映画『ワールド・ウォーZ2』続編の内容は?あらすじと日本公開日を徹底解説!




映画のお兄さん
ゾンビ・パニック映画の続編を徹底解説します!

2013年、ブラット・ピット主演のゾンビ・パニック映画が誕生し、世界中で話題になりました!

そして、その続編が待ち遠しいファンも続出中ですよ。

その名は、第2弾の映画『ワールド・ウォーZ2』。

 

ブラット・ピット主演作の中でも圧倒的な大ヒットを記録し、気になるエンディングを迎え、続編のあらすじや公開日が気になりますね?!

ゾンビ映画は日本でも大注目されるジャンルの一つなので、今後も話題を呼ぶシリーズとなっていくことでしょう。

 

続編は白紙になった噂も多々聞きますが、計画は進んでおり、2018年には撮影を開始するとも言われています!

僕自身もゾンビ映画の中でベスト5に入る作品なので、非常に楽しみです(笑)

 

この記事では、第2弾の続編映画『ワールド・ウォーz2』について知りたいあなたに向けて書きました。

是非参考にしてみてください。

※随一更新していきます。

今すぐ無料で前作も見れる、洋画おすすめ動画配信サービスをランキングにまとめた記事も書いたので、参考にどうぞ▽

映画『ワールド・ウォーZ2』のあらすじ

引用元:https://eiga.com/movie/56999/gallery/6/

映画『ワールド・ウォーZ2』のあらすじは、まだ正式には発表されていません。

しかし、現段階で分かっている事は過去にブラット・ピット主演作を手がけた事もある、デヴィッド・フィンチャー監督に決定したことです。

デヴィッド・フィンチャー監督&ブラット・ピットは名コンビとしても有名です!

 

あと、前作では謎のままエンディングを迎え、未解決なことが多数ありましたよね?!

なので、僕が前作を実際に見て、解決していないことを2つに絞り、続編のあらすじを予想していきますね。

※正式に発表され次第、更新していきます。

その①:感染源が謎のまま?!

前作では、最終的に最初の感染源が謎のまま未解決で、エンディングを迎える事となってしまいました。

一番最初の感染源だと言われていた韓国の米軍基地に向かった主人公ジェリーは、現場にたどり着き、その現場にいた米軍から話を聴く事に成功しましたよね?!

 

米軍の話では、基地の医者がある村に無断外泊した兵が死んだため、死因を調べに行ったことから悪夢がスタートしたとの事でした。

死んだ兵は泡を吹き、黒い液体を垂れ流して死んでいたとのことです。

そして、その兵は甦り、死因を調べていた医者を襲ったとのことでした!

しかし、一番重要なある村の場所が不明となっていて、死んだ兵と接触していた人間もわからないままとなっています!

ある村の場所と接触した人間さえ分かれば、最初の感染源に近づくと考えられますよね?!

 

韓国の米軍基地の後は、収監されていた元CIAエージェントの情報を信じて、イスラエル(エルサレム)に向かい、インドが発祥地の可能性があるとも言われていましたが、確証がないままでした。

なので、僕は続編の第2弾で死んだ兵が誰と接触し、ある村の場所と黒い液体について語られるのではないかと予測しています!

 

感染の原因も前作で語られていた(ドイツの臓器売買)、(アジアでのウイルスによる奇妙な症例)など言われていましたが、どれも何一つ確証がないままでした。

前作で、謎のままであった一番大事な最初の感染源が分かる事によって、全ての解決へ導かれると考えられます。

その②:ジェリーのその後は?!

主人公ジェリーは、ゾンビに見つからない偽装効果のあるワクチンを見つけ出し、これを人間に投与することによって、透明な存在になれる実験に成功しました。

偽装ワクチンは生き残った人間に世界中で配られ、ゾンビと戦う決意をした人間が続出し、最後にジェリーが「時間稼ぎはできる、チャンスはある、戦いは始まったばかりだ・・・。」と言い残し、エンディングを迎えています。

 

まだまだ今後のジェリーの動きに注目が集まりますが、ジェリーも戦う意思を決めていることは間違いないでしょう。

しかし、ジェリーは元国連調査官で伝染病の調査経験もありましたよね?!

