達の争いが描かれています。

公開が1984年ですが、ファンの中では「映画館でもう一度観たい」という声もあるほどの話題作。

私が生まれる前の作品なので、映画館では観れませんでしたが、TV放送でも十分に印象に残る作品でしたよ。

見所は、主人公ナウシカの強さと行動力に魅了されます。

第11位:『紅の豚』 (公開:1992年)

監督:宮崎駿

ストーリー:

キャラクター:

ワイルド:

男臭さ:

合計:75/100点

映画のお兄さん
第1次大戦後に、空賊相手に賞金稼ぎをしていたポルコ・ロッソ。

自分に魔法をかけて、豚の姿になった飛行機乗りの物語。

男臭さ抜群の豚の飛行機乗りは、めちゃめちゃカッコよかったです!!

TV放送も何度もしており、ジブリ作品の中で非常にファンが多い作品。

まさに豚が《本物の男の大人の魅力》を見せつけてくれますよ(笑)

自分らしく生きることを、教えてくれる一本でした。

 

ここからは、第10位~第1位をご紹介します。

第10位:『崖の上のポニョ』 (公開:2008年)

監督:宮崎駿

ストーリー:

キャラクター:

カワイイ:

音楽:

合計:75/100点

映画のお兄さん
海辺の町で暮らしている5歳の少年の宗介は、クラゲに乗って家出した魚の子どもの《ポニョ》と出会う物語。

2008年に公開され、テーマ曲も話題になった作品でしたよね?!

とくに、宗介&ポニョのやり取りが本当可愛くて、見所ですよ!!

宗介のお母さんも良いキャラで印象的でした(笑)

ただ、私としてはテーマ曲や可愛いポニョが目立ちすぎてしまい、少しストーリーに物足りなさを感じてしまいます。

《宮崎駿》監督作品だからこそ、ストーリーにも力を注いで欲しかった一本でもありました。

第9位:『おもひでぽろぽろ』 (公開:1991年)

監督:高畑勲

ストーリー:

キャラクター:

リアル:

音楽:

合計:76/100点

映画のお兄さん
27歳の女性が自分の小学校時代を思い出しながら、田舎の人たちと自然に触れて、生き方を見つけるまでが描かれています。

正直、子どもが観て楽しむ作品ではなく、大人が共感でき、懐かしく、気持ちが温かくなるような映画でした(笑)

途中に流れる《ひょっこりひょうたん島》などの流行曲が流れ、良かったですよ!!

見所は、小学校での出来事をリアルに描かれているので、観ていて自分の思い出が甦ってくることでしょうね(笑)

是非、大人全員におすすめしたい作品です!

第8位:『魔女の宅急便』 (公開:1989年)

   


  
監督:宮崎駿

ストーリー:

キャラクター:

風景:

音楽:

合計:79/100点

映画のお兄さん
修行の旅に出ることになった13歳の魔女《キキ》がヨーロッパを舞台に、パン屋の店の手伝いをしながら配達屋を始める様子が描かれている物語。

1989年に公開された作品だが、非常に人気あるため、2014年に実写化されたほどの作品ですよ!

魔女として一人前になる為、旅に出るのですが、同時に少女の成長も描かれているため、観ている側が主人公を応援したくなる様な気持ちで観賞してしまうほど。

現在もTV放送する度に話題になるため、ロング大ヒット映画ですね!!

まだまだ、この先も注目を集め続けることでしょう。

第7位:『となりのトトロ』 (公開:1988年)

監督:宮崎駿

ストーリー:

キャラクター:

感動:

音楽:

合計:80/100点

映画のお兄さん
入院中の母の為を考えた、考古学者の父と田舎の一軒家に引っ越してきたサツキとメイ。

そして、引越し先の家には、不思議な生き物が存在し、サツキとメイがその謎の生き物と接する様子が描かれています。

ジブリ作品を観たことがない人でも、『となりのトトロ』は名前だけでも聞いた事あることでしょう!!

キャラクターもとっても有名でかわいいですよね?!

私が子どもの頃によく観ていたアニメで、最初は《トトロ》が不気味でしたが、次第にかわいい事に気づきました(笑)

登場人物もそれぞれ個性があり、《トトロ》とサツキ&メイのやり取りも見所です!

子どもと一緒に観たくなる作品でもあります。

第6位:『ハウルの動く城』 (公開:2004年)

監督:宮崎駿

ストーリー:

キャラクター:

世界観:

声優:

合計:82/100点

映画のお兄さん
帽子屋で帽子を作っていた18歳のソフィーは、荒野の魔女に魔法で90歳の老婆の姿に変えられてしまい、さらにハンサムの魔女使いハウルと出会う事によって、ストーリー展開していく物語。

声優が豪華で、《木村拓哉》、《美輪明宏》、《神木隆之介》などが務めています。今作は世界中で話題にもなり、大ヒットした作品ですよ!

世界観も凄いのですが、その中にラブストーリーも含まれていて、親しみやすい映画!!

まさに、これぞ《宮崎駿》監督作品でしょう!!!

第5位:『もののけ姫』 (公開:1997年)

監督:宮崎駿

ストーリー:

キャラクター:

感動:

音楽:

合計:83/100点

映画のお兄さん
室町時代の日本が舞台で、タタリ神にかけられた呪いを解くため旅立つアシタカは少女サンと出会い、神や自然を守る姿が描かれている。

主題歌は《米良美一》が歌っており、話題にもなりましたよね?!

ジブリ作品なのですが、グロテスクなシーンも含まれているので、子どもにはおすすめできない作品かと思っていましたが、私は小学生の時に映画館で2回観に行きました(笑)

今作のキャッチコピーである《生きろ》が私のお気に入りでもあります!!

