映画『ぼくの名前はズッキーニ』のあらすじと日本公開日は?!原作小説と見所をご紹介!

映画のお兄さん
世界中が大絶賛のアニメ映画が、日本で公開が決まりました~!

世界が認めた長編アナログ人形のアニメが日本上陸です!!

第89回アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネートされる他、数々の賞も受賞し、世界が認めたアニメ!

その名は、映画『ぼくの名前はズッキーニ』。

現在主流のデジタル、3Dなどには頼らず、アナログ人形のストップモーションアニメとなっております。

実写などでは表現できない、リアリティがあり、誰もが楽しめる長編アニメ作品です!

この記事では、アニメ映画『ぼくの名前はズッキーニ』についてご紹介していきます。

アニメ映画『ぼくの名前はズッキーニ』のあらすじ

↓予告編はこちら↓

2016年/スイス・フランス合作
上映時間:66分
監督:クロード・バラ

 

事故で母親を亡くしてしまった、9歳の少年(イカール)。

母親がつけてくれた《ズッキーニ》というニックネームを大切にしている。

同じ年頃の子供が集まる孤児院に連れて行かれ、最初は馴染めないでいた。

しかし、周りの子供達も複雑な事情を抱えた仲間達と知り、一緒に過ごし、次第に心を開いていくのだった。

子供達の子供らしく生きる姿、それに寄り添う大人たちの何気ない毎日。

子供達にとって、本当の大切なものが何なのか、観た者全員の心に訴えるストーリー。

 

ここからは、アニメ映画『ぼくの名前はズッキーニ』の公開日をご紹介します。

アニメ映画『ぼくの名前はズッキーニ』の日本公開日は?!

アニメ映画『ぼくの名前はズッキーニ』の日本公開日が決定しました!!

2018年2月10日、全国ロードショーです!!

SNS上で、日本公開を望む声が駆け巡り、やっと日本公開が決定した作品!!

この機会を見逃さず、是非映画館で(笑)

アニメ映画『ぼくの名前はズッキーニ』の見所は?!

アニメ映画『ぼくの名前はズッキーニ』の一番の見所は、9歳の少年《ズッキーニ》が周りの人たちと関わりを持つことによって、《ズッキーニ》が成長し、たくましく生きていく姿に注目です!!

最初は、よくわからないまま孤児院に連れてこられた《ズッキーニ》。

しかし、最後には《ズッキーニ》自身が、本当に大切な何かを見つることでしょう!

アニメ映画『ぼくの名前はズッキーニ』を観た者全員が、共感し、笑いと感動に包まれる作品。

大人から子どもまで、目が離せない映画ですよ!!

アニメ映画『ぼくの名前はズッキーニ』の原作小説が発売?!

アニメ映画『ぼくの名前はズッキーニ』の原作小説が、2018年1月12日に発売されることに決定しました!!!

フランスで大ベストセラーを記録し、世界数カ国で翻訳された小説です。

内容は、母を失った少年が孤独と悲しみを乗り越え、仲間達と共に成長しながら生きる物語となっています。

映画公開が待ちきれないあなたに、是非おすすめしたい小説!!

最後にまとめ

アニメ映画『ぼくの名前はズッキーニ』をご紹介させていただきました。

アナログ映像でも、それぞれの感情表現がしっかりされ、アニメのレベルの高さを感じることでしょう!!

2018年を代表する、長編アニメ映画をお見逃しなく!!!

あと、2018年の話題作をランキング形式で書いた記事がありますので、是非合わせてご覧ください↓

公開予定の映画2018年おすすめランキング!ベスト50をご紹介!(洋画編)

2017.09.17










関連記事はこちら