映画『ネイビーシールズ/ナチスの金塊を奪還せよ!』のあらすじと日本公開日は?キャストと見所をご紹介!

映画のお兄さん
2018年にド派手なネイビーシールズが、スクリーンにやってきますよ~!!

アクション好きにはたまらない、ド派手なアクション・ムービーが日本上陸です!

その名は、映画『ネイビーシールズ/ナチスの金塊を奪還せよ!』。

リュック・ベンソン原案で、製作されたド派手なアクション・アドベンチャー作品です。

ナチスの金塊奪還に挑むストーリーとなっています。

超大胆で予測不能なネイビーシールズの作戦は、果たして上手くいくのか?!

この記事では、映画『ネイビーシールズ/ナチスの金塊を奪還せよ!』について、ご紹介します。

映画『ネイビーシールズ/ナチスの金塊を奪還せよ!』のあらすじ

↓予告編はこちら↓

2017年/フランス・ドイツ合作
上映時間:105分
監督:スティーブン・クォーレ

 

1995年に、紛争末期のサラエボでは大胆な戦略を実行するネイビーシールズがいた。

ある日のこと、湖に重さ27トンで総額3億ドルとなるナチスの金塊が眠っているという情報が入る。

この金塊で戦争に苦しんでいる避難民を救うことが出来る。

そしてネイビーシールズは奪還作戦を実行し、金塊を運び出すミッションが始まるのだった!!

映画『ネイビーシールズ/ナチスの金塊を奪還せよ!』の日本公開日は?!

映画『ネイビーシールズ/ナチスの金塊を奪還せよ!』の日本公開日が決定しました!!

2018年1月12日から全国ロードショー。

果たして金塊を奪還し、避難民を救うことが出来るのか?!

ド派手なアクション映画好きは是非、映画館で!!

 

ここからは、映画『ネイビーシールズ/ナチスの金塊を奪還せよ!』の見所をご紹介します。

映画『ネイビーシールズ/ナチスの金塊を奪還せよ!』の見所は?!

映画『ネイビーシールズ/ナチスの金塊を奪還せよ!』の1番の見所は、わずか8時間というタイムリミットがある中、水深45メートルに眠る、3億ドルの金塊をスピーディーに奪い取る作戦で、《陸》、《海》、《空》で大暴れするド派手なアクションではないでしょうか!!

こんなド派手なネイビーシールズ作品は、誰も観たことないことでしょう。

少しコメディ要素も含まれた映画なので、誰もが気楽に楽しめる作品です。

果たして、こんな大胆な計画が上手くいくのでしょうか?!(笑)

映画『ネイビーシールズ/ナチスの金塊を奪還せよ!』のキャストは?!

<サリバン・ステイプルトン>

1977年6月14日生まれ、年齢(40歳)。出身はオーストラリア/メルボルン。

1990年代から俳優としてスタートし、地道に活動してきました。

2010年の映画『アニマル・キングダム』で注目を集めます。

そして、2013年には映画『L.A. ギャング ストーリー』の話題作に出演し、2014年には映画『300 スリーハンドレッド/帝国の進撃』で主人公を演じました。

<チャーリー・ビューリー>

1981年1月25日生まれ、年齢(36歳)。出身はイギリス/ロンドン。

日本では、まだまだ知名度は低いものの、話題作にも出演している俳優。

話題作の映画『トワイライト・サーガ』シリーズにも出演しています。

2018年公開の映画『ネイビーシールズ/ナチスの金塊を奪還せよ!』の演技にも目が離せません!

<シルビア・フークス>

1983年6月1日生まれ、年齢(34歳)。出身はオランダ。

元々は、モデルとして活躍しており、2007年にスクリーン・デビューを果たします。

TVドラマ、舞台、映画など幅広く活躍して、2017年には待望の続編の映画『ブレードランナー 2049』に出演。

今後の活躍に期待されている、女優の一人でもあります。

<J・K・シモンズ>

1955年1月9日生まれ、年齢(62歳)。出身はアメリカ。

TVドラマに出演し、活躍していましたが、映画『スパイダーマン』の3部作に出演するなど、話題作にも出演しています。

とくに一番印象に残る作品は、2014年公開の映画『セッション』でスパルタコーチを演じました。

この演技が評価高く、アカデミー助演男優賞を受賞。

今後も目が離せない、大ベテラン俳優です。

最後にまとめ

映画『ネイビーシールズ/ナチスの金塊を奪還せよ!』について、ご紹介させていただきました。

主演<サリバン・ステイプルトン>のド派手な奪還作戦に目が離せませんね!!

アクション好きには、公開が待ち遠しいことでしょう。

あと、2018年の話題作をランキング形式でまとめた記事も書きましたので、是非合わせてご覧ください↓

公開予定の映画2018年おすすめランキング!ベスト50をご紹介!(洋画編)

2017.09.17










関連記事はこちら