しかも、アニメーション作品で初の日本アカデミー賞最優秀賞を受賞し、日本で話題となりました。

ちなみに、名言はアシタカの「あの子を解き放て あの子は人間だぞ!」です(笑)

第4位:『千と千尋の神隠し』 (公開:2001年)

監督:宮崎駿

ストーリー:

キャラクター:

感動:

音楽:

合計:85/100点

映画のお兄さん
10歳になる千尋は、両親と地方に引っ越す途中に、寄り道でトンネルに入り込み、異世界へ迷い込んでしまう。

そして、両親が豚の姿に変えられてしまい、千尋は両親を助けるため、異世界で働き始めるストーリー。

とてもユニークなデザインなど、世界中から称賛された映画で数々の映画賞も受賞した作品です!

幼い10歳の少女が両親を助けるために、一生懸命働く姿は見所ですよ!!

ちなみに、私の好きなキャラクターは《坊》で、人気キャラクターでもあります(笑)

あと、主人公の千尋をずっと影で支えてくれる《ハク》もめちゃめちゃ良いキャラでしたよね?!

第3位:『耳をすませば』 (公開:1995年)

監督:近藤喜文

ストーリー:

キャラクター:

青春:

音楽:

合計:87/100点

映画のお兄さん
中学3年生の読書好きの女の子(月島雫)。ヴァイオリン職人になる夢を抱く、中学3年生の(天沢聖司)。

そんな2人の青春ラブストーリーが描かれていて、誰もが共感を抱き、初恋を思い出させる作品。

青春アニメ映画の代表作と言っても良いでしょうね!!

名曲の《カントリーロード》も途中で流れ、観ている人を夢中にしますよ。

夢と恋を追いかける中学3年生の2人に目が離せません!!

まさに理想な青春物語ですね。

第2位:『天空の城ラピュタ』 (公開:1986年)

監督:宮崎駿

ストーリー:

キャラクター:

冒険:

感動:

合計:89/100点

映画のお兄さん
見習い機械工として働いていた少年のパズーは、空から突如降ってきた少女のシータと出会い、シータが持っていたペンダント《飛行石》を狙った組織に狙われ、陰謀に巻き込まれていくストーリー。

映画『天空の城ラピュタ』は、《宮崎駿》監督作品の中で、最高傑作と評価しているファンは多い事で有名です!!

私は子どもの頃に観た作品で、空に浮かぶ島《ラピュタ》に行っていたいと思っていました(笑)

冒険もハラハラ・ドキドキが非常に多く含まれ、次のストーリー展開が気になりながら観ていた映画です。

最後のエンディング曲は、聴いているだけで、なぜか感動してきちゃいます(笑)

今作の名言は「バルス」!!

第1位:『平成狸合戦ぽんぽこ』 (公開:1994年)

監督:高畑勲

ストーリー:

キャラクター:

仲間意識:

感動:

合計:92/100点

映画のお兄さん
人間たちの自然破壊によって、タヌキの住む場所を守ろうとする姿を描いた物語。

タヌキたちのそれぞれのキャラクターが、とにかく面白いですよ!!

ジブリ作品らしく観やすく仕上がっていますが、大人になって内容をしっかり見直すと、自然破壊を訴えるアニメで、少し複雑な気持ちにもなります。

しかし、深刻な問題を子ども達にも伝わるように、観やすく、楽しく観えるように出来ているのは◎。

あと、私自身が最近知ったのですが、今作は《紅の豚》、《魔女の宅急便のキキ》、《トトロ》が隠れキャラとして登場しているので、是非じっくり観てみてくださいね。

ちなみに、今作のテーマ曲である《いつでも誰かが》は、ジブリ作品の中で私の一番お気に入りなので、是非聴いてみてください(笑)

私の中でジブリ映画の最高傑作です!!!

最後にまとめ

ジブリ映画のおすすめランキング!ベスト15をご紹介させていただきました。

ランキング結果
第15位:『猫の恩返し』 (公開:2002年)

第14位:『となりの山田くん』 (公開:1999年)

第13位:『借りぐらしのアリエッティ』 (公開:2010年)

第12位:『風の谷のナウシカ』 (公開:1984年)

第11位:『紅の豚』 (公開:1992年)

第10位:『崖の上のポニョ』 (公開:2008年)

第9位:『おもひでぽろぽろ』 (公開:1991年)

第8位:『魔女の宅急便』 (公開:1989年)

第7位:『となりのトトロ』 (公開:1988年)

第6位:『ハウルの動く城』 (公開:2004年)

第5位:『もののけ姫』 (公開:1997年)

第4位:『千と千尋の神隠し』 (公開:2001年)

第3位:『耳をすませば』 (公開:1995年)

第2位:『天空の城ラピュタ』 (公開:1986年)

第1位:『平成狸合戦ぽんぽこ』 (公開:1994年)

あなたは、ジブリ作品の中で、どの映画が一番好きですか!?

まだまだ目が離せないジブリ映画ですよ!!

今後も、新作でランキングの順位も変動があるので、お楽しみに!

ちなみに、ジブリ好きのおすすめキャラクターランキング!ベスト20をご紹介した記事も書きましたので、是非合わせてご覧ください↓
ジブリ好きのおすすめキャラクターランキング!ベスト20をまとめた記事はこちら

洋画好きにおすすめしたい記事

《おすすめ1:名作》洋画の名作ベスト30!
《おすすめ2:スケジュール》洋画の最新スケジュール2018をまとめてみた!
《おすすめ3:ランキング》洋画おすすめ動画配信サービス・ベスト5を徹底解説!

洋画を見るのにおすすめな動画配信サービスを徹底比較してみましたので、是非参考にしてみてください。










関連記事はこちら