 

なので、今後はゾンビから時間を稼ぎながら最初の感染源を見つけ、ゾンビを元の人間に戻すワクチンを続編では見つけ出す可能性もありえます。

韓国の米軍基地に一緒に向かい、人類の希望であったウイルス学者のファスバック博士も「原因はウイルス以外に考えられない」と断言していました。

↓ファスバック博士はこちら↓

本当にすべての原因がウイルスだとすれば、ワクチンで治せる可能性が非常に高いと思われますよね。

ジェリーの言う戦うとは、武器を使ってゾンビを壊滅させるのではなく、最初の感染源を見つけて原因を突き止め、ゾンビを元の人間に戻すワクチンを作り出すことなのだと考えられます。

世界規模のゾンビを元の人間の姿に戻す事は出来るのか?!続編の第2弾が非常に楽しみですね。

映画『ワールド・ウォーZ2』の公開日は?!

引用元:https://eiga.com/movie/56999/gallery/9/

映画『ワールド・ウォーZ2』の公開日は、当初の予定だと2017年6月9日でした。

しかし、監督の変更などにより白紙になってしまったのです!

 

ですが、現在は名コンビであるデヴィッド・フィンチャー監督&ブラット・ピットが2018年秋頃から撮影を開始する予定になるとの事が発表されました。

もし、続編の第2弾の撮影が順調に行けば、2019年に公開することが予測されます!

 

日本公開日はまだいつになるか分かりませんが、全米公開と日本公開日の間隔は空いてほしくないですよね?!(笑)

ちなみに、前作の映画『ワールド・ウォーZ』の全米&日本公開日を比較してみると

作品名公開日
映画『World War Z』全米公開日
(2013年6月21日)
映画『ワールド・ウォー Z』日本公開日
(2013年8月10日)
公開日の差約2ヶ月弱

上記の比較表を見てみると、ほんの少し公開日の間隔が空いてしまっています。

日本でもゾンビ映画として非常に人気が高い作品なので、公開日が決まれば、前作を見たファンは嬉しい限りですよね?!

日米同時公開も可能性としてはあるので、公開日が発表され次第、更新していきます!

映画『ワールド・ウォーZ2』の見所は?!

ここからは、続編の映画『ワールド・ウォーZ2』の見所&期待したいポイントを3つに絞ってご紹介していきますね。

見所①:ゾンビの数が増加?!

前作では生き残りが全くいない、ゾンビで崩壊した国もありました。

そのため、前作よりもゾンビの数が増えていることでしょう。

偽装効果になるワクチンを作り出すことが成功したとしても、主人公ジェリーが最後に言っていた通り《時間稼ぎ》に過ぎないので、また続編では新たな問題が発生する可能性も高いと思われます。

見所②:ゾンビが進化?!

前作では、ゾンビに噛まれてから約12秒で人間が狂暴化し、音に反応して、人間を追ってどこまでも走ってきましたよね?!

ですが、そのゾンビも日が経つにつれて、何か変化していく可能性もあります。

感染させる人間がいなくなると、ゾンビは休眠状態になることが前作で分かりました。

 

そのため、感染していない人間を見つけたら、前作以上に飢えて襲ってくる事も考えられますよね?!

また、新たな戦い方も必要になってくることがあれば、さらに盛り上がりをみせ、同時にシリーズとしてまだ続編が制作される可能性も出てきます。

ゾンビの進化によって、さらに今後も注目のシリーズとして目が離せなくなるでしょう。

見所③:世界を救えるか?!

