映画『ジグソウ・ソウレガシー』を実際に観たネタバレ!評価と感想は?!

映画のお兄さん
映画『ジグソウ・ソウレガシー』を、初日に観に行ってきましたよ~!

映画『ソウ』シリーズで、久々の衝撃でした!!

映画『ジグソウ・ソウレガシー』が待望の日本公開しました!!

全米では、初登場で第1位に輝いた作品。

映画『ソウ』シリーズは、まだまだ終わることはないでしょう。

映画『ジグソウ・ソウレガシー』を実際に観たネタバレ!評価と感想をご紹介します。

あと、映画『ジグソウ/ソウレガシー』のジグソウの正体と目的!名言をご紹介した記事も書きましたので、是非合わせてご覧ください↓

映画『ジグソウ/ソウレガシー』のジグソウの正体と目的は?!名言をご紹介!

2017.11.08

映画『ジグソウ・ソウレガシー』の評価は?!

ストーリー:★★★★☆
ホラー:★★★★☆
衝撃:★★★★☆
続編の期待:★★★★☆
合計:78/100点

 

最新作の映画『ジグソウ・ソウレガシー』も残酷な命の落とし方のシーンはもちろん、映画『ソウ』シリーズらしい衝撃も含まれています!!

作品を観た、全員が騙される感じは相変わらずで、私は久々衝撃を受けて、続編へ期待したい気持ちでいっぱいでした。

映画『ジグソウ・ソウレガシー』での一番印象に残ったトラップは、医療用レーザカッター!!

まさに、最新の殺人マシーンといった感じです。

もう一つは、ジョン・クレイマー<俳優:トビン・ベル>の登場シーンにも興奮しましたよ!!

やっぱり、この男が登場しなければ、死のゲームは始まらないですよね(笑)

映画『ソウ』シリーズらしい、雰囲気(ハラハラ、ドキドキ)も残してあったので、ファンにとっては嬉しかったことでしょう。

あと、映画『ソウ』シリーズはホラー映画ですが、とくにグロいシーンが多く含まれた作品ですので、グロいのが苦手な方は無理して観るのは、やめておきましょう。

正直、途中退室する人もいたので…(笑)

 

ここからは、映画『ジグソウ・ソウレガシー』の感想をご紹介します。

映画『ジグソウ・ソウレガシー』の感想は?!

第8作目となる、映画『ジグソウ・ソウレガシー』ですが、最初のストーリーの入り方も違和感なく、ジグソウの思想なども上手に混ざり合って、良かった!!

私が、映画『ソウ』シリーズが好きな理由は、《人間が生きるという事》、《人間とはどうあるべきか?》、《自分の利益だけを考えるな》的なことを教えてくれる作品。

第8作目の映画『ジグソウ・ソウレガシー』も、ただのホラー映画ではなく、哲学映画として観ると、さらに楽しめますよ(笑)

あと、いつも驚かされるのは、死のゲームのトラップ(罠)!!

映画『ジグソウ・ソウレガシー』も1人ずつ命を落とすトラップ(罠)にも注目しつつ、ジョン・クレイマー<俳優:トビン・ベル>の登場シーンを観てしまえば、もうそれだけで満足いく作品でした(笑)

映画『ジグソウ・ソウレガシー』が話題になった理由の一つとしては、ジョン・クレイマー<俳優:トビン・ベル>が復活したことが大きいでしょうね。

映画『ジグソウ・ソウレガシー』のネタバレをご紹介!

見知らぬ部屋に、見知らぬ5人!

※ネタバレです。

犯罪者である(エドガー)は、警察に追われ、最後は撃たれ、重症を負った。

そして、他の場所で、5人が部屋に閉じ込めれていて、その5人の首にはチェーンが巻かれている。

チェーンの先には、丸鋸へとつながっていて、(ジョン・クレイマー)の声がテープで流れる。

『脱出するには、自分らの罪を告白しろ』と告げられるのであった。

5人中4人が罪を告白したのだが、1人は気を失ったまま、告白出来ずに命を落とすことになる。

残り4人…。

残り4人のうちの1人である(カーリー)は、喘息患者から財布を盗んで、呼吸困難の時に使用する吸入器を奪ったのだった。

そして、死に至らしめたことが明らかに。

(カーリー)は、残りの他の3人が首吊りで死ぬのを防ぐために、ある3つの注射器を打つよう指示される。

3つの注射器には、《解毒剤》、《生理食塩水》、《強酸》が入っており、ある1人(ライアン)が3本すべての注射器を(カーリー)に注射して、死に追い込んだ。

残り3人…。(ここまでは、ストーリー展開が早く、あっという間に残り3人になる。)

次々に命を落とす、選ばれた者たち!

