映画『スリー・ビルボード』のあらすじと日本公開日は?キャストと見所をご紹介!

映画のお兄さん
何者かに娘の命を奪われた、母親の決意を描いた作品が、2018年に日本上陸です!!

未解決事件であり、娘の命を奪った犯人をかならず見つけ出すために、大きな看板から周囲が変化していく物語。

その名は、映画『スリー・ビルボード』。(原題は《Three Billboards Outside Ebbing, Missouri》)

第74回ベネチア国際映画祭で脚本賞のほか、トロント国際映画祭で最高賞に値する、観客賞を受賞。

高い評価を得た、映画『スリー・ビルボード』。

未解決事件の講義をするため、広告看板を勝手に使用するが、母親は犯人を見つけ出すことは出来るのか?!

この記事では、映画『スリー・ビルボード』についてご紹介します。

映画『スリー・ビルボード』のあらすじ

↓予告編はこちら↓

2017年/イギリス。
上映時間:116分
監督:マーティン・マクドナー

 

小さい田舎町で、何者かによって娘の命を奪われた母親のミルドレッド。

事件は未解決で、犯人を逮捕できない警察にイライラし、解決しない事件への講義をする。

その抗議とは、町のはずれにある、巨大な看板を設置することだった。

それを知った警察とミルドレッドの間に溝が生まれるが、次第に事態は思わぬ方向へと進むのだった…

映画『スリー・ビルボード』の日本公開日は!?

映画『スリー・ビルボード』の日本公開日が決定しました!!

2018年2月1日です。

映画『スリー・ビルボード』のポスターは、とてもシンプルだが、ストーリーはとても深く、予想もしていなかった大人たちのダークな部分が描かれています。

世界中で評価が高い作品だからこそ、日本公開が待ち遠しいですね!

 

ここから、映画『スリー・ビルボード』の見所をご紹介します。

映画『スリー・ビルボード』の見所は?!

映画『スリー・ビルボード』の1番の見所は、やっぱり娘の命が奪われた未解決事件への怒り。

そして、巨大広告看板を使用して、警察に対し抗議する母親のミルドレッドの姿ではないでしょうか!!

予告編でも、母親のミルドレッドが娘の事件の犯人を見つけ出すためなら、どんな手段でも使う!といった決意が見受けられますよね(笑)

警察や町民を巻き込んで、どういった方向に、ストーリー展開していくのかが注目です!!

映画『スリー・ビルボード』のキャストをご紹介!

<フランシス・マクドーマンド>:ミルドレッド 役

1957年6月23日生まれ、年齢(60歳)。出身はアメリカ/シカゴ

元々は、舞台女優として活躍していました。

1984年にスクリーンデビュー。

1988年公開の映画『ミシシッピー・バーニング』でアカデミー賞に初ノミネートし、一気に注目を浴びる。

さらに、1996年には映画『ファーゴ』でアカデミー主演女優賞を受賞。

舞台の方でも、トニー賞の女優賞を受賞している。

実力派女優の一人として、現在も活躍中。

<ウッディ・ハレルソン>:ウィロビー 役

1961年7月23日生まれ、年齢(56歳)。出身はアメリカ/テキサス州。

元々は、舞台でプロとして活躍していました。

1985年頃からTVシリーズに出演し、1986年に映画『ワイルドキャット』で映画デビューします。

1995年の映画『ナチュラル・ボーン・キラーズ』で主役として出演し、一気に有名になりました。

アカデミー主演男優賞、助演男優賞にもノミネートされたこともあり、今後も期待されているベテラン俳優の一人。

ちなみに、私が<ウッディ・ハレルソン>出演作品で印象に残っている映画は、2013年公開の『グランド・イリュージョン』です。

<サム・ロックウェル>:ディクソン 役

1968年11月5日生まれ、年齢(49歳)。出身はアメリカ/カリフォルニア州。

1990年にスクリーンデビュー。多数のTVシリーズにも出演。

名作の『グリーンマイル』、『チャーリーズ・エンジェル』にも出演。

さらに、2002年公開の<ジョージー・クルーニー>初監督作品となる『コンフェッション』に出演し、ベルリン国際映画祭の最優秀男優賞を獲得。

その後も話題作に出演するなど、幅広く活躍中。

最後にまとめ

映画『スリー・ビルボード』について、ご紹介させていただきました。

実力派勢揃いの役者ばかりで、世界各国から評価が高いからこそ、気になる作品ですよね。

公開が待ち遠しいです。

あと、2018年の話題作をランキング形式でまとめた記事も書きましたので、是非合わせてご覧ください↓

公開予定の映画2018年おすすめランキング!ベスト50をご紹介!(洋画編)

2017.09.17










関連記事はこちら