前作では、物凄いスピードで感染が広がり、世界各地でゾンビだらけになってしまいました。

ですが、偽装効果になるワクチンを使って戦う方法も見つけましたが、続編では世界を救う動きをするのでしょうか!?

それとも、偽装ワクチンでゾンビがいなくなるまで倒し続けるのか、ゾンビを人間に戻すワクチンを見つけだすのかによって、今後のストーリー展開が大幅に変わってきますよね!

 

ゾンビ映画にハッピーエンドのイメージはありませんが、前作が気になるエンディングを迎えただけに、ファンは続編の第2弾に相当期待していることでしょう。

今後の正式な情報が待ち遠しいですね。

続いて、続投キャストをご紹介していきます。

続投キャストは?!

ここからは、続投の可能性が高いキャストを予測していきますね。

正式に発表され次第、更新していきます。

ブラッド・ピット/ジェリー役

前作では、主人公ジェリーを演じました。

元国連捜査官で伝染病の調査経験があったことから、ワクチンの情報収集のため世界を飛び回っていましたよね?!

なにより家族を大事にし、家族のためにもワクチンを見つけ出す決意をして、偽装効果のあるワクチンを見つけることに成功します。

しかし、肝心な最初の感染源などはわからないままとなっているので、続編でどういった活躍をするのか見物です。

監督:デヴィッド・フィンチャー

続投ではないが、今作の第2弾から監督を務めることとなったデヴィッド・フィンチャー!

デヴィッド・フィンチャー監督は、ブラット・ピットと過去にコンビを組み、多数の話題作を手がけましたよ。

映画『セブン』、『ファイト・クラブ』、『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』の3作品でブラット・ピットと組み、名コンビとも言われていました。

今作の続編でも、再び注目が集まる名コンビには間違いないでしょう。

復活して欲しいキャストは?!

ここからは、僕が個人的に復活出演してほしいキャストをご紹介していきますね。

ファナ・モコエナ/ティエリー役

引用元:https://renote.jp/articles/8146

国連事務次長でジェリーの元同僚であり、友人でもあります。

ジェリーに協力を依頼し、その間ジェリーの家族を守ろうとしてくれた一人です。

続編でもジェリーとコンビを組んで、解決に導いてほしいものですね。

ダニエラ・ケルテス/セガン役

イスラエル国防軍兵士で、ジェリーの護衛を務めた女性兵士です。

ジェリーを守りながらも、自身が腕をゾンビに噛まれてしまいましたが、直後に切断したため、感染には至らなかった一人ですよ。

片腕を失っても、ジェリーと最後まで戦い抜いたので、今後もジェリーとの活躍を見てみたいですよね。

デビッド・モース/元CIAエージェント役

引用元:https://eiga.com/person/50918/

元CIAエージェントでしたが、銃を密売して最初の感染源と思われていた韓国の米軍基地で収監されていました。

しかし、この男からヒントを得る事ができ、イスラエルに向かうきっかけとなりましたよね。

前作で非常に気になる存在でしたが、まだヒントを隠し持っている可能性も?!

待ちきれない続編シリーズ

【続編①:シャイニング2】
映画『シャイニング2』の記事はこちら

【続編②:ボーダーライン2】
映画『ボーダーライン2』の記事はこちら

【続編③:ジョン・ウィック3】
映画『ジョン・ウィック3』の記事はこちら

僕自身も実際に洋画を見るのに使っていて、初回無料で《洋画をたくさん見たい!》と思っているならばおすすめの動画配信サービスがあります。

ですが、 動画配信サービスはとても種類が多いので、9社を表で比較してみました!

洋画ジャンル別ランキング記事

【ジャンル①:ホラー映画ランキング】
ホラー映画おすすめベスト15!

【ジャンル②:戦争映画ランキング】
戦争映画おすすめベスト15!

【ジャンル③:カップル映画ランキング】
カップルおすすめ映画ベスト15!













関連記事はこちら