映画『ターミネーター』の評価とキャストは?!最強の殺人マシーン登場!

映画のお兄さん
未来からやってきた、殺人マシーンのターミネーターが地球で大暴れします。

1985年に第1弾となる殺人マシーンVS人間を描いた、SF超大作が公開となりました!

その名は、映画『ターミネーター』。

監督は、誰もがご存知のジェームズ・キャメロン!!

主演でサイボーグである殺人マシーンを演じた、アーノルド・シュワルツェネッガー!!

そして、元祖アクション女優でもあり、映画『ターミネータ』をきっかけにジェームズ・キャメロン監督と結婚した、リンダ・ハミルトン。

ここから、人間と殺人機械マシーンの戦いが始まるのです!!

すべては、核戦争を阻止するために…。

この記事では、映画『ターミネーター』の評価や見所などをご紹介していきます。

あと、映画『ターミネーター』全シリーズをまとめた記事も書きましたので、是非合わせてご覧ください↓
映画『ターミネーター』シリーズをまとめた記事はこちら

映画『ターミネーター』のあらすじ

↓予告編はこちら↓

1984年/アメリカ
上映時間:108分
監督:ジェームズ・キャメロン
主演:アーノルド・シュワルツェネッガー

 

1984年のロサンゼルスに、2029年の未来からやってきた殺人機械マシーンが現れる。

殺人マシーンは、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)を抹殺するために、未来からやってきたのだった。

実は、数年後の未来では核戦争が起き、コンピューターが権力を握っていた。

人間はほとんど全滅していたが、ジョン・コナーという一人の男がリーダーとなり、コンピューターや機械に支配されている世界を変えようとしていた。

機械側は殺人マシーンを作って、過去に送り、ジョン・コナーの存在自体を消そうとしていたのだった。

ジョン・コナーは、サラ・コナーの息子のため、サラ・コナーを抹殺すればジョン・コナーは存在しなくなることになる。

そのため、機械側は殺人マシーンを過去に送っていたのだった。

人間側も、サラ・コナーを守るために1人兵士を過去に送り、サラ・コナーを殺人マシーンから全力で守るのであった。

映画『ターミネーター』の評価は?!

・ストーリー:★★★★☆
・キャスト:★★★★★
・ワクワク:★★★☆☆
・映像:★★★☆☆
合計:76/100点

 

1984年に公開された、大ヒットシリーズの第1弾。

殺人マシーン(ターミネーター)が、どこまでもサラ・コナーを追いかけ、抹殺するまで殺人マシーンの任務は終わらない感じがすごく伝わります!!

すべてにおいて、力では勝ち目がない状況ながら、サラ・コナーを必死で守る兵士のカイル・リース(マイケル・ビーン)も本気で男としてカッコイイ(笑)

常に不利でありながら、追いかけてくるターミネーターにどう挑むかも見所になっていて、一つ一つのストーリー展開も飽きずに最後まで見れちゃいますよ!!

映像は、80年代の作品なので古さを感じますが、映画『ターミネーター』シリーズは、映像の進化も楽しめる映画シリーズなので是非、第1弾から見てもらいたい1本ですね。

アーノルド・シュワルツェネッガーの無表情な演技にも注目ですよ(笑)

 

ここからは、映画『ターミネーター』の見所シーンをご紹介していきます。

映画『ターミネーター』の見所シーンを4つご紹介!

見所シーン①:ターミネーターT-800の初登場シーン!!

ターミネーターは、服を着ないまま裸で登場するのが定番です(笑)

アーノルド・シュワルツェネッガーのムキムキボディも健在で、明らかに最強なのが伝わってきますよね?!

初めて、映画『ターミネーター』を見たときは「なぜ裸?!」と疑問を持っていましたが、たくさん見たので慣れてしましました(笑)

見所シーン②:ターミネーターとサラ・コナーの初対面?!

サラ・コナーはまだ自分が命を狙われている身だと分かっていないが、これをきっかけにカイル・リースに守られ、危機を感じることになるのです!!

ターミネーターも見た目は、普通の人間なので区別がつくわけなく、カイルもなかなか動けませんでしたが、銃を持っていることで明確に。

カイル・リース頑張れ!!(笑)

見所シーン③:一体のターミネーターに警察署が崩壊?!

警察に身柄を保護されていたサラとカイルだったが、ターミネーターが警察署に乗り込んできたために、警察署が崩壊!

やっぱり誰も敵うわけないが、果たしてカイルとサラは生き残れるのか?!

見所シーン④:サラ・コナーの「今度こそ最後よ!!!」?!

カイルは傷を負い、サラが逞しい女性に急成長!!

カイルもよくここまでサラを守りきりましたよね?!

最後は、サラ自身でターミネーターに止めを刺すのでした。

サラとカイルの別れは、見ていて切なくなりますよね?!

映画『ターミネーター』のキャストをご紹介!

<アーノルド・シュワルツェネッガー:ターミネーターT-800型 役>

1947年7月30日生まれ、年齢は(70歳)。

映画『ターミネーター』シリーズでは、居なくてはならない存在!!

第1作目の映画『ターミネーター』で、世界中に衝撃を与え、大注目されました!

当時から、だいぶ時間が経ちましたが、今でもバリバリ現役のアクション俳優の一人です!!

<リンダ・ハミルトン:サラ・コナー 役>

1956年9月26日生まれ、年齢は(60歳)。

引用元:http://eiga.com/person/78555/

映画『ターミネーター』シリーズでは、第1作目と第2作目に出演!

とくに注目だったのが、第2作目となる映画『ターミネーター2』のタフなアクションシーン!!

世界中に<リンダ・ハミルトン>の印象を強く残しました!!

1990年代を代表する、アクション女優の一人です。

第6作目となる映画『ターミネーター6』では、どういったタフなアクションを見せてくれるのか注目です。

ちなみに、<ジェームズ・キャメロン>監督とは、映画『ターミネータ2』で出会い、1997年に結婚。

しかし、1999年に離婚を発表。<ジェームズ・キャメロン>監督との離婚後は、関係は良好とのこと。

<マイケル・ビーン:カイル・リース 役>

1956年7月31日生まれ、年齢は(61歳)。

引用元:http://eiga.com/person/68611/gallery/0125281/

第1作目の映画『ターミネータ』で、サラ・コナーを守るためにやってきた、カイル・リー役を演じるマイケル・ビーン。

サイボーグT-800と凄まじい戦いを魅せてくれて、とても印象に残っているマイケル・ビーンです!

1986年に公開した映画『エイリアン2』なでも代表作の一つである。

最後にまとめ

第1弾の映画『ターミネーター』の評価やキャストをご紹介させていただきました!

映画『ターミネーター』シリーズは、SF映画の中でも非常に人気が高いので、今後も注目ですよ!!

ちなみに、第2弾の映画『ターミネーター2』をまとめた記事も書きましたので、是非合わせて見てみてください↓
映画『ターミネーター2』をまとめた記事はこちら










関連記事はこちら