一方で(ハロラン刑事)は、気を失ったまま死んだと思われる最初の犠牲者の死体と、(カーリー)の死体を調べて、調査をしていた。

あと、犯罪で重傷を負った(エドガー)は、病院から姿を消していた。後に、(エドガー)は何年も前に死んだ(ジョン・クレイマー)の墓から発見されることになる。

場面は、死のゲームに戻る。

 

部屋に閉じ込められた残り3人…。

(ライアン)はある部屋から脱出を試みるが、鋭いワイヤーに脚を捕らえられることになる。

残りの2人(アナ)、(ミッチ)は、別室で閉じ込められてしまっていた。

(アナ)、(ミッチ)が穀物に埋もれ死にたくなければ、2人を開放するレバーを引けと指示される(ライアン)。

(ライアン)は恐がって、レバーを引けずにいた。

なんとか、レバーを引くことを決意したが、一瞬にして(ライアン)の脚は切断…。

ちなみに(ミッチ)は、(ジョン・クレイマー)の甥に、ブレーキが壊れたバイクを売っていた過去が明らかに。

そして(ミッチ)に『ブレーキレバーに届かなければ、死ぬ』ということになり、ブレーキレバーを引けずに、命を落とすことに…。

残り2人…(アナ)、(ライアン)。

新展開?!

解剖を担当する医者の(ローガン)、(エレノア)は、(ハロラン刑事)を疑い、(ハロラン刑事)は(ローガン)、(エレノア)を疑っていた。

実は、(エレノア)は《ジグソウ》の隠れファンであり、トラップ(罠)のレプリカなどを作っていたのだった。

(エレノア)は、トラップ(罠)のレプリカなどが置かれた部屋に(ローガン)を連れていく。

しかし、この行動を他の刑事が尾行し、写真を撮っていた。

この写真は(ハロラン刑事)の元へいき、(ハロラン刑事)は二人を逮捕しようとする。

(ローガン)、(エレノア)は、事件現場を特定し、その場所へと向かう。

その二人を追跡していた(ハロラン刑事)。

また場面は、死のゲームに戻る。

 

脱出しようとしていたが、捕らえられてしまっている(アナ)。

(アナ)は気絶をしていたが、目を覚ます。

周りを見渡すと、ワイヤーで重傷を負いながらも無事に生きていた(ライアン)が居た。

さらに、目の前にはフード被っている(ジョン・クレイマー)が立っていた。

なんと、この死のゲームは10年前に行われていたもの。(10年前と現在を行き来する、ストーリー展開だった。)

(アナ)は、(ジョン・クレイマー)の隣人だったことも発覚。

(アナ)は幼い我が子を、窒息死させていたことが明らかに。

夫が寝ている隙に起きた出来事で、それが原因で夫は自殺。

(ジョン・クレイマー)は、(アナ)と(ライアン)の間に銃を置き、「生きるための鍵である」と言う。

(アナ)は(ライアン)を殺害しようとするが、銃は暴発し、(アナ)は死亡。

しかも、銃の中に脚がつながっているチェーンの鍵が入っていたのに、(アナ)が銃を使用したことにより、鍵は破壊されてしまった。

(ライアン)は、脱出することは不可能と悟り、泣き始めた…。

ラストの結末は?!

(ローガン)、(エレノア)は現場の調査を始めていたのだった。

2人を尾行していた(ハロラン刑事)が突如、(ローガン)、(エレノア)の前に現れ、(ハロラン刑事)と(ローガン)が掴み合いになる。

(エレノア)は、その隙に現場から逃走。[(エレノア)の登場はここまで。]

そして、掴みあっていた(ローガン)と、尾行していた(ハロラン刑事)が突如気絶させられることになる。

2人が目を覚ますと、首輪をされていて「罪を告白しろ」と告げられる。

(ローガン)は告白する。

実は(ローガン)は、誤診によって病気であった(ジョン・クレイマー)を手遅れにしてしまっていたのだった。

(ローガン)は、告白したものの、命を落とすことに。

そして、(ハロラン刑事)も告白する。

(ハロラン刑事)は、何度も自分の都合で、犯罪を見逃したことを告白。

その時、突如(ローガン)が立ち上がったのだ。

(ローガン)は(ハロラン刑事)に告白させるために、捕まっているフリと死んだフリをしていた。

(ジョン・クレイマー)は、(ローガン)を弟子に迎え、訓練させていたのだった。[実は、死のゲームで気絶してそのまま死んだ1人目は(ローガン)で、(ジョン・クレイマー)によって生かされ、弟子入りしていた。]

(ローガン)は、(ハロラン刑事)が見逃した犯罪者によって、妻が殺害されたことを明かすのだった…。

しかし、(ハロラン刑事)は全ての罪を告白しなかった。そのため(ハロラン刑事)は死亡。

(ローガン)は最後に「私は、死者の代弁者だ!」と言い残し、部屋から出て行き、ドアを閉めて終わる…。

最後にまとめ

最新作の映画『ジグソウ・ソウレガシー』を実際に観たネタバレ!評価と感想をご紹介させていただきました。

間違いなく、まだまだ続編が期待される映画『ジグソウ・ソウレガシー』。

《ジグソウ》である(ジョン・クレイマー)の続投を、ファンは望むことでしょう!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

あと、映画『ジグソウ・ソウレガシー』の見所などをまとめた記事もありますので、是非ご覧ください↓

映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』のあらすじと日本公開日は?最新予告編をご紹介!

2017.08.26










関連記事はこちら